明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年11月 9日

我輩は亀である、な明智小説【石亀の妖術】

【書籍】

| コメント (2) | トラックバック (0)|

最近立て続けに明智光秀本を読んでいるので、どのネタがどの本だったか分からなくなりそうです。

とりあえず、明智軍記異聞 石亀の妖術という本を読みました。

PAP_0000.jpg


我輩は亀である、な小説(!?)

物語のストーリーテラーとして亀さんが語ってくれます。全体の三分の一くらいが亀さんの独白です。でもいっそのこと全部亀さんが語ってくれればいいのにと思いました。

前半は本能寺に至るまでの光秀様。そして後半がこの小説最大の特徴。明智光秀の子供たちの山崎合戦後の運命が描かれております。かなり悲劇です。島左近が嫌いになりそうでした。ぎりぎりでいい人になってるけど、あのまんまだったら今頃私は「島左近のバカー!」と大声で叫んでいたにちがいありません(^_^;)。

そして、やっぱり出て来る“天海僧正”。果たして南光坊天海の正体はいかに?!ってな感じ。

文章はまぁ読みやすいのですが、構成がイマイチ。話が飛び飛びになるので感情移入はしづらい。さらに致命的なミスを数カ所で発見。かなり興ざめ。作者の方のプロフィールを見るとやはり純粋プロの物書きさんではない様子。

だいたい、他力本願の意味を本来の意味じゃない使い方をしてるのも、どうかと思うし、戦国時代に生きている亀の語り口で“バウンド”とか外来語使っちゃうのも少々違和感がある。一番最悪なのは“信長公”と“信玄公”を間違えたところ。確かににてるけどね。私も間違えそうだ(信長と信玄の間違いは出版社のミスかもしれませんが)

着眼点やアイデアはいいだけに残念でなりません。

そして、最後の三行で私は呪にかかりましたよ。……そうか、そうだったのかも、と思っちゃった♪←ここが喜ぶべきところなのかは読んだ人だけが判断できる(笑)

厳しい評価を下すと、まぁ、明智ファン以外には何の魅力もない小説かもしれません。が、明智ファンとしては楽しませてもらいました♪

 
 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/433


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

つみれ様こんにちは。

亀が語るっていうのは面白いですね。島左近のことが嫌いになりそうな内容なんですねー。しかし、石亀の妖術...すごいタイトル。

先日ご紹介いただきました2冊の本を手に入れました(まだ読んでいませんが)。明智光秀と旅の本なんて立派ですねー。大満足です。ありがとうございました!

daizu様こんばんは!

この小説では島左近がですね〜、筒井順慶の養子になっていた乙寿丸(光秀二男)とのからみで出てくるのです。いろいろ複雑な事情があるのですが、明智一族掃討の網をかいくぐって、乙寿丸は許婚だった島左近の娘と駆け落ち(?)しちゃいまして。で、かわりに覚寿(光秀三男)を乙寿丸と偽って差し出そうなんて策を遂行しちゃったんでございます。それも毒殺…なんてことするんだー!!!全体から見れば短いシーンだったんですが、こんな、ひどすぎる…(T_T)。でもまぁ、後に反省したようですし、覚寿くんも立派な最期(?)を遂げましたので、許してあげますです。
最後の三行は明智一族の末路を最後まで見守った亀さんの独白でこの小説を読んでくれた貴方様が、ひょっとして私の転生先では…(以下略)と書いてあったので、きっとそうに違いない!と、つみれは思ったのでした(←おバカ)


明智光秀と旅―資料で再現する武人の劇的な人生」は本当に立派ですよね〜。この作者の方と明智光秀について語り合いたいです!すごい執念で日本全国(といっても過言ではない)明智光秀めぐりをなさってるなぁと思います。
私みたいに光春の鎧兜を見たくて東京国立博物館に行って展示してないからってあきらめずに所員の人に聞いちゃってますから。(それでも結局わからなかったみたいですけど)ぜひ見習いたいです!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun