明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年10月19日

明智光秀の基礎知識【本能寺の変】

【研究】(4)-【研究】(3)

| コメント (13) | トラックバック (0)|


 西暦1582年6月21日(天正10年6月2日)日本史上最大(?)の謎。明智光秀がなぜ謀叛に至ったかその理由について様々な議論がなされているが、決定的な証拠が出てこないのでタイムマシンが実用化されるまで結論はでないと思われる。
…が、みんな議論ばっかりしてないで素直に明智光秀の天下人への野心ってことでいいんじゃないの?と、個人的には思う。だめ?(^_^;)

≪諸説いろいろ≫

【野心説】
 時はまさに信長の天下一歩手前。ここまでくれば信長を倒せばそのまま天下が手に入るという状況にあった。そんな時に信長の一番近くにいた光秀。
家臣団の中における地位的にも地理的にも、たまたま「もしかして今ってオレしかいない?」
のんびり寺なんぞでろくな警備もつけずに茶会開いちゃって浮かれちゃってる油断しすぎの信長をみて「それなら自分が…」なんて思っちゃったりすることもあるかもね?

これはまさにライフカードのオダギリジョー状態。(笑)

手勢1万3000で丹波亀山城を出陣、途中京へ続く途上の桂川近辺にて千利休か里村紹巴か、近衛前久かはたまた吉田兼和あたりと遭遇。
出されたカードは3枚

『忠誠』 『謀叛』 『隠居』

「どうすんの?どうすんの、オレ?」
さて、どうする?

 このように(?!)野心があったとしても計画的とはいえない犯行であることが想像できる。なんというか光秀には天下統一後のビジョンがない気がするんですよね。年齢的にも当時の平均年齢から考えるともう引退していい年齢だし。

【怨恨説】
 最も戯作・講談の類で多く用いられる説で非常に疑わしい。
信長に打擲(ちょうちゃく)されたから?
 →今流行のパワハラ(パワーハラスメント)ってやつですか?
酒が飲めないから?
 →飲めないのはお前の方だろう>信長
濃姫に懸想してたから?
 →昼メロかよ?!
嫁さんに手をだされたから?
 →昼メロかよ?!パート2
人質に出した母(義母らしいが)の恨み?
 →人情に訴えてみたのね?
 まぁ実際のところどうなのかは分かりませんが、どれもいまいち。仮に全部複合だったとしても「弑し奉る」理由としてはしっくりこない気がする。というより、その程度で怒りに任せて暴挙に出る小物っぽい人物であって欲しくないという願望か…。仮にも家臣の身分とはいえ一国一城の主となった男のすることではない気が。あぁ、でも殿中でござるの大名みたいな例もあるな。うむ、実際のところは良く分からない!

【保身説】
 当時の織田家には“リストラの嵐”が吹き荒れていた。長年織田家の重臣として仕えてきた佐久間信盛が高野山に追放。さらりには同じく古参の重臣林秀貞まで追放。これらは恐らく信長の天下統一後を見据えた信長政権の体制作りの一環であっただろうと思われる。
 しかし家臣団からしてみれば信長は独裁的であったし、たいした理由もなく(?)リストラ対象とされて追放される重臣たちを見て『明日はわが身』とドキドキしていたに違いない。当時光秀はかなりの好評価を受けていたものの実は丹波平定に思ったよりてこずったりしていた。この辺で焦りがなかったとはいえないと思う。
 さらに、本能寺の変直前に光秀の領地丹波を召し上げまだ敵の領地だった出雲国・石見国に鞍替え。…実質領地なくなっちゃったんですけど?ここで光秀様が超ポジティブシンキングの持ち主だったら「敵から奪ったら好きなだけもらえるんだ♪やったー♪」とか思ったかもしれないですが、リストラの嵐の中そんなこと思えるわけないって。
 ただ、佐久間信盛のリストラ事件の裏に明智光秀の讒言あり、なんて説(『寛政重修諸家譜』とかね)もあるので謎は深まるばかりである。(^_^;)

【心中説】
 あえて“心中”なんて言葉を使いましたが「暴走する信長様をお諌めしなくては」という忠誠心が発端。光秀ほどの軍略家(←光秀が優秀だったかどうかの判定も良く考えると実は難しいところがあるのですが…)が本能寺の変後処理のなんともマヌケな不手際っぷり。これでは「思い余ってつい突発的に」感が否めない。そうすると心中って表現もありかな?って。信長を弑した後、どうしていいか分からなくなった光秀。だってそれまですべては信長の命令もしくは信長の天下のために行動していたので行動原理であった信長の存在がなくなれば虚無感に襲われるのも不思議はない。どうしようか悩んでいる間に秀吉が中国から『信長様の仇!』って迫ってくるし。「謀反人」のレッテルを貼られたらそのまま「謀反人」として重荷を背負って破滅へ向かいそうだ。

【朝廷黒幕説】
 あらかじめ光秀が朝廷と共謀して信長を排除したという説。信長の暴政に危機感を感じた朝廷が現状打開のために白羽の矢を立てたのが光秀。親朝廷派であり、織田家臣団のなかでは一番扱いやすいと思われたか。
 個人的には朝廷からの提案というよりは、光秀が勝手に暴走したんじゃないか?と推察。「信長をこのまま放っておいたら天皇を廃しかねない!」とか言い出して朝廷を説得“確約”を強引に取得。ところが事後日和見の朝廷に翻弄される光秀。「あぁこんなはずじゃなかったのに…」っていう感じ。

【バテレン黒幕説】
 「天下統一後は海外進出じゃ!」と信長が思っていたかどうかは定かではないですが、それを心配した宣教師たちが先手を打ったという一説。信長の首級を見つけられなかったのは思った以上に本能寺炎上が激しかったから。寺がそんなに燃えるかい!って所を考えると(一説では前日雨だったとか。そうでなくても時期は梅雨だしそれほど乾燥はしてなかったんじゃないのか?ってとこで)本能寺に爆薬仕掛けてあったんじゃないの?っていう過激な説。

【濃姫黒幕説】
 八切止夫氏の提唱する説。『濃姫が鬼嫁だったなら』これはありだ(笑)。八切小説を読んでいるとあらゆることにつじつまがあっている気がしてきてならないから不思議だ。戦国時代における女性の役割ってものがあまりはっきりしないので余計にありそうな気がするのね。

【秀吉黒幕説】
 秀吉の中国大返しがあまりに見事すぎて前もって光秀謀叛の情報を持っていたんじゃないかという説。
 諸説ある本能寺の変に光秀以外の黒幕がいた説の中で最近よく取り上げられる説。推理小説でも“一番得をする奴が犯人だ”とかよく言われるしね。(^_^;)

【家康黒幕説】
 家康の神君伊賀越えがあまりに見事すぎて前もって光秀謀叛の情報を持っていたんじゃないとという説。
 家康には信長を恨むべき理由もある。無茶な命令ばっかりされるし。
 なんらかの情報を掴んでいた可能性はあるが、やっぱり秀吉黒幕説よりぜんぜん弱い。

【斉藤利三謀叛説】
 これまた八切止夫説のひとつ。
 最近八切説を知った私としては現在これが一番面白いと思っている。果たして斉藤利三は本当に光秀の一配下武将だったのか?というところが問題。もしも信長直参の将だったとしたら?この説についてはもう少し自分で納得してから改めてまとめたいなぁと思っている。

 
 

コメントする(13)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年6月15日

“八切止夫”的「明智光秀」像の実態(若干誤解釈あり)

新説?明智光秀の実態(3)-新説?明智光秀の実態(26)

| コメント (0) | トラックバック (0)|


八切止夫氏の“明智光秀”書籍を読み漁った結果、わかったことがある。
それは、明智光秀書籍を読むだけでは駄目だ、ということだ(^_^;)
関係者全員の分の書物読まないと八切止夫の真意は読み取れないっす。

というわけで、関係者の書籍に手を出すことにしました。

真説・信長十二人衆信長殺しは、秀吉か徳川家康は二人だった



あれ?重要参考人斎藤利三の話はどれを読むとわかるんだろう…春日の局系の本だろうか…。まぁ、それはまた今度にしましょう。

それはいいとして、今までのところで、私が読み取った“八切止夫”的「明智光秀」像の実態をここにまとめようと思います。
(かなり私の誤解釈がありそうなので、“八切止夫”的「明智光秀」像つみれ風味と言った方がよさそう。


●マザコン/小見の方大好き♪

●シスコン/濃姫(なんと、異父妹という設定!)大好き♪

●濃姫と破局して失意のうちに結婚した嫁の名は「しら」

●マザコンぶりが行き過ぎ、小見の方が亡くなったときに「ママがいない国にいてもしょうがないモン!」と嫁と一緒に美濃を出奔!(天文20年4月)追い出されたわけでも城が落ちたわけでもなく自らニートの道を選択

●何とか朝倉家に仕官、職を見つけるもののうだつのあがらない毎日

●将軍足利義昭への会見料を嫁のへそくりと髪の毛でまかなう

●将軍義昭と細川藤考の策のせいで朝倉家にいづらくなる(この二人が「光秀が織田信長(の嫁濃姫)の血縁者だから織田家との仲を取り持ってくれるかもしれない!」と朝倉家から追い出そうとたくらんだ)

●四面楚歌になったところで嫁が機転を利かせて織田家の濃姫のところへ相談に行く

●嫁によばれて美濃に行ってみたら濃姫のはからいで突然お金持ちになっていた!(出資者は濃姫)

●斎藤利三は家来じゃない(与力。立場的に細川藤孝と同じような感じの信長直参)

●本能寺の変の犯人は明智光秀じゃない。信長に対して殺意を抱いたことも無い

●本能寺の“犯人(?)”は複数。(この辺がちょっと私の解釈も怪しい)

●光秀自身は本能寺後オロオロしていただけ


すごすぎるぜ、八切止夫…。
ステキすぎるぜ、この明智光秀…。

なんというか、典型的巻き込まれ型人生。

自ら選択したのは「ママ」がいなくなって出奔したところだけかい?!

そんな光秀様もス・テ・キ♪(ぉぃぉぃ…)

八切止夫の文章が読みにくい原因がわかりました。
途中まで「あくまで小説」として物語を脚色して書いているのに、途中で熱くなりすぎてレポート調になり、事実(と八切止夫が認識している)内容を書き出しちゃったりするので、前半分部と矛盾したことを後半で言っていたりするんですよね…。
面白いから良いけど!(笑)

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年6月13日

五十五年の夢(みつひで君三日天下の終焉)

明智光秀様お遊び(6)-明智光秀様お遊び(3)-明智光秀様お遊び(8)

| コメント (4) | トラックバック (0)|


いろいろあったみつひで君ですが、天王山を羽柴軍オフ会会場として押さえられてしまい、山崎の合戦で敗れてしまいました。

あぁ、ここで潰える『五十五年の夢』・・・

明智光秀公の辞世については、ももまる氏のブログ『信長と光秀』:光秀辞世にて詳しくかいてありますので、ここでは省略しますが(…というより、私にまじめな解説はムリでございます。期待しないで下さい。)

この『五十五年の夢』というフレーズ、かの有名な『明智軍記』に記されているものです。
『明智軍記』といえば、江戸時代の明智光秀ファンが書いた(注:たぶん。私の勝手な想像)明智光秀ファンによる明智光秀ファンのためのバイブル(笑)
なにしろ、光秀様が本能寺の時に55歳だったという根拠がこのファンのためのバイブルに記された辞世の句から逆算したらしいというなかなか興味深い設定(*^_^*)

うむ、これは、以前 阿坂しゅん様とコメントやり取りで決定(!?)したとおり、『光秀、実は若かった』って小説を八切止夫ばりの熱い文章で書き上げなくては!
そして、若かったことにしちゃおう!
え?根拠?そんなものは無いっ!


【緊急特報!続・みつひで君予告】

この後、天王山で惨敗したみつひで君は、ふたたびニート生活をしつつ、てんかい君として再び歴史の表舞台に登場するために暗躍します(笑)
もしかすると来月あたり方広寺の鐘の文面にいちゃもんをつけることになると思います(by早乙女貢「明智光秀」より。作中では天海が家康に「この文章だめじゃん、これを口実に豊臣家やっつけちゃえば?」と進言した。※注;こんな文章ではない(~_~)念のため。)

…本当にやる気…か?(笑)

 
 

コメントする(4)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

 

StartRun