明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2007年1月28日

皆様、ありがとうございます!

明智光秀関連「書籍」

| コメント (19)

「明智光秀はお嫌いですか?」をご覧頂いている皆様、いつもありがとうございます。

皆様にご紹介いただいたり、ネットで古本を探すのにご協力いただいたりして、私の光秀様蔵書コレクションもものすごく充実してまいりました〜。本当に感謝しております。

皆様から教えていただいて入手した書籍の一部の感想を述べさせていただきます。


反逆
【反逆】遠藤周作
これは、ドラマですなぁ。いろいろな人物の思惑が複雑に絡まってって面白かったです。
本能寺を考えるとき、ついつい信長と光秀の関係を中心に、秀吉や家康、朝廷ぐらいまでの小さな枠内で考えがちなんですが、じっさいはもっと、この小説みたいにいろんな人の思惑がからんでいかたもしれませんね。



桔梗の旗風

【桔梗の旗風】
出自のはっきりしない明智光秀は小説でも織田家に従軍してからの物語しかあまりないのが現状。そんな中で青年期が描かれている小説はとても貴重!
タップリ読めて面白かったです。
可児才蔵についてあんまり良く知らなかったので、光秀を主人公にしつつも、可児才蔵を軸に物語が動いて行ったりしていてとても面白かったです。
コレを読んで思い出しました。この話がそうだったのですが、信長かなんかのドラマで蘭丸と玉子が恋仲なのがありましよね?どれだったけ…いろいろごっちゃになっていて良く覚えていないです…。



ながてゆか信長
【TENKAFUBU信長】
すごくいい!(笑)好きだ、これ。この光秀様!(ちょっと若造だけど)
この漫画面白いですな!難点を挙げるとすれば、キャラクターが誰も彼もみんなカッコいいので、対比が難しかったのが致命的か…。我らが、将軍義昭様までかっこよかったもの!もっと、妙に弱いキャラとか妙に情けないキャラ妙に悪役なキャラとかいれば良かったのに…。
それから、光秀様若い!ビジュアルも若ければ、考え方も若い。
ついでに言えば、秀吉が活躍しなさスギなのもどうにも気になりましたな…。



明智軍記
【明智軍記】
やっとこさ、手に入れました!
daizu様やら白天目様やらマンゴー命様やら複数の方に助けていただきました、明智軍記。
ついにするが書店さんから入手することができました!しかも(明智軍記にしては)お手頃価格で、なかなかの美品でした!(ごく一部分にボールペンで線を引いてあったので多分値段が下がったんだと思います。でも全然気にならないです。)

古文なので、読んでもたいして理解できないのですよ、実は。ただ、やっぱり光秀ファンとしていずれは読まなきゃいけないと思っていたし。持っているだけで、私にとってはバイブル?
歴史資料としてえらくひどい悪書と言われている「明智軍記」。これはは江戸時代ごろの光秀ファンが勝手に妄想を膨らまして書いたんじゃないかと現代の光秀ファンの私が妄想を膨らませております。なんか、そう考えると「明智軍記」を書いた人に対して親近感が沸いたりして。


また、何かお勧めの光秀小説などありましたらぜひ教えてください!
私が知らずに過ごしている書籍の特徴といたしまして、タイトルに「光秀」や「本能寺」なんかが含まれない書籍は気づかずにスルーしている可能性が大でございます(笑)

 
 

コメントする(19)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

つみれ様!
僕が紹介した本を載せてくださってありがとうございます。
本当に嬉しい限りです(^▽^)
写真を見たらつみれ様のものは帯がついていました。羨ましいです!!
ところで『本能寺の鬼を討て』を知っていますか?斉藤利三の小説なのですが、これを読んだあと、秀満(光春)の小説も書いてよ!って思うほど家臣から見た光秀像が良く描かれていました。
ご存知なかったら是非読んでみてください。
ではまた!

あ。本のタイトル間違えてた!(修正、修正…と)

kura様こんにちは!

良い本を教えていただきありがとうございました。読み応えがありました〜。発行日を見たら、随分と古い本のようでびっくりしました。

『本能寺の鬼を討て』読みました〜!つい最近ですが。
斉藤利三もいいですね〜。でも私は利三を疑っているんで(笑)

>秀満(光春)の小説も書いてよ!
それ、すごいわかります!!書いて欲しいです!
秀満って意外と見せ場あると思うんですよね〜、でも山崎合戦にいなかったのは致命的だと思います。それがとっても悔しいです〜。

あ!反逆読まれたんですねー。さすが早い...。私は荒木村重のことは、突然信長に半期をひるがえした、ということしか知らなかったので、荒木村重についても知ることができて楽しかったです。

反旗の字、間違ってますね...。

利三を疑っているとは!?どういうことですか??

秀満を山崎に参加させなかったのはやはり光秀は勝つことを諦めていたのか、本能寺の変以後は正気じゃなかったのかもしれませんね。
やはり秀満の精鋭は山崎の戦いでは必要だったと思います!
見せ場としては明智城落城時のとこで弟分の光忠とともに光秀夫婦とお倫(長女)を支えて逃げるとことか、光秀が転戦中の守備とか、考えたらきりがないですね!!
ということで一筆誰か作家さんお願いします(^◇^)

daizu様
私、荒木村重のことはあまりよく知らないんですが、いつもゲームでよく使っていて後で裏切られて「しまった!」と思うんですよね(笑)
私ももう少し荒木村重のことを良く知りたいです。松永久秀はちゃんと最初から冷遇しておくんですけど(笑)

kura様
利三についつては私まだ調べなきゃ、と思うことが多いんですが、実はこの人が本能寺の主犯じゃないかと思ってるんです。
パターン1;
利三の単独行動による犯行→光秀は部下を統率できなかった?もしくは本当は利三は信長直臣で、与力の立場だった?
パターン2;
利三が光秀をムリに説得した。

この中で、パターン1の状況を検証したいんですよ、実は。
私もちゃんとそーゆー数の検証ってやってみたことがないので詳しく分からないんですが、果たしてあの時点で光秀子飼いの兵数が丹波亀山に本当に1万3千もあったのかどうか、です。
普通○○衆何千、とか○○家配下何千とかが寄り集まってそれなりの兵数になるわけですから、光秀子飼いだけで1万3千も家康饗応役後の短期間に集められるとは限らない。
それなら利三に自分が動かせる兵力がある程度あれば、勝手に行って本能寺くらい落とすことは可能で、事後承諾で光秀を担ぎ上げたとしたら。光秀の三日天下の手際の悪さはその辺で説明がつくんじゃないか、と妄想しているわけです。

ところで、やっぱり長女の名はお倫ちゃんですよね!
光秀の子供の名前って共通で家計図ちゃんと作って欲しい気がします〜。

利三が主犯というのは考えられなくないですね、でもそれなら利三が信長を襲う理由が僕には考えられません。もともと稲葉一鉄の一家臣だし、信長とはちょっと距離が遠い存在なのではないしょうか??

それにまだ問題があります。利三がどれだけの兵を投入できるかですよ、同時に信忠攻めがあるので例え本能寺攻めが成功する兵数があったとしても信忠を同時に攻めるには結構な兵力が必要なのではないでしょうか?

パターン2では利三が黒幕ということになるのではないでしょうか、黒幕なら朝廷であって欲しいですよ。そうすれば世の中から謀反人と言われることがないので

光秀の子供でたいてい津田信澄室とか書かれていて、ちゃんとしたものがあって欲しいですね

kura様
利三の信長への謀反の原因は“長曾我部”です。
もともと四国攻めの戦略変更は光秀謀反の理由の一つとしてもあげられますが、それだって、光秀が利三のコネを通して長曾我部と交渉していた四国戦略を崩されたというのが理由。と、すればよくよく考えると四国攻め戦略を変えられて一番困るのは光秀より長曾我部と姻戚関係にある利三の方だ、ということ。
利三がどれくらい兵力があったかはわかりませんが、私はこの時光秀は直接指揮を取れるのは坂本衆三千だったと思っています。あとは与力だったんじゃないかと推測しています。
それは、事後坂本に三千の兵で戻ったところからの推測ですが。
じゃぁ、あと1万の丹波衆はどうしたのか?誰が動かすことが出来たのかを考えなきゃいけないわけですが、まぁその辺は難しいですね…。
ただ、“光秀”が指揮を執っていなかったと考えると統制の取れていない軍勢だったら城でもないし兵力もほとんどない本能寺攻めがやたら時間がかかったのは納得いくかな?と。そういうところからいろいろ妄想して利三犯人説を打ち出したいと密かに思っています。
ちなみに、これはかなり眉唾で、八切止夫(「信長殺し、光秀ではない」)説の亜種であることを追記しておきます(笑)

はじめましてつみれさん。
僕も明智十兵衛が好きな戦国武将なので、応援の意味をこめて光秀関連の小説を紹介いたします。

「地の日天の海」日本経済新聞 夕刊連載中
これは木下藤吉郎と比叡山の僧、随風が出会うところから始まります。
随風とはのちの天海。実際に天海の正体の一説に随風は含まれています。
で、光秀との絡みなんですが、随風と光秀ってけっこうからんでくるんですよ。

十兵衛 様
はじめまして!!コメントありがとうございます!!

うわ!それ、すごい面白そう…読みたいです!めちゃくちゃ読みたいです!!
光秀と天海と聞いたら黙っていられませんよ、わたしは!!
日経を購読しそうな勢いで読みたいです!!(笑)
あぁ、早く単行本化してくれないでしょうか…。
でも、単行本化するということは連載が終わるということで、お話が短くなって内容が薄くなるよりは長く続いて欲しいと思いますし…。

発売を心待ちにしながら、チェックしておきたいと思います。
嬉しい情報をありがとうございます!!
またぜひコメントしてくださいね!!

つみれさんこんばんは。
『地の日天の海』ですが、ちょうど今の場面は、織田軍が比叡山を攻めるところなんですよ。
秀吉と光秀、そして随風、この三人が独自の考え方を持ち、それぞれに叡山攻めの立場で状況を模索しているようです。
お近くの図書館にいけば、日経新聞の夕刊は置いているはずですから、ご利用なさってみてはいかがでしょうか?

十兵衛様
!!
図書館という手があったのか!なる程!それは早速行かねば!!
比叡山攻め、中盤(光秀を中心と見た場合)の山場ですな!
それはちょっと、いやかなり読みたいです!!
明日…はちょっと忙しいので、週末にちょっくら行って読んでみます!
ありがとうございました!!

つみれ様

今年は滋賀県を旅行されるということなので、私個人的にお勧めの1冊をご紹介します。
サンライズ出版の近江歴史回廊シリーズ「近江戦国の道」という本です。どうです?聞いた事も無いでしょう?超マイナーです。「地元の本屋にしか無いのでは?」と思えるほど他府県では見かけません。ひょっとしてすでにお持ちなら、「さすが!」でございます。
http://spn63035-01.hontsuna.net/article/1686156.html
HPはここです。今年の4月に10年ぶりにリニューアル再販されます。勿論私も初版を買いましたが、「歴史、戦国」というコンセプトで近江を訪れるなら、下手な観光ガイド本などよりもはるかに役立ちますよ。たぶん1700円前後で発売されると思います。持っていけば旅が楽しくなると思いますよ。

つみれ様

情報更新です。先ほどの本、昨年の4月発売してました。失礼しました。m(__)m

choro 様!

情報ありがとうございます。
そうなんですよ、光秀めぐりの旅、どうやって情報を集めたらいいのか悩みまくりでして。
そうそう何度も訪れるわけにも行かず、なんとか効率よい名所めぐりが出来ないかと思いまして…。
他にも名所情報があったらぜひ教えてくださいませ〜!!
ありがとうございますです!!

つみれ様

10日ぶりです。
書籍では有りませんが、安土周辺の情報収集に・・・。
http://www.azuchi-study.com/index.html
たぶんご存知だとは思いますが、もっともホットな情報が出ます。
是非ご参考に。
未確認情報もかなり有りますので、確認出来次第ご連絡しましょう。

レスが激しく遅くなってすみません(^_^;)
月またいじゃいましたね、ゴメンなさい。
紹介いただいたホームページすごいですね!
もうなんか行きたくて行きたくてしょうがない気分ですよ〜。
光秀めぐりの旅はどっぷり光秀様に浸ろうと思っていたのに・・・荘です、当初安土城に行くつもりは全く無かったんですが…なんか安土城メインの旅になりそうな予感です。(笑)
頑張って計画立てます!!
ありがとうございました!!

こんばんは!!
つみれ様〜、「戦国武将の通知表」という本を知っていますか?
この間本屋で見つけたのですが結構おもしろかったのでオススメです!
もちろん光秀も1ページだけですが載っています。ちなみに成績は「50点」。
意外と低めですな・・・(そのほか50点は蜂須賀正勝・津軽為信・丹羽長秀・滝川一益・大田道灌です。順位は100人中51位)
ちょっと考えが合わないとこも多々ありますが、武将はたくさん紹介されてますし、ナント仙石秀久も出てましたし・・・。是非買ってみてくださいな。そしてレビューおねがいします〜。

" rel="nofollow">http://tkj.jp/book/book_20140301.html

ご無沙汰しております!!つみれです!!

すみません、サイトがすっかり放置状態になっておりました〜。
なんだか期末で仕事が立て込んでおりまして。
すみません〜。

「戦国武将の通知表」
これ、面白そうですね!!さっそく注文してみました!!
光秀様50点ですか…印象としては結構点数付けが辛いですね。
丹羽長秀・滝川一益あたりよりは出世速度が速かったことを考えるともう少し点数がほしいところですが…。でもやっぱり終わり方がダメダメなのか…。(T_T)
とにかく読んで見ます!!
本が届くのが楽しみです!!
面白そうな本の紹介ありがとうございました!!
来月ぐらいからまた少しは仕事にも余裕が出てくるのでそしたら毎日光秀様三昧したいと思っています!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun