明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2007年1月 4日

どうすればドラマ明智光秀はもっと面白くなったのか

明智光秀関連「書籍」

| コメント (17) | トラックバック (0)|

さて、ドラマ明智光秀 -神に愛されなかった男から一夜明けました。
かなりテンションの上がっていた私ですが、やっと冷静になってきましたよ(^_^;)

私はこのドラマ、かなり気に入ったのですが、世間では賛否両論あるようですね。
確かに、『史実』を重んじる方には受け付けられないかも…。

個人的には原作のない状態のドラマで、短時間にかっこよく納めるために潔く捏造しちゃってるこの脚本大好きですけどね。
なんかこう無理やり忠実にやろうとして話をごちゃごちゃにされるより、いっそスパッとやってくれちゃった感じが好きですよ。
NHKの功名が辻で無理やり一豊に看取られた光秀様の死に様より好きだった(笑)
功名が辻の時は「一豊!せめて名のある武将に討ち取られたいからぜひとも介錯を!」とか考えていたものですから(^_^;)

さて、ではこのドラマもっと面白くするためには、他にどんな手があったか自分なりに考えてみました。

それはやっぱり、『本能寺の変』に注力するべきだったんでは無いでしょうか?
このドラマでも短い時間で光秀様の心境の変化(特に秀吉に対する評価の変化)をあらわすのは大変だったと思うんですよね。
それだったらイッソのこと、本能寺の変(とその後の3日天下)のエピソードのみで光秀様の人生を感じさせてくれるような作り方にした方が良かったんじゃないでしょうか?

たとえば、この小説『光秀の十二日―信長シリーズ〈4〉』みたいに。

この小説は、本能寺の変後の光秀様を描いたもの。
主人公はあくまで光秀様のようですが、実際は光秀様の影で動いていた元阿弥という光秀お抱えの能芸者、その実忍の親子の暗躍を描いたものです。
テーマが能であり、光秀の滅亡までの12日間を描いたものであるから当然物悲しいストーリーですが、光秀様の虚無感というか、鎮痛な思いが反映されているようで、読んでいて辛いものの途中でやめることのできない魅力のある小説でした。
いやもう、悲しいのなんのって!期待せずに読んだ分涙ボロボロだったです。
この本みたいにもう「三日天下」限定とかにすれば良かったんじゃないか?!とか思っちゃう。


・・・・・・・・・・・・・
あとね、もう一つ考えたの。三部作にするとか(笑)
エピソード1Nobunaga Menace
エピソード2秀吉の台頭
エピソード3光秀の逆心
…わたし、SF好きだってばれてますよね…だいたいこのブログのURL、サブドメイン設定する借りたサーバーの主ドメインをmatrix.jpにした時点でバレバレですね…(笑)もちろん“ten”は天海の天(笑)

今日は仕事始めだったのに、ドラマで上昇したテンションを押さえきれずに、空回りしまくっちゃいました。

 
 

コメントする(17)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/449


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

こんにちは。また寄せてもらいました。
さっきフジのwebサイトで昨晩のドラマに関するページを覗いてきました。僕は一夜経ってもあのドラマはますます好きになっちゃっています。DVDとかでリリースされないですかねぇ?裏番組でも結構大きいのをやっていたようなので視聴率が取れたかどうか分かりませんが、『ドラマ』としては良い仕上がりだったと(素人目には)思います。
2000年の事ですが、仕事で躓いたときに気分転換に日光へ旅をしました。九州からは遠かったのですが、折しもNHKの大河ドラマで【葵〜徳川三代〜】が放送されていた頃です。東照宮というより天海上人のお墓へ行きたくて日光へ行きました。その頃まではお恥ずかしいのですが、天海上人という存在すら知りませんでした。東照宮と二荒山神社の間にひっそりと佇む上人の墓地でしたが、そこに一人の学者然とした風貌の方がいらっしゃいました。その方から『こんな所へいらっしゃる方は珍しいですね』と言われたので、上人のお墓に参りたくて九州からやってきた旨を伝えました。すると『ほぉ…。こんな話はご存じですか?お話の一つとして聴いて欲しいのですが…』と彼が語り出したのが【天海上人光秀伝説】でした。聴いたときは手足の震えが止まりませんでしたよ。九州へ戻り、考古学を専攻していた恩師にそのことを伝えると、『あながち与太話とも言えない説得力がある説なんだよ』と教えていただきました。ですから、実はその時から密かな光秀ファンの私です。長々と失礼しました。また寄せて下さい。

初めまして。先日のドラマについて何か言いたくて、ここを見つけました。思うままに書き綴ります。 先ず、秀満が光秀を「父上」と呼んだ時点で暗雲がたれ始め、信長が上洛する時、京の町が買い物で賑わっているシーンで雨が降って来ました。上洛後の織田家の宴会シーンで信長が酒を飲んでいるシーンで雨脚が強くなり・・。15分もすると暴風雨でした。脚本は、まあ、書く人の作品だから文句を言ってもしようが無いのですが、明らかな嘘は興ざめです。楽しみにしていただけに、辛い。殆ど戦国自衛隊だと思って見るしか無いですね。あくまでも私見ですが・・・。
光秀は嫌いじゃないです。むしろ好きかも知れない。探したら、どこかに居そうなオヤジでしょう。「要領は悪いけど、ものすごい頑張る人。それなりに自己顕示欲も強くて、才覚にも自信を持っている」そんな感じがします。「私に100倍くらい才能があったら、光秀くらいにはなれたかもしれない」って思わせてくれる人物です。つまり、それほど大した人物ではない(信長、秀吉比)。その辺に身近さを感じます。信長が天寿をまっとう出来なかったのは、必然だったかもしれないですね。中世では当時の宗教観にそぐわない天才はあんまり良い死に方をしていないように思います。乱文ですね。酒が抜けてない・・・・。次はシラフで寄せてもらいます。

コンニチ〜ワ
フィクション設定は気になりましたが思い出してみると最後に
このドラマはフィクションです
開き直ったようなテロップが出てたんでいいか〜と思いました。
でも確かに最初の1時間あたりはつまらなかったような気がします。まさみちゃんの出番もすくn(以下省略)
本能寺の変の時間が少なくなるなら、おね様をだすな〜とも思いましたし。そしたら案の定、信長あきらめ早すぎになっちゃいましたから。(別に小西さんやおね様をせめているわけではありません)
司馬遼太郎の「関ヶ原」みたいに事件にだけ集中したのもみてみたいなと思いました。

PS・ミツヒデ〜、ムホンナサレ〜。ソウスレバ、ジャマナノブナガガキエテ・・・・・グフフフフフ
                        BYフロイス

 どうすれば・・・
 1人の人間の15年間の心の動きを2時間で語るのは至難の技です。初心者のための時代背景を伝えなければならないならなおさらの事です。
 ですから、2部(3部)構成や6時間巨編などというような手もひとつの方法でしょう。しかし、2時間ドラマ(CM抜きで考えて・・・)としての番組を評価するにはどうしたらよいのでしょう。大河や長編小説と同じ土台で見れば不満が出てくるのは当たり前とも言えるのではないでしょうか。
 つまり、あくまでひとつのドラマとして見る事。物事は過去になった瞬間から真実を100%認識することが不可能になるのです。見る側は大河ドラマよりではなく、演劇や講談よりに作品を見る必要があった。(私個人の反省)
 その上で作り手側に物申すとすれば、15年という時間をもっと感じさせて欲しかった。信忠を登場させるかお玉の成長した姿を出して頂きたかった。
 そして、細川藤孝を出さないほど事実(と思われる事)を軽視するのであれば、光秀は安土城を焼くべきだった。どちらにしても秀満が焼くのだが、地に足をつけるという台詞を大切にするのなら安土の炎上が一番相応しい出来事だったと思います。

皆様、貴重なコメントありがとうございます!
皆様の意見を聞いていると、徐々に自分の考えもまとまっていくように思います。ありがたいです!!


ば、ばんぶーだんす様!

な、なんと貴重な体験をなさったんですね!!
す、すごいうらやましすぎます!!
光秀=天海僧正説信者の私としては俄然日光に行きたくなってきましたよ!
たまたまそんなところに行き、たまたまそんなお話を聞けるなんて、すごくうらやましいです。
私が日光に行ったのは小学生の時で、やはり天海僧正の事は知らなかったので眠り猫見て喜んでいるだけでした。だからぜひ行きたいと思ってたんです!
そして、ただ『桔梗紋が見たい!』ぐらいにしか思ってなかったので、天海上人のお墓参りなんてまったく頭になかったので、さらにばんぶーだんす様のお話をきいて行きたい気持ちが強まりました!
しかもたまたまその光秀天海説のお話をしてくれる方に出会うなんてすごいめぐり合わせですね!!
貴重な体験のお話ありがとうございました!!


>choro様
はじめまして、つみれです!
やはり、捉え方はいろいろですね〜
私のように明智光秀が主人公なら何でも許しちゃう♪みたいになってしまったミーハーファンにとって、否定意見を聞くと初めてその事に気が付いて愕然としてしまう次第です。
そうですよね〜明智ファンうかれすぎかも知れません…。(明智ファンでもこんなの嫌だ、と言う人もいると思いますが)私なんか見ている最中に徳川家康が出てこなかったことに気づきませんでしたから。
万人受けさせる事はなかなか難しいですが、有名なエピソードぐらいちょこっとでいいのでいれて欲しかったですね…

>光秀くらいにはなれたかもしれない
それ、すごい分かります!
実は私、信長ファンから乗り換えた最大の理由がそれなんです!子供のころ信長みたいになりたい!(現代でどうやって?)と無謀にも思っていたんですが、中学生ぐらいになるにつれて自分の能力の限界に気づきはじめて(笑)天才的能力がないならば、努力すればなんとかなりそうな光秀はどうだろう、みたいな!(いや、無理だけどw)

またぜひいらしてくださいね〜。

>神風疾風様

おぉ!確かに小西真奈美さんが可愛かったのでなんとなく「よきかな、よきかな!」とか思って疑問に思わなかったですが、今考えるとあのシーン要らなかったかも!っていうか、竹中半兵衛要らなかったかもしれない!!っていうか要らないだろうあの場合!(半兵衛ファンの皆さん御免なさい)
やっぱり一つの事件に集中してすごく掘り下げた脚本での物語りも見たかったですね。
どうせ捏造するなら光秀様の放浪時代を思いっきり捏造して作ってしまえばまさみちゃんの出番がふe(ry (笑)

ふ、フロイス殿!
な、な、なんて事を申されるノカ!い、いや、それガしハそのようなことは考エテおらぬデス!ホントーでス!例えキンカンと呼ばれようトモ、蹴りを入られようトモ、腐った鯛でノロウィルス集団感染の疑いをかけられようトモ、謀反ナド!持ってノほかデス!(by光秀くん)

>橘 昌幸様

安土城炎上!
その手があったか!!
なんか、最初のナレーションとかで、「戦国を終わらせたのは信長でも秀吉でもなく〜」みたいなこと言ってましたからね!信長が戦国の終わりを築き、その象徴としての安土城を壊す、というのはテーマが一貫していて良かったかも知れません。そうか!このそこはかとなく感じていた違和感の原因は一貫性のなさかそ知れませんね。2時間で心境の変化や心の機微を表現するのは難しいので、それならもっと廻りの重要人物との関係とかから光秀の人物像を表現したほうが良かったのかも。
それから、確かに15年の時の流れはまったく感じられませんでした。ひろ子様いつまで経っても若々しくってうらやまし過でした(笑)

橘 昌幸様のおっしゃるように、見る側の心構えって、大事なのかもしれません。また、テレビ局のほうでもそういう前もって宣伝を浸透させておく努力が必要なのかも知れませんね…。

こんばんはー。2時間ドラマとしては良かったと思いました。とにかく「明智光秀」というドラマは初めてでしたので感激でした。

が...。やっぱり2時間では物足りなさを感じました。つみれ様が提案されているように、エピソード1、2、3、ってのはいいですねー!空想でいいから若い頃の話を付け加えてもらって、、義昭を連れ出すところ、丹波攻略、山崎の戦の後の秀満や玉子の話などなど...。斉藤利三も観たかったなー。

もういっそのこと大河ドラマでお願いします!明智光秀が毎週観れます。

つみれ 様

ドラマ!「明智光秀」私見ましたぁ〜
フジテレビの番組のHPの掲示板には、殆どが「良かった!」かそれに近いような
コメントばかりで、正直なところ、少々辟易とはしておりました。
唐沢・光秀様、柳葉・秀吉、上川・信長・・・この豪華キャストはでのあの演技は
充分娯楽ドラマとして、及第点でせう。
また、光秀公VS秀吉/信長もそれぞれの関係において妙な先入観もなく男としてこのような
関係であったなら・・・というような理想に近い(自分がこうであって欲しい)と思うような関係で
見ていて気持ちの良いものでした。
また、ひろ子様の長澤まさみもまだ十代なのに時代劇初めてなのに、あの良妻賢母の
奥方を充分演じれていたのは、天晴れ!と思います。

しかし、ながらやはりある程度は史実に沿って(忠実まではいかなくても)進めて欲しかった。
三者の関係がとても良かったといっても、本能寺で光秀様と信長が、会話しちゃいかんでせう!
ましてや山崎の合戦前に光秀様と秀吉が荒野の決闘よろしく、鉄砲で大将の一騎打ち!これは無いでせう!!
掲示板を見ていると、今までに歴史に関心が無かったもの、中高生くらいでキャストからこのドラマを見たものが、これが真実と
思ってみてしまうのが、心配なんですっ!
確かに、今までのどの光秀公よりも、好意的に理想に近い形で描かれてたにせよ
誤った(ドラマとしての出来がよければ良いほど)歴史を作ってしまうのがいかんなぁ〜と思うのです。
光秀様と秀吉が暗黙のうちに、おかしくなった信長を倒した後に正当なる後継者として
光秀公から秀吉にバトンを渡す・・・ちょっとやりすぎと思いますねぇ〜

いろいろ、きついことも書いたのですが、でも今までに、一度も主人公での登場が無かった明智光秀様に
スポットライトを当てたことは正直にフジテレビの快挙です。
また、ドラマとしては非常にすがすがしく現代にも通じるる真の「優しさ」「真面目さ」なんかも語られ、とてもよい出来だったと思います。

だからこそ、願わくばあまり酷い史実からの逸脱は改めて欲しいと思っただけなのです。
まぁ、テレビ東京の「忠臣蔵」が中々新しい切り口で結構良かったので一寸比較をしてしまったので・・・
次回があれば、是非三部作で、一部/2時間半くらいで作って貰いたいものです。

長々とコメント、どうぞお許しあれ。

それにしても、つみれ様のブログ!
ますますの盛隆を見るにつけ祝着至極に存知奉りまするっ!

こういうドラマも観たいですー。
http://www.youtube.com/watch?v=Rzep1kyeOLk

daizu 様


私、大河ドラマをあきらめたわけじゃないのですが、なんとなく“光秀”での大河ドラマってのは“無い”気がするんですよね…。裏切り者だからなのかどうなのかはわかりませんが、大河は無い気がします。大河にするには史料が足りなすぎるんじゃないかな?とか思います。
でも、実は密かにいつかきっとやってくれると信じているものが…「細川家」の誰か(藤考かガラシャか忠興か)これならありそうな気がするんですよ!夢見てますよ!!(笑)
Youtube、戦国無双2ですね〜まとめるとすごいなぁ!!っていうか中国語の字幕入ってる!すごい!!


>惟任筑前髪様
ドラマ話題で盛り上がっておりますよ〜。
そうなんですよね〜、キャストが豪華でまたそれなりにハマっていたからこそ、もっと掘り下げて欲しかった気がしますね〜。
「本能寺の変」の動機で『そうきたか!』と思って、
本能寺で信長様と会話しちゃって『超絶脚本(笑)だ!』と思い、
山崎で秀吉に撃たれてしまって『もう何でもありだ!』と思いました。(笑)
秀吉にバトンを渡す…渡すにしても渡し方が不器用すぎるです!!
それに、そうゆう流れにするのであれば、もう少し信長を狂わせて欲しかった気がしますね。そうじゃないと光秀様短慮すぎますって!!

まぁ、歴史を知らない人に受けたことは「明智光秀」ドラマ第一弾としてはイイ事なんじゃないかと思います。
まずは光秀人気を上げていくのが大事ですよ、やっぱり!!

またまたすみません。
小栗栖はこんな雰囲気で?
http://www.youtube.com/watch?v=ng0TWUiENTw

daizu様

うわ!決戦3懐かしい!!
これ好きでしたよ〜すごく。もうね、本能寺がとんでもない要塞なんですよ、決戦3って(笑)なんかソレが大好き。
太閤立志伝3で光秀プレイが出来たことで、「コーエーって光秀に寛大だな」と思い、決戦3で光秀プレイが出来たことで、「やっぱりコーエーって光秀大好きだよな」と思いました(笑)

本能寺が要塞...。そうなんですかー。私は決戦も戦国無双もやったことないのですが、今日はYouTubeの映像だけで楽しみましたよー。

先日の光秀のドラマの感想を調べていたら、貴ブログに辿り着きました。ドラマ自体の感想としては、2時間ものならやっぱり本能寺から光秀の最期までを描くべきか、白虎隊のように2夜に分けるべきだったかなぁ・・。(出演者が豪華だったので、できれば後者であれば嬉しかったが。)娯楽ドラマなので史実に忠実にまでとは言いませんが、さすがに最後の決戦姿でこけちゃいました。本能寺に関しては諸説がありますが、秀吉に天下を譲るような考えは光秀にあったのかなぁ・・。光秀は政治・外交・軍事とあらゆる面で優秀な武将だったと思います。ただ、古典的で信長と性分が合わなかっただけ(ちなみに私は司馬遼太郎の秀吉に憧れる小者ですが・・)。
上川さんの信長はもう少し時間かけて観てみたかったなぁ。柳葉さんの秀吉は以前にをされていたこともあり、愛嬌ある演技はまずまず良かったです。光秀の唐沢さんももう少し時間かけて観てみたかったな(利家のイメージが今だ強かったので・・)。このキャストならシリーズ物でもまずまず視聴率取れそうな気がするので2時間半では本当に勿体無いですね。朝日テレビの太閤記よりはずっと良い作品に仕上がったはずだと思います。

>タンロン様
はじめまして!!
2夜にわけて…ホントそうですよ〜。キャストがすばらしかったのでもうちょっとじっくり見たかったです!
私は見ていたときは最後の決戦シーンが逆に開き直っていてもういいやって感じで許せていましたが、後々考えるにつれてだんだん疑問に感じ始めました(^_^;)
もうちょっとなんとかならなかったですかね?(笑)
朝日テレビの太閤記はあれはものすごいスピード展開で頭がなかなかついていきませんでしたよ〜。連続ドラマとしては回数少なすぎですよね、あの太閤記…。あっという間に終わってしまった気がします。
皆さん唐沢光秀で「利家」を思い出すとおっしゃるんですが、私「利家とまつ」のとき、よほど真面目に見ていなかったのかあまりあの「利家」の印象残って無いんですよ。だからすんなり唐沢光秀を受け入れられたのかもしれません。
あと、このドラマどうせここまで“捏造”ならばもっと破天荒なことしてくれても良かったかな?とも思ったりします。
コメントありがとうございました!!

ところで、タンロン様の『太閤記』ブログゲーム面白いっすね!
勝手ながらリンクはらせていただいちゃいました。
http://ten.matrix.jp/links/
まずかったらおっしゃってくださいね!

では、藤吉郎@つみれ頑張ります!!
-----[結果]-----
『功を急ぐ』
秀吉、享年わずか20歳であった。 
(T_T)
うわーん、もう一回やる!(笑)

つみれ様、返信ありがとうございます。
ドラマ光秀の最期の描き方は難しいですね・・。本能寺の描写も辛いものがあったけど、本能寺炎上後は、いきなり坂本城(または安土城)炎上で終わっても面白かったかも。視聴者には「あれ?どうなったんや!?」ぐらい疑問を持たせて終わるのも面白かったかも。興味のある人はその後調べることですし、光秀が実際に100%土民に殺害された証拠も残っていないし・・・。
最近よく戦国時代を舞台にしたドラマが多くて、戦国史好きのオヤジにとっては嬉しいです。今日からスタートのNHK「風林火山」もなかなか深みがありそうなドラマで期待が持てそう(ただし内容が難しくて一般的にマイナーな話なので、大衆受けは期待できないかも・・)。20年前の「武田信玄」を思い出しながら観ていました。今回の勘助はなかなかワイルドでかっこいいね。20年前の勘助は西田敏行だったかな・・。
あくまで私の予想だけど、いずれNHKは「国取り物語」を再度大河ですると思います。戦国物は視聴率が取れるし、”道三〜信長〜光秀”は1年を通じて飽きさせることのない内容だと思います。
それから、幣ブログゲーム「太閤記」は、後半からはさらに難しいようです(数少なき感想より)。リンク歓迎いたします。多くの方に、ゲームを通して歴史を辿っていって欲しいですね。

>タンロンさん様

やはり坂本or安土の炎上は欲しかったですよね。
どちらかといえば、「戦国の世を終わらせたのは〜」みたいなナレーションがあったのだから、信長を討ってその象徴の安土城の炎上とかが良かったかなぁと思います。
光秀様の最後は“ドラマ”として描くには難しいですよね…。通説通り土民に討たれた、では主役の最期としてはあまりに…。タンロンさん様のおっしゃるとおり「どうなったんだ?!」で終わるのが一番かも知れません。っていうか、それがいいです(^o^)丿賛成!!山崎敗退して撤退中のシーンとかでナレーションが入って終わり、みたいな。
「国取り物語」やってくれますかね?!ぜひやって欲しいですよ〜!!光秀様の出番タップリでお願いします(笑)でも信長も好きなので、ヘタに光秀様だけ目立つのも好きじゃなかったりして。
「風林火山」結構良い感じでしたね!これからも期待しますよ!!年末年始は時代劇好きにはたまりませんよね(^o^)ビデオに撮りためた分を早く見なくては!(白虎隊とか)
「太閤記」ゲーム、後でじっくり頑張ります!!
コメントありがとうございました!

明智光秀についてなんか知りませんか?
今そううゆうの探してるんですお願いします
ぺこぺこ^^

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun