明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2006年7月 1日

『信長のクーデター』阻止のための本能寺。

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (8) | トラックバック (0)|

昨夜の「超歴史ミステリーロマン2戦国」はなかなかどうして面白かったです。

パートごとにそれぞれメイン話題が取り上げられていて、

1.関が原の合戦…関が原はおね様VS淀君
2.徳川幕府の設立…徳川幕府は天海と春日局が作った
3.大奥での春日の局…春日局VSお江の方
4.本能寺…本能寺の真相
5.その他もろもろ

…みたいな感じ。

関が原のおね様のパートも結構面白かった。前田玄以との関係とか。

天海=光秀の検証はまた筆跡鑑定ネタ日光東照宮慈眼寺願主光秀の灯篭でした。
でもそれらって“ふしぎ発見”で『別人』証明されたじゃん。でもロマン追求としては良しとする。

さて本能寺。
和泉元彌の信長様、結構はまっててかっこよかった!でも時期が悪かったですねぇ。脱税摘発された直後だよ…(^_^;)字幕で「5月20日に収録されたものです」みたいなテロップが。(^_^;)信長様…。
意外だったのが本能寺の理由。
てっきり「光秀クーデター説」でくるのかと思ったら「信長(の朝廷にたいする)クーデター阻止説」でございました。
信長がのんきに本能寺にいたのは光秀を本能寺に呼んだのがほかならぬ信長本人だったから…ということで、たとえば本能寺に光秀が急襲したとしたら、兵たちの騒音2Km先から大騒ぎになるから気がつくだろう、という仮説。
当世具足を実際に着て騒音を立ててみて、1万3千の兵がどれほどうるさいか検証していました。
話の途中であやうく八切止夫説に行くんじゃないかとドキドキしてましたが、そこまでぶっ飛んではいなかったようです、テレビ東京…(笑)


その他、コネタ(戦国時代の女性(武士の妻)が生首に死に化粧するエピソードとか)も充実していましたが、一つだけどうしても納得いかないことが。
春日局と天海が会ったときに、初対面にも関わらず天海の顔を見たとたん春日局が「お久しゅうございます」と言ったという仮説は余計だったんじゃないでしょうか…。
だって、本能寺当時ってお福ちゃんはまだ4つか5つぐらいじゃなかったっけ?父親の主君の顔ってそんなに記憶に残ってるかな?そんな設定いらないのでは?むしろ、天海とお福が徳川家に関わるところから共謀してたというほうがしっくりくる気がする…。 

 
 

コメントする(8)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/391


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

 はじめまして、戦国武将日記の橘と申します。

 私も、テレ東見ましたよ。
 結構ぶっ飛んでましたね。
 光秀=天海説は私も採用しているので良しとしても、明智一族の野望って言うのは…
 これまでもいくらでも出てるマイナーな説をあそこまで堂々と「新事実」といってしまう姿にはある意味感動もしました。

 私のブログでは明智光秀を最初に取り上げています。
 よろしければ、一度御覧になってください。
 ちょっとスタートの記事に戻るのがめんどくさいかもしれませんが、月別アーカイブを2005年10月まで戻して読んでいただくのがいいかもしれません。

 それでは、また来させて頂きます。

はじめまして、橘様!

はじめまして…というか、実はこっそり戦国武将日記を愛読している私としては、ぜんぜん初めてな気分ではないわけで…(*^_^*)てへっ。
そんな橘様からコメントをいただけて嬉しいです。

テレ東は本当にやってくれましたね!楽しかったです。結構大掛かりにやっていたのでびっくりしましたよ。しかもなぜこのタイミングだったのかが謎。やっぱり戦国自衛隊対策でしょうか(笑)

光秀=天海説はロマンですよね〜。本当にそうならカッコいいけど、やっぱりせいぜい秀満か息子かってところでしょうか…。
春日局の存在がやっぱり怪しいのです。絶対なにかあるに違いない!と思ってしまう。やっぱりロマンですネェ〜。

ぜひまたコメントくださいませ。
私も戦国武将日記に遊びに参ります!

 あら、つみれ様も御愛読いただいていたのですね。
 ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。

そうなのですよ。こっそーり愛読しているのですよ。
次の武将は誰かなぁといつも楽しみにしておりますです(*^_^*)。

光秀は奥が深いですよね〜
家康本人が、信長を本能寺に攻めたのは光秀ではないと言ってますし、逆に自分の部下に光秀を見習えというようなことを言ってますし。
しかしその後に作られた歴史では、信長殺しは光秀の所業とされて行ってもいますから、押し付けられたのかもしれないですね。家康の信長嫌悪は相当だったようで、江戸時代を通じて信長に関する書物・講談などはご法度でしたから、もしかしたら・・・もっと探れば面白い事実が・・・なんてこともありそうですし
また、遊びにまいります(^^ /

ユウ様!

明智光秀に関する決定的な歴史資料とかどこかに眠ってないですかね?たかだか400年〜500年前のことがどうしてこんなに分からないのか、本当に歴史が作られちゃっていて、悲しい限りです。(光秀擁護説で話をすすめていますが…)
もし天海が光秀もしくは光秀関係者なら日光東照宮を文字通り“掘り返したら”きっと何か出てくるに違いないと思っているのですが…。まぁ、掘り返すわけにはいかないと思いますけど(*^_^*)。

八切止夫のブログ方にもコメントありがとうございました!

実は僕も気になって、ずーっと探しているんです。出版社の方ともよく打ち合わせするので、毎回そんな話で盛り上がるんですが、やはり資料はないらしいです。
天海はもともと赤城の月舟和尚の門下に連なるような、地元の古い資料を入手はしましたが、天海の方面から追っていってもいいかな、とも。
その過程で、歴史には出ていない意外で面白い事実も手に入れました。まあ、おまけ程度にブログで書こうとは思っていますが・・・光秀ネタではないので(^^;;
また、おじゃまします!

おぉ!すごい!!ユウ様はなかなか興味深い内容を知ることの出来る立場のお仕事をなさっているのですね!
尊敬!!
天海を叩けば絶対何か出てくるに違いない!!(笑)きっと、徳川埋蔵金と一緒に(*^_^*)。なんでしたっけ?『かごめかごめ』の唄になにか秘密があるんでしたっけ?いつかその秘密を暴いてやる!!とか思ったりして。
とりあえず、今年はヒマを見つけて日光東照宮に行きたいと思っているのですが…。

ユウ様!ぜひぜひまたきて、そして新しい情報があったら教えてください!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun