明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2006年7月22日

お、お奨めはしないよ!でもあえて紹介するよ!

明智光秀関連「書籍」

| コメント (9) | トラックバック (0)|

信長関係の小説を2冊ほどご紹介…。

でも、

お、お奨めはしないよ!
決して読んで欲しいわけじゃないよ?!

た、ただ…読んでしまった私としては、誰かにこのとこを伝えたい衝動に駆られたわけでして。
笑ってごまかすことの出来る方だけ読んでくださいませ!

************************************************************
信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス

女信長

************************************************************


ほらぁ・・・だからお奨めしないって言ったじゃん?

前者で信長は『両性具有』ってやつで、後者は文字通り『女』であります。

…そうきたか…(^_^;)。


前者『信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』の方は、
わざわざ、信長にそんな設定持ち込まなくてもいいのに・・・と思うような内容です。宗教とか神話とかオカルトちっくな話を受け付けられない方は読まないほうがいいと思う。要は信長は神だった!って話です。実は舞台は戦国ではなく1930年のドイツ。で、主人公に当たる人が“信長”が両性具有者でいかにして天下を取ったか“神になったか”を知っていくというのが流れです。

後者『女信長』の方は、
まんま『信長は女だった』という話です。女であることを隠して織田家を統べているという設定。
もうね、一瞬しょっぱなから本を投げ捨てようかと思ったよ(^_^;)。でもまぁ信長が女だったら“女の武器”くらい使うわな・・・。最初はあまりの事の重大さに読むのやめようかと思ったけど、こらえて読んでたら、だんだん面白くなってきた。特に女同士の友情で結ばれた“濃姫”との関係とか姉妹みたいでほほえましい。そして南蛮かぶれの光秀様がウザかわいい(造語)信長にへんな南蛮流を吹き込むなよ、光秀!(笑)


で、両方に共通していること、といえば…。


光秀様と恋仲!!!!!

いやー、変な妄想はやめてー!!!!

でも、面白かったの。それなりに。
『アンドロギュヌス』の方では“秀吉”のキャラクターがなんかこう、可愛かったんですよ。
それから、『女信長』の方は、恋仲なのは別問題として、『本能寺の理由』としては「これもアリかもしれない?!」と思うような内容だったりして面白かった!
で、どんな内容だったか、もう少し語りたいのですがこれ以上はネタバレ炸裂だし、受け付けられない人もいるかと思い…トップページにその内容が書いてあるのはどうかと思ったので…別のページ作った!

→(女信長)
→(信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス)
※ネタバレ分部がありますので、これらの本を読む前の方でネタバレ困る方は見ないで下さいね!

 
 

コメントする(9)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/398


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

はじめまして。明智光秀で検索してまいりました。
とても楽しく記事拝見させて頂きました。

私も光秀ファン歴が長いんですが、両性具有の信長様と恋仲とは!(-_-;)
でも、光秀様がかっこいいと聞いては放っておけません。読んでみようかな・・・。

またお邪魔いたします☆

つみれ様お久しぶりです!!

ご本文と関係ない話で恐縮なのですが...
今日本屋さんで「ビジュアル 日本の歴史 第130号 -羽柴秀吉、京へ疾走す!」という、
お馴染みディアゴスティーニさんの雑誌を購入しました。

タイトル通り、光秀の話もちょこちょこと載っているのですが、それよりなにより!!
この雑誌の特別付録が「明智光秀自筆覚書(もちろんレプリカ)」なのです!!!
脇目も振らずレジに直行して買ってしまいました('▽'*)
完璧印刷物だとは判るけれども、なんだか嬉しいもんですね。

既にご存知でしたら申し訳ありません。ではでは!!

はじめまして!michan様

もうね、本能寺は信長様と心中ですよ(^_^;)びっくりですね!(笑)妖艶な信長様と美青年(?)の光秀様ですよ。
なんかこう、新しい世界を見た気分ですね!
michan様に広い心(笑)があるのならぜひ読んでみて下さい!新境地が開けます(?)。
女信長の方は、光秀ファンだと前半(光秀様が出てくるまで)退屈(?いや、女の信長様って全然退屈じゃないと思うけど)かも知れませんが、後半はほとんど光秀様主役っぽい扱いですから、もう嬉しい限りですよ。
ぜひまた遊びに来てくださいませ!


ぱぴよん様、お久しぶりです!

毎日暑いですネェ…って、「ビジュアル 日本の歴史」?!
うわっ!ノーチェックでした!!
なんと、明智光秀自筆覚書が付録?!これは、買いに行かねば!うわっ!うわ!早く本屋さんに行かねば!
ひえーーー、あやうくそんな重要なものを見逃すところでした!
教えてくださって感謝感激!ありがとうございます!
では早速買いに行かねば!(^o^)丿

こんなお話も・・・・

本能寺の変より数日後。京より東へ百里、駿河之国富士芝川の西山本門寺の黒門に一人の男が辿り着いた。男の名は、信長から厳命を託された日海上人が密かに使わした、原宗安。

本能寺で信長と囲碁の対極で同席をしていた日海は、蟻も這い出せぬ厳戒の中より秘策にて信長の首を持ち出し、かつて修行をしていた西山本門寺に原宗安を遣わし、そこに首を安置させた。それが今に残る、信長の首塚である。

西山本門寺は、日興の法脈を継承する静岡県富士郡芝川町西山671にある寺院です。

ユウ様

レス遅れすみません。
ユウ様ホント歴史詳しいですね!すごいなぁ。
西山本門寺かぁ…。
信長の首…。

歴史って、本当に分からないことだらけですねぇ!

 はじめまして。
 ユウさんの「お江戸今昔堂」へ入り浸りの者(ババア)です。
 信長が女ですか? もしも信長が女性だったら・・
 女性なら本能寺クーデター現場では、濃御前と涼しい顔して?避難すれば良いですしね。後は本性現して誰かの側室なり正室同然の座へ納まれば問題なし。濃御前は最初から解っている事なので、こっそりこれまた誰かの奥さんに納まれば悪くない。
 だとすると、カブキ者に囲まれてた頃の”メンバー”の誰かの元へ納まれば一番座りが好い。カブキ組は”彼女”の取り巻き(彼氏軍団・ホスト? ツバメ?)だったって事になります。
 ”将来”の旦那候補です。すでに誰かと出来ていたかも。
 だとすると、おこぼれ?(お手当の現物支払い)で、濃御前もかぶき組の誰かをこっそり貰い受けていた可能性大ですね。
 光秀は”彼女”の正体を何かで知り、信長を強請った・・ 表向き従順な部下・・ 陰では主君を強請り、金品強請らず体を所望した? 勿論はねつけたでしょう。代わりに動いたのが”茶器”です。これなら信長の本体以上に価値がありますからね。
 故に信長は昼間、暴君として陰湿な光秀を懲らしめた。そのうちに光秀、茶器の裏取引も巧くいかなくなり交渉決裂!→本能寺の変勃発。 危機一髪! 信長公と濃御前は”僧形”で脱出。女装は既に面が割れている。男装(かぶきファッションも、真面目ファッションも)も面が割れている。僧形なら大丈夫か? 髪をそり落としているのが意外に効果発動で敵も味方も騙された。
 過去に比叡山を思い切り焼き討ちして、坊さんを毛嫌いしてますからね。冗談でも僧形はしないであろうと、光秀も固定概念に囚われ、本命を逃してしまった。
 逆に、女信長に関係を迫られ、はねつけた故に嫌がらせは受ける・茶器も取られると散々な目に遭ったのかもしれません(松永弾正久秀も同じ運命か)。そのうち取られる茶器も無くなった。
 絶体絶命・・かくなる上は本能寺の変。そちらの方が信憑性ありそうですね。
 そういう説も作れます。
 

ブーブブ様、はじめまして!いらっしゃいませ♪

せっかくコメントいただいていたのにレスが遅くて申し訳ありません。普段こんなことないんですが、ここのところ少しバタバタしてまして、申し訳ありません。

女信長!そうなんですよ〜、信長が女って聞いて最初「え?」って思ったんですけど、だんだん想像を広げたら納得できることもあって…。
どうもこう信長の「ヒステリック」なところがなんとも女性だと思うと納得できちゃったりして。
それでまた信長の肖像画を見たら女性っぽいかな?とか思い始めたりして(笑)

上杉謙信女性説を始めて聞いたときも、川中島の戦いのしつこさとかを思うとヒステリックな女性っぽいかな?とか納得しちゃったりして。

本能寺の変についてはいろいろ想像が膨らみますね〜。タイムマシンが出来たら絶対光秀様にインタビューしにいきたいです!
ついでに信長様の茶会に出たいです!
一応、一通り作法知ってるんですよ、私。中学生の時茶道部でした(笑)実際はお菓子食べていただけだったど(*^_^*)…。

レス遅くなっちゃいましたが、コレに懲りずにぜひまた来て下さいね!

>つみれ様
 初回?でいきなり長々書き込んで申し訳ございません。

 謙信まで女だったらこの世は何でもありだ!って言っちゃいますけど、確かに今は、悪い意味で”何でも有り”の世の中ですので、これはいけませんね。
 
 昔勤めていた会社の上司も、信長顔負けの超短気男でした。今は、ねちこい男も実に多いですね。おかげでストーカー事件が目白押しですし・・
 切れやすい男もやたら多い。ドメスティックヴァイオレンスに殺人事件・・ 名だたる武将と一緒くたにするのも何ですが、案外珍しく無いのかも・・ですね。

こんにちは、ブーブブ様!

>ドメスティックヴァイオレンスに殺人事件
おお!なんか納得。
戦国武将とかってストレスいっぱいかかっていそうですし、そういったこともあるかも知れませんね。
食糧事情とかどうだったんでしょう?カルシュウム不足だとイライラしたりするといいますけど、戦国時代ってカルシュウムは充分だったんでしょうかね?なんかそうゆうところまでいろいろ考えるのも面白いですね〜。
食糧事情から考える“本能寺の変”とか楽しそうです(笑)

ぜひぜひまたコメントしてくださいね!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun