明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2007年4月 9日

最近の明智ファンぶり

光秀様関係で気になること(6)

| コメント (5) | トラックバック (0)|


うわ、またまたご無沙汰しております、つみれです!!
不在中もコメントありがとうございました。
これからご返信しますので、あとで見てくださいませ。遅くなってスミマセン。

今度こそなんとか時間が出来てきましたが、それでもまだ先月の忙しさを引きずっていたらり(^_^;)

4月1日もエイプリルフールネタを考えていたんですが、すっかりすぎてしまいました。
これは、エイプリルフールネタは来年に持ち越しです。
来年こそは頑張りますね!!

最近のつみれの明智ファンぶり

【無双OROCHI】
時間がなくてあまりやっていないのですが、それでも光秀様の4武器は取得済みです。
とりあえず、諸葛亮と石田三成と明智光秀だけが異常に強い状態になっています。
・・・私の三国無双の持ちキャラ司馬懿はどこにいるんでしょうか?(^_^;)まだ使えるようになってないんですが…。「ふはははははは」ってやりたいんですけど。
無双OROCHIの感想は…これ、面白いです!なんか超強いですよ光秀様。無敵なんじゃないかと思うんですが。なんと言っても必殺技が…。無双ゲージを消費せずに遠隔攻撃って卑怯じゃないですか?R1ボタンを押すタイミングさえ間違わなければ無傷でOROCHIも倒せます(笑)
三成と諸葛亮の必殺技もかなりすごいですが、無双ゲージ消費するのでそれを考えるとR1ボタン連打だけで勝ててしまう光秀様はすごい。早く司馬懿も使って見たいです。

【明智光秀の旅計画】
油断していると6月がすぐ来てしまうので、計画を練らなくては!!
とりあえず、色々回りたいんですが、どう考えてもスケジュール的に3泊4日が限度だと思うんですよね。6月2日の安土城は決定だとして、亀岡でしょ、あと京都とかも回りたんですがドコの土地を基点にしたら一番いいんでしょうか…。最初は京都なのかな?
ものすごく悩みます。でもこれは楽しい悩みなので嬉しいですね♪

【戦国武将の通知表】
以前紹介いただいた戦国武将の通知表、Amazonに注文したときに他に取り寄せの本と一緒に注文しちゃったので届くのがおそくなってやっと手に入りました。
ざっと目を通しただけですが、なかなか面白い評価がされてましたね。
でもいきなり上杉謙信と武田信玄が同じく80点というのが気に入りませんよ(笑)
別にキライじゃなくて、むしろすきなんですが、上杉謙信はもっと点数低いでしょう?!とか思っちゃうんですが。上杉謙信ってただの戦好きなイメージが…。しかもなんだかヒステリックな印象があるんで、戦の点数は高くても領主としてはどうなのかな?とか思ってしまうもので。それについては八幡氏も同じ意見のようですが。
斉藤道三52点細川幽斎53点明智光秀50点のどんぐりの背比べ感もなんか納得いかない(笑)
あとでじっくり読んでからまた感想を書こうと思います。

 
 

コメントする(5)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2007年3月20日

第35回亀岡光秀まつり(5月3日)について

光秀様関係で気になること(6)

| コメント (8) | トラックバック (0)|


ご無沙汰しております(汗

ここのところ異常に忙しくてサイトが放置状態になっておりました。

立て続けに今日、投稿します。

何よりも、光秀様にごめんなさいと言いたい。
忙しくてコレっぽっちも準備出来て無いので、今年もゴールデンウィークの亀岡光秀まつりはやっぱりいけそうにも無いのか????
第35回亀岡光秀まつり

今亀岡市観光協会のホームページ見たら騎馬武者の抽選に「亀岡市内在住・在勤・在学」の条件が取り払われてる!ってことは、一応規約上私も応募してもいいってこと?!

・・・っていうかね、募集内容が

明智光秀公・明智秀満・明智治左衛門・斎藤利三・溝尾庄兵衛・正室ひろ子・春日の局・ガラシャ・女武者(数名)

でもって、応募資格に女性の役とかには18歳以上の女性って書いてあって(ガラシャは10歳以上18歳未満)

でもね、

その他の役に「18歳以上の人」としか書いてないの。

・・・・・・男性である必要ないの?!

私・・・私・・・ぜひとも・・・



明智秀満役に応募したいです!!


でもいいです。こういう行事は地元の方で楽しんでください(T_T)
どうして私は埼玉県民なんだ・・・。亀岡に住みたい・・・。

とりあえず、今年はもうなんというか、亀岡光秀まつり見学はあきらめちゃってるんで…。
6月2日の安土城の方に気持が傾いてますから。

でも、秀満になりたい・・・(笑)

 
 

コメントする(8)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年6月15日

天王山の戦いについて

光秀様関係で気になること(6)

| コメント (2) | トラックバック (0)|


◇インターネット辞書より◇
てんのうざん てんわう― 【天王山】
(1)京都府南部、乙訓(おとくに)郡大山崎町にある山。海抜270メートル。淀川に臨み、対岸の男山とともに京都に通ずる道の狭隘(きようあい)部をなす。
(2)〔1582年の山崎の戦いで、(1)を先に占領した豊臣秀吉軍が明智光秀軍を撃破したことから〕勝負を決する大事な場面や時。勝負の分岐点。

子供の頃、信長ファンだった私は信長後(本能寺後)の歴史にちっとも興味を持たない子供でした(^_^;)

で、野球のシーズン終了間際によく言われる「天下分け目の天王山」という言葉が明智光秀関連であることも知らなければ、戦国時代の話から来ていることも知らなかったんですね、実は。本当に『信長』しか知らない子だったのよ〜(T_T)

だから、実は、光秀ファンになって山崎の合戦で「天王山」ってフレーズが出たときに、それが場所を示す言葉だと思わずに、単純に”重要な局面である”という単なる比喩表現かと思ってしまったという恥ずかしい事態を招いたわけです。
無知って、怖いですね!

しかし、今でも「壇ノ浦」でも「関が原」でもなく、重要局面の比喩表現として「天王山」が使われるほど、天下分け目の重要な戦で負けるなんて、光秀様…(T_T)。
もう、事実上天下人だったのに、寸前まで勝利をつかんでいたのに負けるなんて、それはあれですか、その時の心境といったらもう、

想像するに…

ワールドカップのオーストラリア戦で残り6分守りきれば勝利ってときに3点も入れられて逆転負けした日本イレブンの気持ちと同じ…かもしれない(?!)

(T_T)

 

でも日本イレブンにはまだ次の試合がある!頑張ってくれ!!!!!

 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年6月13日

五十五年の夢(みつひで君三日天下の終焉)

明智光秀様お遊び(6)-明智光秀様お遊び(3)-明智光秀様お遊び(8)

| コメント (4) | トラックバック (0)|


いろいろあったみつひで君ですが、天王山を羽柴軍オフ会会場として押さえられてしまい、山崎の合戦で敗れてしまいました。

あぁ、ここで潰える『五十五年の夢』・・・

明智光秀公の辞世については、ももまる氏のブログ『信長と光秀』:光秀辞世にて詳しくかいてありますので、ここでは省略しますが(…というより、私にまじめな解説はムリでございます。期待しないで下さい。)

この『五十五年の夢』というフレーズ、かの有名な『明智軍記』に記されているものです。
『明智軍記』といえば、江戸時代の明智光秀ファンが書いた(注:たぶん。私の勝手な想像)明智光秀ファンによる明智光秀ファンのためのバイブル(笑)
なにしろ、光秀様が本能寺の時に55歳だったという根拠がこのファンのためのバイブルに記された辞世の句から逆算したらしいというなかなか興味深い設定(*^_^*)

うむ、これは、以前 阿坂しゅん様とコメントやり取りで決定(!?)したとおり、『光秀、実は若かった』って小説を八切止夫ばりの熱い文章で書き上げなくては!
そして、若かったことにしちゃおう!
え?根拠?そんなものは無いっ!


【緊急特報!続・みつひで君予告】

この後、天王山で惨敗したみつひで君は、ふたたびニート生活をしつつ、てんかい君として再び歴史の表舞台に登場するために暗躍します(笑)
もしかすると来月あたり方広寺の鐘の文面にいちゃもんをつけることになると思います(by早乙女貢「明智光秀」より。作中では天海が家康に「この文章だめじゃん、これを口実に豊臣家やっつけちゃえば?」と進言した。※注;こんな文章ではない(~_~)念のため。)

…本当にやる気…か?(笑)

 
 

コメントする(4)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年5月21日

ニートの星!明智光秀

光秀様関係で気になること(6)

| コメント (0) | トラックバック (0)|


戦国ファン暦は結構古いですが、三国志を読んだのはここ3〜4年。三国志を最初に読んで思ったこと。

諸葛亮孔明ってニートだったんじゃん

晴耕雨読といえば聞こえはいいですが、三顧の礼で劉備に迎えられる前は思いっきりニート。引きこもりまではいかないものの、しっかりニート。特に北方謙三さんの三国志の孔明って、仕官するまでどーみてもニート。

…でもよくよく考えてみたら、

明智光秀の方がよっぽどニートだったね…。

孔明どころじゃないね、とてつもなくニートだね(^_^;)
朝倉に仕官するまで何をしていたのか、っつーことで。
(この間のNHKのその時歴史は動いた『本能寺の変』では朝倉に行く前に一度将軍家に奉公してる設定になってたけど)
家柄家督による終身雇用(?)の時代がくずれて下克上時代になって、まさにその最先端をいく“転職組”っぷり。いやぁ、すごいなぁ。

さらに、今現在私が八切止夫ワールドにどっぷり浸かっているもんだから、そのどうしてもうだつのあがらない巻き込まれ型っぷっりが情けなくて………………よけい好きかも(笑)
八切止夫ワールドでは光秀さまは『内助の功』どころか、嫁がいなければきっかけを失って出世できなかったことになってます。(鬼嫁という意味ではないです)

ニートでもこれだけ出世できるんだ。
世の中捨てたもんじゃないさ。

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

2006年5月 2日

本能寺が『変』?

光秀様関係で気になること(6)

| コメント (6) | トラックバック (0)|




昔、歴史の先生が授業中に『本能寺の変』が『変』というのはおかしい、『乱』じゃないのか?、という自論を披露してくれたのを覚えている。
そのときは、あまり考えもなくボケーっと授業を聞いていたので、理解できなかったのだが、今思うと先生の話をきちんと聞いておくべきだったと思う。


で、調べて見た。


まずはインターネット辞書
----------------------------------------------------
へん 1 【変】 (名)
(1)異常な出来事、社会的な事件が起こること。政変や動乱などが発生すること。また、そのような事件や出来事。
「本能寺の―」
----------------------------------------------------
らん 1 【乱】
戦争などによって世の中の乱れること。みだれ。
「治にいて―を忘れず」「応仁の―」
----------------------------------------------------


????????理解できん。
これを見る限り、本能寺は『変』いいんじゃないの?まさしく『異常な出来事』だったわけでしょ?


では、『変』と『乱』の使い分けは?
----------------------------------------------------
「変」;反乱によって現政権を討ち果たしたとき
「乱」;現在の政権に挑む、政治反乱。鎮圧される。
----------------------------------------------------
明確な使い分けはないようだが、大体こんな感じ。『変』が政権交代を伴ったもので、『乱』が鎮圧されたもの?
えぇ?でも『桜田門外の変』は?政権交代した?まぁ、政権交代と言えなくもない?(桜田門外の変についてあまり詳しくないのですが…)
あぁ、違う、『変』が成功、『乱』が失敗ってことかな????


先生が言いたかったのは、『本能寺』では政権が交代してないってコトかな?
『本能寺の変』後に光秀が政権樹立できなかったからおかしいってコトかな?
まてよ?『織田政権』というのは事実上は成り立っていたかもしれないけど、実際『征夷大将軍』でもなければ『関白』でもなくて、『政権』ではなかったってことかな?
先生が言いたかったのは『本能寺の変、朝廷陰謀説』なのか?


私には難しすぎる。
どっちにしても、そんな難しいこと、さらっと授業で言われても(私のような凡愚な)中学生には理解できませんがな。
今となっては先生の『自論』の真意を確かめるすべもないわけですが。
大人になってから今ならじっくり会話してみたい先生ってけっこういるよなぁ…。


っていうか、だいたい本能寺が『変』だって言い出したのは誰ですか?
光秀ですか?秀吉ですか?朝廷ですか?
『変』というのは勝利者側が自分を正当化して(反乱じゃないのだよ!と主張して)言う、みたいな意味合いもあるみたいだから、光秀(もしくは光秀サイドの広報部(笑))が言い出したのかな?
気になる。

 
 

コメントする(6)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

 

StartRun