明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2006年11月 6日

なんか残念な「信長の棺」

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (2) | トラックバック (0)|

信長の棺、うぅーむ…やっぱり、どうなの?(^_^;)
ややこしい話をあの短時間にまとめるのはムリかな、と。

言ってはいけないのかも知れないが、やっぱり松岡信長若すぎだろー(^_^;)

げ、原作もあまり好きではなかったわたしとしては…まぁこんなものかと…。

信長の棺は視点が新しいだけで、描き方が不完全燃焼気味なんですよね〜。
それから、ドラマで牛一の信長信者ッぷりがあまり表現されてない気がしたんですが。

で、実は信長の棺を読んで、つみれは思ってしまったのです…。

太田牛一が主人公の話があるなら、

『明智軍記』を書いた人の話があったっていいじゃないか!

…っていうか自分で書く!
(↑文才ないくせに何を言い出すのか)

そんなわけで、今まであえて避けて通ってきた「明智軍記」、Amazonで取り寄せ中…(^_^;)
どうせいつかは読まねばならぬ一冊。

でも明智軍記を書いた人の話って…そもそも書いた人誰?!(笑)

どっちにしても私が書くとギャグにしかならないのだが。(以前の悪いみつひで君並みに)
そのうちに小説家つみれが誕生する…かもしれない?

 
 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/432


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

つみれ様こんばんは。

11月5日深夜....
「さーて録画した信長の棺を少し見てみるかな。ん?...あれ?なんにも撮れていない。がーん。」
というわけで信長の棺は見れていません。
「つみれ様の感想はいまいちのようだし、そんなに面白くなかったんならいいや、ふん!」
と開き直っております。
しかしショック...。

daizu様こんばんは。

私は「信長の棺」の原作自体に不満を持っていたので、余計残念な気がしてしまったのかもしれません。芸達者ぞろいの出演者の分、よけいにシナリオと松岡信長が浮いてしまったように感じてなりません。

「信長の棺」は、信長様の最後が本当に…イヤン。(^_^;)
考察とかはなんか本当にありそうなんですが、あの信長様がそんな終わり方なんて悲しすぎます。
もしかすると、「秀吉の枷」を読むともう少し深い話が書いてあるのかな、と思って機会があったら「秀吉の枷」も読んでみようかと思うのですが、そこはやっぱり明智ファン。明智光秀が出てこなそうな小説はなかなか手が出ないんですよね(笑)

他に読むものがなくなったら読んでみようと思います!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun