明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2007年1月15日

天海僧正(南光坊天海)について-その1

【研究】

| コメント (7) | トラックバック (0)|

 南光坊天海(1536年 - 1643)
 徳川家康のブレーンとして徳川政権の立ち上げと初期の運営に深く関わった人物。この人が実は“明智光秀ではないのか?”と噂されている。“義経ジンギスカン説”に似た半官びいきの壮大なドリームだと推察される。

 その理由(含む光秀生存説)
 ・天海の出自が謎
 ・徳川政権で台頭した春日局の存在
 ・日光東照宮におけるさまざまな暗号
 ・徳川家康の光秀びいき
 ・光秀の死後に奉納された灯籠
 などなど、もっともらしい理由が多々上げられています。

《天海の出自が不明》
 天海が徳川家康のブレーンとして活躍する以前何をしていたのかがわからない。忽然と歴史の表舞台に出てきて重職を担っているのだから勘ぐられるのもうなずける。
 天海僧正として登場する以前に“明智光秀”だったなら家康がすぐさま重用しちゃうのもアリかも?でも、いきなり登用されてすぐに出世する人なんて下克上のこの時代、いくらでもいたんじゃない?
 それに、光秀が天海だと仮定した場合天海僧正はものすごーく長生きしたことになり、あまりに長命過ぎないかとの疑問が残る。但し、この光秀様の年齢の根拠自体が結構疑わしい。矛盾の多い“明智軍記”を元に算出された年齢であるので、実は光秀様はもっと若かったのでは?とか思ったりもする。

《春日局の存在》
 謀反人である明智光秀一族の重臣“斎藤利三”の娘である於福、後の春日局の徳川政権内において出世ぶりと天海僧正の関係が怪しいと言われている。将軍家のお世継ぎである家光の乳母に裏切り者一族の娘をわざわざ選んだのはなぜか。また於福の徳川政権内での台頭振りの影に天海僧正が絡んでいないのか。などなど深読みするといろいろ疑惑は出てくるのですが、実は勘ぐり過ぎなのでは?
 将軍家の世継ぎって言うけど、あの頃まだ長子相続確立してなかったんじゃないっけ?(あんまり詳しくないのですが)謀反人その人、光秀の娘ってならいざしらず、いち家臣の三女。いいじゃん別に。身元もはっきりしてるんだしさ。
 徳川政権で異例の出世って言うけど、乳母を気に入っちゃってひいきしちゃう将軍がいてもいいじゃん。
 乳母の身分で家康に直訴したっていいじゃん。乳母も将軍をひいきしたいよ、きっと。
 家康が言うこと聞いたのだって、於福のお願いだから聞いた訳じゃなくて御家騒動を避けたいから分かりやすく長子相続に決めただけかもよ?

 …なんか、光秀天海説を肯定したいんだか否定したいんだかわかんなくなってきたよ。

《日光東照宮の暗号》
 天海僧正は風水をもって江戸の町の基礎を作ったと言われています。平安京や平城京も風水の考え方で作られたことで有名です。あちらはもともとあった土地の利をうまく応用して作ったもの。言わば天然モノ。ところが、江戸の町は完全に人工。そりゃ、多少は地の利を生かしてはいますが、京の規模じゃない壮大な応用の仕方。さらに湾の埋め立てなど大規模な潅漑工事も実施。かなり無理して気を封じ込めたようです。すべての気が渦を巻いて江戸城に集まるようにしていたとか。その締めくくりが東照大権現(徳川家康)の菩提寺として建立された日光東照宮です。東を照らすって、いいネーミングだね!
 さてその日光東照宮、徳川の葵の御紋に混じってところどころに桔梗の意匠が施されています。そう、桔梗と言えば明智光秀の家紋ジャン!これは……。でも待てよ、桔梗紋なんて普通にあるジャン、光秀でなくとも。それに光秀の使っている桔梗と違くない?天海僧正が陰陽道を利用しているならこの桔梗紋は五亡星(=セーマン、晴明桔梗)のほうをイメージしないか?
 その他にも“かごめかごめ”の唄に暗号が隠されているとか、天海僧正が名付けたと言われる明智平の地名とか。だが所詮どれも推測に過ぎない。

…そして、光秀天海説を肯定したいんだか否定したいんだかわかんなくなってきたよ。

《家康の光秀びいき》
 一般的に“知将”として有名な明智光秀ですが、実は武勇に長けた“猛将”だったという話もある。
 謀反人である光秀の名“日向守”の名を賜った徳川家の水野某さんに家康が光秀所有だった朱槍を下賜した家康。その時に「日向守の名に恥じぬよう」とか「見習って」見たいな意味の言葉を言ったとか言わないとか。見習えって、まさか謀反しろッてことではないでしょう?
 また、関が原の合戦図に描かれる天海僧正の姿が僧兵としてではなく勇猛な武者姿で描かれているところ天海が単なる僧侶ではなく武人出身ではないかとの憶測を呼ぶ。だからとて、光秀かどうかは別問題だ!

…さらに、光秀天海説を肯定したいんだか否定したいんだかわかんなくなってきたよ。


《願主光秀の灯籠》
 光秀の死後に奉納された願主光秀と記された灯籠が残っている。これがあるために光秀は山崎合戦後落ち延びていた!という証拠とされる。でも待てよ、名前を記して奉納って他人でも別にできるジャン?死後数年なんて知り合いだって生きてるだろうし、故人を偲んで奉納ぐらいするかもよ?
 さらには、天海説とは異なるが実は“関が原”に参戦していたらしいとかいう話もあったり。どうもまゆツバっぽいけど。

……で、私は本当に天海ドリームを信じているのかよく分からなくなってきた!(笑)

次回、天海説いろいろに続く!

 
 

コメントする(7)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/455


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

こんばんはー。なるほどそうですかー。天海僧正のことはあまり知りませんが(実は明智光秀のことも皆さんの知識にははるかに及びません)、年齢的にはどうなんでしょうか?長生きしたのかな?そういえば将軍の名前に光や秀が多いという、こじつけっぽい話は聞いたことがあるような気がします。

daizu 様

これからわたくし、根拠のない爆弾(憶測)発言をいたしますから、心してきいてくださいね。

>将軍の名前に光や秀が多い
これに関しまして、私が謎の電波をピピっと受信しました。(主に八切止夫小説から(笑))
三代将軍家光が春日局の子じゃないのか、という憶測が結構有名です。
さらに、父親が徳川家康じゃないか、という憶測もたまに聞きます。
さて、問題です。
天海が光秀だったとします。
家光の父母が家康と春日局じゃないか、という説が通るのなら、
家光の父母が天海と春日局じゃないか、という説はどうでしょう?!
・・・・な〜んてね・・・・。

!!す、すごい電波を受信されましたね。
もし母親が春日局なら父親は...。誰も否定できません!

つみれ様

こっちにも、寄らせてください。
天海はなぞが多すぎて、憶測の域から出ることが出来ませんが、日光東照宮の桔梗の意匠を初め、明智平の命名と言い、家康が光秀に対して悪意を持っていたとは考えづらい資料も数多く有るようです。信長に対して、嫡男と正室を殺された恨みもあったと思います。その分光秀に対して半分は「良くやった!」という思いが有っても不思議ではないでしょう。
全く個人的な解釈ですが家康は、同盟初期から信長の事を好きだったと思います。理由は一つ。唯一つです。信長は自分の娘を徳川家に嫁がせている。いわゆる人質を織田家の方から差し出したわけです。当時の状況から見て、徳川家から人質を差し出してもおかしくはなかった。人質生活の辛酸をなめた家康には、信長の覚悟と心意気が嬉しかったと思うのです。勿論一国の主ですから、好き嫌いでは動かないでしょう。しかしアレだけ気の短い家康が信長との同盟を守り通した根底には、利害関係以外の心情的なものも有ったと思うのです。嫡男を糾弾されるまでは・・・・。
光秀の謀反に家康が関係しているとは、今のところ思っていませんが、もし光秀が生き残ったとして、その後家康に接近したら、家康はどのような対応を取ったでしょうか?光秀は有名人ですから、徳川家の中にも顔見知りも多くいたと思われます。光秀→天海のシフトは徳川家臣団の抵抗も有ったと思います。それを超えてまで光秀を側近に登用しなければならない理由が家康にあったのか。その辺りが謎を解く鍵だと思います。

daizu様
横レス失礼します。
「将軍の名前に光や秀が多い。」というのは参りました。考えたこともなかった。「なんじゃそれは!」って感じですね。まして乳母は春日の局ですから・・。私の中の謎が一つ増えました。謎が増えることは、謎を解くことと同じくらい楽しいですね。感謝。

>daizu様

すごいでしょ?(笑)それだったらびっくり仰天ですよw
天海さんの謎については『その2』でまたいろいろ憶測をしたいと思っています。


>choro様

天海は謎が多くて面白いですね〜!
私は光秀天海説を知るまで天海僧正のことは全く知りませんでした。
(そんなこと言ったら春日の局のこともよく知らなかったんですが…)
後日自分なりの天海さんの人物像について投稿しようとおもうのですが、それにしても、この人が光秀じゃないかって噂がたつのはそれなりの理由があったはずなので、そこが面白いな、と思います。
天下分け目の決戦として「関が原」以上に「天王山」という言葉が現在でも代名詞として残っているほどなので、今私たちが考えている以上に、天下人として光秀は当時認められていたんじゃないかと思うんですよね。
家康と信長の関係も微妙ですよね〜。
いずれにしても信長が天下人としてどこかで道を誤ってしまっていたのは確かなんじゃないでしょうか…。残念なことだと思います。

こんばんは。また寄せてもらいました。
ワクワクして読ませてもらってます。
【天海僧正=光秀説】は義経が大陸へ渡ったという与太話よりは幾ばくか信憑性があるとも思えます。というかそのくらいのワクワク感は歴史に対する興味として許されるような…(^-^;
次のエントリーに期待しています!

'''>choro様'''
こんばんはー。光や秀が多いというのは、たしかどこかのHPで見ました。何年も前のことなのでどこのHPか忘れちゃいました,,,。謎が増える、楽しいですねー。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun