明智光秀はお嫌いですか?【二の丸】ミーハー明智光秀ファンのブログ

2006年07月22日

女信長

お奨め“しない?”書籍

| コメント (0) | トラックバック (0)|

女信長佐藤賢一


信長が女だったと仮定した場合のIF小説のようなものですねぇ。

とりあえず、南蛮かぶれの光秀さまがウザ可愛いです♪後半になるにつれ、光秀様の出番が増えていき、しまいには主役の女信長を差し置いて主役級の扱い?そして、本能寺のくだりは、かっこいいなぁ!!

以降の内容はネタバレを含みます。



















この本、慣れるまで読みにくかった…。内容もさることながら、文体が…。なんというかこう、主語はどこ?!みたいな状態に悩まされること多々。テンポに慣れるまでに少々時間がかかりました。
っていうか、信長を女にしちゃったか…。そーですか、そーですか。
信長は女であることを隠しつつ織田家棟梁として頑張っているという設定。

一応、元を正せば“信長ファン”だった者として、冒頭の蝮殿との会見のシーンからすでに本を投げ捨てたい衝動にかられたワケなんですが…(T_T)。はっ。いかん、いかん、本を粗末に扱ってはダメだ。(*^_^*)
一応、光秀様が出てくるところまでは読まねば…と思い、読み薦めて行くと、コレがなんとも面白くなってきた。
信長と濃姫の女の友情で結ばれた親友同志の会話とか可愛いのなんのって。

まぁ、いろいろあって、光秀様登場ですよ。
光秀様は浪人中に“南蛮流”を勉強していた設定になっていて、すでに“南蛮流”に興味を持っていた女信長と妙に気が合っちゃったわけです。でも、待って、光秀様!そんなに信長に変な“南蛮流”知識を吹き込まないで!(笑)信長様が変な方向にいっちゃうよ!!

そいでもって、本能寺ですが…。

まず、信長が女であることに気づいた秀吉が毛利と結託して信長にゆすりをかけます。それに怒った信長が光秀に“秀吉が「信長が女である」ということをバラしたら天下が危うくなる”から先行して天皇に譲位を迫るため京に出陣せよ、という命令を下す…みたいな流れです。

この辺のくだりは複雑なので、実際読んでもらったほうがいいと思いますが、ここの分部の光秀様、めちゃくちゃカッコいいです!!めちゃくちゃ男らしいです!!惚れました!!(←ほめすぎです)

で、まぁ、最後はやっぱり天海ですよ。


信長が女だったという設定は抜きにして、本能寺の真相としてこの流れはありかもしれない。
秀吉が毛利と結託(謀叛の計画)
 ↓
それに気づいた信長が急遽方針変更。さっさと天下を掌握するために朝廷排除
 ↓
光秀に出陣命令(表向きは謀叛をしようとしている秀吉をやっつけるために中国へ、その実、京に攻めて来いと命令)
 ↓
朝廷をないがしろにするなんてゆるせん!by光秀
 ↓
「敵は本能寺にあり」みたいな。

個人的に納得できない分部もある小説ですが、とにかく光秀様がかっこよければいいんです。それだけで私的には価値があるんです。で、総合的に…面白い小説でした!




 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/123


コメントを投稿



明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国BASARAの光秀様は凄すぎる(だがそれも一興♪)

本ブログの作者のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【e-mail】info@startrun.jp
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代


 

StartRun