明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年7月22日

女信長

お奨め“しない?”書籍(2)

| コメント (0) | トラックバック (0)|


女信長佐藤賢一


信長が女だったと仮定した場合のIF小説のようなものですねぇ。

とりあえず、南蛮かぶれの光秀さまがウザ可愛いです♪後半になるにつれ、光秀様の出番が増えていき、しまいには主役の女信長を差し置いて主役級の扱い?そして、本能寺のくだりは、かっこいいなぁ!!

以降の内容はネタバレを含みます。



















この本、慣れるまで読みにくかった…。内容もさることながら、文体が…。なんというかこう、主語はどこ?!みたいな状態に悩まされること多々。テンポに慣れるまでに少々時間がかかりました。
っていうか、信長を女にしちゃったか…。そーですか、そーですか。
信長は女であることを隠しつつ織田家棟梁として頑張っているという設定。

一応、元を正せば“信長ファン”だった者として、冒頭の蝮殿との会見のシーンからすでに本を投げ捨てたい衝動にかられたワケなんですが…(T_T)。はっ。いかん、いかん、本を粗末に扱ってはダメだ。(*^_^*)
一応、光秀様が出てくるところまでは読まねば…と思い、読み薦めて行くと、コレがなんとも面白くなってきた。
信長と濃姫の女の友情で結ばれた親友同志の会話とか可愛いのなんのって。

まぁ、いろいろあって、光秀様登場ですよ。
光秀様は浪人中に“南蛮流”を勉強していた設定になっていて、すでに“南蛮流”に興味を持っていた女信長と妙に気が合っちゃったわけです。でも、待って、光秀様!そんなに信長に変な“南蛮流”知識を吹き込まないで!(笑)信長様が変な方向にいっちゃうよ!!

そいでもって、本能寺ですが…。

まず、信長が女であることに気づいた秀吉が毛利と結託して信長にゆすりをかけます。それに怒った信長が光秀に“秀吉が「信長が女である」ということをバラしたら天下が危うくなる”から先行して天皇に譲位を迫るため京に出陣せよ、という命令を下す…みたいな流れです。

この辺のくだりは複雑なので、実際読んでもらったほうがいいと思いますが、ここの分部の光秀様、めちゃくちゃカッコいいです!!めちゃくちゃ男らしいです!!惚れました!!(←ほめすぎです)

で、まぁ、最後はやっぱり天海ですよ。


信長が女だったという設定は抜きにして、本能寺の真相としてこの流れはありかもしれない。
秀吉が毛利と結託(謀叛の計画)
 ↓
それに気づいた信長が急遽方針変更。さっさと天下を掌握するために朝廷排除
 ↓
光秀に出陣命令(表向きは謀叛をしようとしている秀吉をやっつけるために中国へ、その実、京に攻めて来いと命令)
 ↓
朝廷をないがしろにするなんてゆるせん!by光秀
 ↓
「敵は本能寺にあり」みたいな。

個人的に納得できない分部もある小説ですが、とにかく光秀様がかっこよければいいんです。それだけで私的には価値があるんです。で、総合的に…面白い小説でした!

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年7月22日

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス

お奨め“しない?”書籍(2)

| コメント (0) | トラックバック (0)|


信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス


とにかく一度読んで騙されてみて!
ただし、何が起きても、いかなることも広い心で許せる余裕のある方限定で(笑)

以降の内容はネタバレを含みます。


















…ある読書好きの友人から、「とにかく、読んで騙されてみろ」と言って奨められた本です。普通人に本を薦める時って「騙されたと思って読んでみろ」って言うんじゃないのかな〜?と思いながら読んで、すぐに友人の意図がつかめました。なるほど、騙される、これは。いろんな意味で。

神話とかでよく出てくるような話だよね。まぁ…。
もう信長様になっちゃってるし。
今川義元とか武田信玄とか、呪い殺しちゃって(?)るんですよ。
浅井朝倉のしゃれこうべのエピソードは“サロメ”になぞらえちゃってたりとか。
もう、やりたい放題ですね。
なんか、この手の話は、なにも信長でやんなくてもいいのになぁ…と思った。
どうせなら上杉謙信で…。
って謙信も呪殺(?)されてるし〜。なんつーか、上杉謙信とは神(要するに第六天魔王か?)VS毘沙門天の戦い(SFチック)になってたぞ…。


で、光秀様はどうなっているかというと…出番としてはあんまりないんですが(信長目線の時以外は秀吉目線で描かれている場合が多いので。というよりそもそもメインは戦国時代ではない。)そりゃーまぁ重要な役ですよ。なにしろ桶狭間の時にすでに信長様と関係を…!!

…そ、そ、そ、それはさておき、秀吉です。
半分女の信長に心底惚れちゃったわけですが、信長はまったく相手にしてくれません。だからもう、光秀にやきもち焼いちゃってもう、大変です。なんとか信長に気に入られたくて一生懸命がんばる秀吉けなげで可愛くて。
なんつーか、新しい秀吉像を見た気がする。

この小説のおかげで心底秀吉が好きになった!(こんな小説で…)


でもって、本能寺ですけど…。

本能寺の首謀者は信長って事になってます。
ええ、そうです。光秀様は信長様の命令で本能寺を攻めたのです。

要するに、これって、あれ? 心中?!

あ、いやいやいや。ちがう、ちがう(^_^;)要は聖書の言うところの“ユダ”役を光秀に命じたわけです。
本能寺での茶会なんてまさしく最後の晩餐ですよ。
あぁ、そっか、信長“神様”だったもんね!

でもって、信長様は『天下は秀吉にやる』と言ってのけちゃっているわけで、そりゃー光秀も山崎で負けないとね。愛しい(? )信長の命令だもの、ユダ役だもの。でもって、光秀様は死ななきゃならないんですもの、信長様のために!

なんというかもう、本当に…やりたい放題だよ!(^_^;)。

いろんな宗教の話も混じっててややこしいっていうのが一番の難点ですかね?
キライじゃないよ。私は。
むしろ、この秀吉は今まで読んだどの小説の秀吉より一番好き。
もう中国大返しなんて必死ですよ!愛する信長の仇打ちなんだからがんばっちゃうでしょう、そりゃ。

私はどうも『信長ファン』だった頃に“秀吉は信長の敵討ちをしてくれたいい人”という認識が定着してしまっているようで、『本能寺秀吉主犯説』にはあまんりなじめない。だからこそこういう秀吉が好きなのかもしれない。

とにかく一度読んで騙されてみて!

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

 

StartRun