明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年7月22日

お、お奨めはしないよ!でもあえて紹介するよ!

明智光秀関連「書籍」

| コメント (9) | トラックバック (0)|

信長関係の小説を2冊ほどご紹介…。

でも、

お、お奨めはしないよ!
決して読んで欲しいわけじゃないよ?!

た、ただ…読んでしまった私としては、誰かにこのとこを伝えたい衝動に駆られたわけでして。
笑ってごまかすことの出来る方だけ読んでくださいませ!

************************************************************
信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス

女信長

************************************************************


ほらぁ・・・だからお奨めしないって言ったじゃん?

前者で信長は『両性具有』ってやつで、後者は文字通り『女』であります。

…そうきたか…(^_^;)。


前者『信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』の方は、
わざわざ、信長にそんな設定持ち込まなくてもいいのに・・・と思うような内容です。宗教とか神話とかオカルトちっくな話を受け付けられない方は読まないほうがいいと思う。要は信長は神だった!って話です。実は舞台は戦国ではなく1930年のドイツ。で、主人公に当たる人が“信長”が両性具有者でいかにして天下を取ったか“神になったか”を知っていくというのが流れです。

後者『女信長』の方は、
まんま『信長は女だった』という話です。女であることを隠して織田家を統べているという設定。
もうね、一瞬しょっぱなから本を投げ捨てようかと思ったよ(^_^;)。でもまぁ信長が女だったら“女の武器”くらい使うわな・・・。最初はあまりの事の重大さに読むのやめようかと思ったけど、こらえて読んでたら、だんだん面白くなってきた。特に女同士の友情で結ばれた“濃姫”との関係とか姉妹みたいでほほえましい。そして南蛮かぶれの光秀様がウザかわいい(造語)信長にへんな南蛮流を吹き込むなよ、光秀!(笑)


で、両方に共通していること、といえば…。


光秀様と恋仲!!!!!

いやー、変な妄想はやめてー!!!!

でも、面白かったの。それなりに。
『アンドロギュヌス』の方では“秀吉”のキャラクターがなんかこう、可愛かったんですよ。
それから、『女信長』の方は、恋仲なのは別問題として、『本能寺の理由』としては「これもアリかもしれない?!」と思うような内容だったりして面白かった!
で、どんな内容だったか、もう少し語りたいのですがこれ以上はネタバレ炸裂だし、受け付けられない人もいるかと思い…トップページにその内容が書いてあるのはどうかと思ったので…別のページ作った!

→(女信長)
→(信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス)
※ネタバレ分部がありますので、これらの本を読む前の方でネタバレ困る方は見ないで下さいね!

 
 

コメントする(9)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/398


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

はじめまして。明智光秀で検索してまいりました。
とても楽しく記事拝見させて頂きました。

私も光秀ファン歴が長いんですが、両性具有の信長様と恋仲とは!(-_-;)
でも、光秀様がかっこいいと聞いては放っておけません。読んでみようかな・・・。

またお邪魔いたします☆

つみれ様お久しぶりです!!

ご本文と関係ない話で恐縮なのですが...
今日本屋さんで「ビジュアル 日本の歴史 第130号 -羽柴秀吉、京へ疾走す!」という、
お馴染みディアゴスティーニさんの雑誌を購入しました。

タイトル通り、光秀の話もちょこちょこと載っているのですが、それよりなにより!!
この雑誌の特別付録が「明智光秀自筆覚書(もちろんレプリカ)」なのです!!!
脇目も振らずレジに直行して買ってしまいました('▽'*)
完璧印刷物だとは判るけれども、なんだか嬉しいもんですね。

既にご存知でしたら申し訳ありません。ではでは!!

はじめまして!michan様

もうね、本能寺は信長様と心中ですよ(^_^;)びっくりですね!(笑)妖艶な信長様と美青年(?)の光秀様ですよ。
なんかこう、新しい世界を見た気分ですね!
michan様に広い心(笑)があるのならぜひ読んでみて下さい!新境地が開けます(?)。
女信長の方は、光秀ファンだと前半(光秀様が出てくるまで)退屈(?いや、女の信長様って全然退屈じゃないと思うけど)かも知れませんが、後半はほとんど光秀様主役っぽい扱いですから、もう嬉しい限りですよ。
ぜひまた遊びに来てくださいませ!


ぱぴよん様、お久しぶりです!

毎日暑いですネェ…って、「ビジュアル 日本の歴史」?!
うわっ!ノーチェックでした!!
なんと、明智光秀自筆覚書が付録?!これは、買いに行かねば!うわっ!うわ!早く本屋さんに行かねば!
ひえーーー、あやうくそんな重要なものを見逃すところでした!
教えてくださって感謝感激!ありがとうございます!
では早速買いに行かねば!(^o^)丿

こんなお話も・・・・

本能寺の変より数日後。京より東へ百里、駿河之国富士芝川の西山本門寺の黒門に一人の男が辿り着いた。男の名は、信長から厳命を託された日海上人が密かに使わした、原宗安。

本能寺で信長と囲碁の対極で同席をしていた日海は、蟻も這い出せぬ厳戒の中より秘策にて信長の首を持ち出し、かつて修行をしていた西山本門寺に原宗安を遣わし、そこに首を安置させた。それが今に残る、信長の首塚である。

西山本門寺は、日興の法脈を継承する静岡県富士郡芝川町西山671にある寺院です。

ユウ様

レス遅れすみません。
ユウ様ホント歴史詳しいですね!すごいなぁ。
西山本門寺かぁ…。
信長の首…。

歴史って、本当に分からないことだらけですねぇ!

 はじめまして。
 ユウさんの「お江戸今昔堂」へ入り浸りの者(ババア)です。
 信長が女ですか? もしも信長が女性だったら・・
 女性なら本能寺クーデター現場では、濃御前と涼しい顔して?避難すれば良いですしね。後は本性現して誰かの側室なり正室同然の座へ納まれば問題なし。濃御前は最初から解っている事なので、こっそりこれまた誰かの奥さんに納まれば悪くない。
 だとすると、カブキ者に囲まれてた頃の”メンバー”の誰かの元へ納まれば一番座りが好い。カブキ組は”彼女”の取り巻き(彼氏軍団・ホスト? ツバメ?)だったって事になります。
 ”将来”の旦那候補です。すでに誰かと出来ていたかも。
 だとすると、おこぼれ?(お手当の現物支払い)で、濃御前もかぶき組の誰かをこっそり貰い受けていた可能性大ですね。
 光秀は”彼女”の正体を何かで知り、信長を強請った・・ 表向き従順な部下・・ 陰では主君を強請り、金品強請らず体を所望した? 勿論はねつけたでしょう。代わりに動いたのが”茶器”です。これなら信長の本体以上に価値がありますからね。
 故に信長は昼間、暴君として陰湿な光秀を懲らしめた。そのうちに光秀、茶器の裏取引も巧くいかなくなり交渉決裂!→本能寺の変勃発。 危機一髪! 信長公と濃御前は”僧形”で脱出。女装は既に面が割れている。男装(かぶきファッションも、真面目ファッションも)も面が割れている。僧形なら大丈夫か? 髪をそり落としているのが意外に効果発動で敵も味方も騙された。
 過去に比叡山を思い切り焼き討ちして、坊さんを毛嫌いしてますからね。冗談でも僧形はしないであろうと、光秀も固定概念に囚われ、本命を逃してしまった。
 逆に、女信長に関係を迫られ、はねつけた故に嫌がらせは受ける・茶器も取られると散々な目に遭ったのかもしれません(松永弾正久秀も同じ運命か)。そのうち取られる茶器も無くなった。
 絶体絶命・・かくなる上は本能寺の変。そちらの方が信憑性ありそうですね。
 そういう説も作れます。
 

ブーブブ様、はじめまして!いらっしゃいませ♪

せっかくコメントいただいていたのにレスが遅くて申し訳ありません。普段こんなことないんですが、ここのところ少しバタバタしてまして、申し訳ありません。

女信長!そうなんですよ〜、信長が女って聞いて最初「え?」って思ったんですけど、だんだん想像を広げたら納得できることもあって…。
どうもこう信長の「ヒステリック」なところがなんとも女性だと思うと納得できちゃったりして。
それでまた信長の肖像画を見たら女性っぽいかな?とか思い始めたりして(笑)

上杉謙信女性説を始めて聞いたときも、川中島の戦いのしつこさとかを思うとヒステリックな女性っぽいかな?とか納得しちゃったりして。

本能寺の変についてはいろいろ想像が膨らみますね〜。タイムマシンが出来たら絶対光秀様にインタビューしにいきたいです!
ついでに信長様の茶会に出たいです!
一応、一通り作法知ってるんですよ、私。中学生の時茶道部でした(笑)実際はお菓子食べていただけだったど(*^_^*)…。

レス遅くなっちゃいましたが、コレに懲りずにぜひまた来て下さいね!

>つみれ様
 初回?でいきなり長々書き込んで申し訳ございません。

 謙信まで女だったらこの世は何でもありだ!って言っちゃいますけど、確かに今は、悪い意味で”何でも有り”の世の中ですので、これはいけませんね。
 
 昔勤めていた会社の上司も、信長顔負けの超短気男でした。今は、ねちこい男も実に多いですね。おかげでストーカー事件が目白押しですし・・
 切れやすい男もやたら多い。ドメスティックヴァイオレンスに殺人事件・・ 名だたる武将と一緒くたにするのも何ですが、案外珍しく無いのかも・・ですね。

こんにちは、ブーブブ様!

>ドメスティックヴァイオレンスに殺人事件
おお!なんか納得。
戦国武将とかってストレスいっぱいかかっていそうですし、そういったこともあるかも知れませんね。
食糧事情とかどうだったんでしょう?カルシュウム不足だとイライラしたりするといいますけど、戦国時代ってカルシュウムは充分だったんでしょうかね?なんかそうゆうところまでいろいろ考えるのも面白いですね〜。
食糧事情から考える“本能寺の変”とか楽しそうです(笑)

ぜひぜひまたコメントしてくださいね!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年7月22日

女信長

お奨め“しない?”書籍

| コメント (0) | トラックバック (0)|

女信長佐藤賢一


信長が女だったと仮定した場合のIF小説のようなものですねぇ。

とりあえず、南蛮かぶれの光秀さまがウザ可愛いです♪後半になるにつれ、光秀様の出番が増えていき、しまいには主役の女信長を差し置いて主役級の扱い?そして、本能寺のくだりは、かっこいいなぁ!!

以降の内容はネタバレを含みます。



















この本、慣れるまで読みにくかった…。内容もさることながら、文体が…。なんというかこう、主語はどこ?!みたいな状態に悩まされること多々。テンポに慣れるまでに少々時間がかかりました。
っていうか、信長を女にしちゃったか…。そーですか、そーですか。
信長は女であることを隠しつつ織田家棟梁として頑張っているという設定。

一応、元を正せば“信長ファン”だった者として、冒頭の蝮殿との会見のシーンからすでに本を投げ捨てたい衝動にかられたワケなんですが…(T_T)。はっ。いかん、いかん、本を粗末に扱ってはダメだ。(*^_^*)
一応、光秀様が出てくるところまでは読まねば…と思い、読み薦めて行くと、コレがなんとも面白くなってきた。
信長と濃姫の女の友情で結ばれた親友同志の会話とか可愛いのなんのって。

まぁ、いろいろあって、光秀様登場ですよ。
光秀様は浪人中に“南蛮流”を勉強していた設定になっていて、すでに“南蛮流”に興味を持っていた女信長と妙に気が合っちゃったわけです。でも、待って、光秀様!そんなに信長に変な“南蛮流”知識を吹き込まないで!(笑)信長様が変な方向にいっちゃうよ!!

そいでもって、本能寺ですが…。

まず、信長が女であることに気づいた秀吉が毛利と結託して信長にゆすりをかけます。それに怒った信長が光秀に“秀吉が「信長が女である」ということをバラしたら天下が危うくなる”から先行して天皇に譲位を迫るため京に出陣せよ、という命令を下す…みたいな流れです。

この辺のくだりは複雑なので、実際読んでもらったほうがいいと思いますが、ここの分部の光秀様、めちゃくちゃカッコいいです!!めちゃくちゃ男らしいです!!惚れました!!(←ほめすぎです)

で、まぁ、最後はやっぱり天海ですよ。


信長が女だったという設定は抜きにして、本能寺の真相としてこの流れはありかもしれない。
秀吉が毛利と結託(謀叛の計画)
 ↓
それに気づいた信長が急遽方針変更。さっさと天下を掌握するために朝廷排除
 ↓
光秀に出陣命令(表向きは謀叛をしようとしている秀吉をやっつけるために中国へ、その実、京に攻めて来いと命令)
 ↓
朝廷をないがしろにするなんてゆるせん!by光秀
 ↓
「敵は本能寺にあり」みたいな。

個人的に納得できない分部もある小説ですが、とにかく光秀様がかっこよければいいんです。それだけで私的には価値があるんです。で、総合的に…面白い小説でした!

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/397


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年7月22日

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス

お奨め“しない?”書籍

| コメント (0) | トラックバック (0)|

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス


とにかく一度読んで騙されてみて!
ただし、何が起きても、いかなることも広い心で許せる余裕のある方限定で(笑)

以降の内容はネタバレを含みます。


















…ある読書好きの友人から、「とにかく、読んで騙されてみろ」と言って奨められた本です。普通人に本を薦める時って「騙されたと思って読んでみろ」って言うんじゃないのかな〜?と思いながら読んで、すぐに友人の意図がつかめました。なるほど、騙される、これは。いろんな意味で。

神話とかでよく出てくるような話だよね。まぁ…。
もう信長様になっちゃってるし。
今川義元とか武田信玄とか、呪い殺しちゃって(?)るんですよ。
浅井朝倉のしゃれこうべのエピソードは“サロメ”になぞらえちゃってたりとか。
もう、やりたい放題ですね。
なんか、この手の話は、なにも信長でやんなくてもいいのになぁ…と思った。
どうせなら上杉謙信で…。
って謙信も呪殺(?)されてるし〜。なんつーか、上杉謙信とは神(要するに第六天魔王か?)VS毘沙門天の戦い(SFチック)になってたぞ…。


で、光秀様はどうなっているかというと…出番としてはあんまりないんですが(信長目線の時以外は秀吉目線で描かれている場合が多いので。というよりそもそもメインは戦国時代ではない。)そりゃーまぁ重要な役ですよ。なにしろ桶狭間の時にすでに信長様と関係を…!!

…そ、そ、そ、それはさておき、秀吉です。
半分女の信長に心底惚れちゃったわけですが、信長はまったく相手にしてくれません。だからもう、光秀にやきもち焼いちゃってもう、大変です。なんとか信長に気に入られたくて一生懸命がんばる秀吉けなげで可愛くて。
なんつーか、新しい秀吉像を見た気がする。

この小説のおかげで心底秀吉が好きになった!(こんな小説で…)


でもって、本能寺ですけど…。

本能寺の首謀者は信長って事になってます。
ええ、そうです。光秀様は信長様の命令で本能寺を攻めたのです。

要するに、これって、あれ? 心中?!

あ、いやいやいや。ちがう、ちがう(^_^;)要は聖書の言うところの“ユダ”役を光秀に命じたわけです。
本能寺での茶会なんてまさしく最後の晩餐ですよ。
あぁ、そっか、信長“神様”だったもんね!

でもって、信長様は『天下は秀吉にやる』と言ってのけちゃっているわけで、そりゃー光秀も山崎で負けないとね。愛しい(? )信長の命令だもの、ユダ役だもの。でもって、光秀様は死ななきゃならないんですもの、信長様のために!

なんというかもう、本当に…やりたい放題だよ!(^_^;)。

いろんな宗教の話も混じっててややこしいっていうのが一番の難点ですかね?
キライじゃないよ。私は。
むしろ、この秀吉は今まで読んだどの小説の秀吉より一番好き。
もう中国大返しなんて必死ですよ!愛する信長の仇打ちなんだからがんばっちゃうでしょう、そりゃ。

私はどうも『信長ファン』だった頃に“秀吉は信長の敵討ちをしてくれたいい人”という認識が定着してしまっているようで、『本能寺秀吉主犯説』にはあまんりなじめない。だからこそこういう秀吉が好きなのかもしれない。

とにかく一度読んで騙されてみて!

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/396


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年7月17日

光秀様!百均で信長公を発見!!身柄を拘束いたしましたぞ!!!

明智光秀グッズ?!

| コメント (7) | トラックバック (0)|

【設定】本能寺焼失後、織田信長の首級があがらず、焦る明智光秀。

伝令
「光秀様!ついに信長公を発見!その身柄を拘束いたしました!」

光秀
「なんと!生きておられたか!!」

信長
光秀ぇ・・・
(mp3ファイルです。クリックすると別ウィンドウが開いて多分聴けると思います。)

光秀
「信長公…これも・・・天下のためでございます。」

信長
是非に…及ばず…

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いえ、あの。
えぇっと。
すいません!!
ちょっとした出来心でして…。本当、ごめんなさい。

正体は、これ↓です。


モンタージュ・ヴォイス使用『歴史の魂(かけら)』というおもちゃです。
で、ようするに、肖像画やらなにやらから作った信長の声らしいです。
全部のセリフは「これは謀叛か?いかなる者の企てだ。光秀…是非に及ばず」となってますが、とりあえずいいとこだけカット。
信長様と会話してみました!

なんか、意外と普通の声じゃん、信長!!


・・・これ、100円均一のお店で投売りされていたんですが…。
見た瞬間、何じゃこりゃ!と思いまして即買いですよ!
えぇ。
たいした用もないのになぜか100円均一のお店に行かねばならぬ気がして足を伸ばしてみたら、信長様が私を待っていたわけですね!
っていうか、これ、いったい定価いくらだったんでしょうか…?!
他には新撰組バージョンと坂本竜馬バージョンがありました。

百均で投売りされてるってことは…売れなかったんじゃ…?!

 
 

コメントする(7)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/394


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

ちょっと前に流行った「開国シテクダサ〜イ」のペリーよりはまともそうでよかったですねw

しかし100円って…;

はじめまして。ランキングから来ました〜。
この信長様、自分も持ってますよ!自分の場合は、近所の西友で300円だったんですが、信長様のしかありませんでした。個人的に龍馬の声も聞いてみたいんですが…。

調べたら、定価は1900円みたいです。相当売れ残ったんでしょうかね…。まあ確かに1900円は高いかなと思いますが…。
100均にもあるんですか〜。もし近所の100均にも入ってきたら龍馬を買おう…。

それでは〜。

>てらぽん様!
>「開国シテクダサ〜イ」
あはははははははっ。ありましたね、それ!思い出しました!!ペリー笑いましたよ〜!だれがセリフ考えたんでしょうね、あれって。そのくらいはっちゃけたセリフのほうがコレも売れたんじゃないでしょうか?!
真面目すぎて失敗している気が…。
フィギアの出来も(海洋堂とかに比べると)あんまり良いとはいえないくせに、よく見ると矢が刺さった信長様片目つぶって痛そうな表情してたり、変なところに力入りすぎたおもちゃな気がします。
100円で売ってたらぜひ購入してみてくださいね!(笑)


>mansaku21様
はじめまして!関が原ブログのmansaku21様だー!!
実は関が原ブログ拝読しております!!
mansaku21様もこの信長様を持ってるんですか!(笑)
なんかもう、笑うしかないですよね〜。この信長様の表情が…笑うシーンじゃないのに、笑えてしまうのですが…。
でもこれ定価高っ!!!!
そ、それはさすがに売れないのでは…。何か他に付加価値があるわけでなし…。返事してくれるとか、癒し系ののセリフ言ってくれるとか(!それはそれでイヤかも…(*^_^*))なにかあればもっと…。
でも、私の場合万が一“明智光秀”があったらどんなに高かろうと買ってしまっていただろうと思うと光秀様は信長様より人気がなくてよかったとしみじみ思う今日この頃です。(人気がある武将だとグッズとかいっぱい発売されちゃっていていちいち集めなきゃいけなくなったら大変だろうな…と思うんです)

関が原ブログの方もまた拝読させていただきます!!
コメントありがとうございました!

>mansaku21様
なんと、定価1900円なのですか…100円均一に並ぶって、どんだけ売れなかったんでしょうね;

>つみれ様
あのペリーの人は、確か宮崎吐夢という人で、他にもあんなネタがいくつかあるそうです。クドカンの劇団の人だったはず。基本は「オカマ」と「ガイジン」だそうですw

信長やったらどうなるんでしょうね…「何これ、火事じゃないの!」とかみっともなく騒ぐ上様になりそうな…w

「うっそー、謀叛?!誰?!光秀〜?!やっだ〜!!」ぐらい言ってくれたら笑えて売れるかも!
それにしても、1900円は高すぎですよ〜(T_T)。フィギアの出来がもう少しよければ…。

はじめまして、100円なら買いですね。
光秀バージョンで「ときは〜」をしゃべってくれたら最高です。
1900円で買うかもです^^
そういえば光秀様関連でこんなネタありました
京都新聞電子版7/19より
「光秀の実像知って 亀岡市役所、再評価へPRビデオ放映」とのこと
ビデオは市立図書館で貸し出し予定だそうです。

>たま様、はじめまして!

100円でいい買い物しました(笑)。定価聞いて正直びっくりでしたけど!!
光秀様バージョンあったら絶対買っちゃいますよ〜。「ときは今〜」とか言ってくれたら嬉しいですね!

光秀様PRビデオ…そんなものがあるんですね!観たい〜!!うぅ…亀岡市民の皆様うらやましすぎる〜(T_T)。
亀岡市役所ホームページとかでオンライン公開してくれないだろうか…。亀岡市ホームページに「ご意見・提案などをお寄せください。」とか書いてあるからメールしてみようかしら…でも市役所ってことは、亀岡市民のかたの市民税で運営されているんですよね…。亀岡市民でない人間がでしゃばるのはよろしくないですね…(T_T)。
いつか亀岡光秀祭りを見に行きたいと思っているので、そのときにでも…。

たま様、情報ありがとうございましたm(__)m。
また何かあったらぜひ教えてください!!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年7月15日

酒を飲みたい歴史上の人物。去年の話題ですが・・・・

明智雑記

| コメント (6) | トラックバック (0)|

去年の話題ですが、今気がついたので(*^_^*)

去年の夏にアサヒビールが行なったアンケート。

『一度で良いから、お酒を飲み交わしたい歴史上の人物は?』のアンケートの話です。
夏になってビールが美味しい季節になったからなのか、某コミュニティーペーパーにこの話題が載っていました。
で、そのコミュニティーペーパーには総合順位順位しか載っていなかったわけで、まぁ、戦国武将に限って言えば

織田信長 2位
徳川家康 4位
豊臣秀吉 6位

とかなっているわけですが、総合順位があったなら、総合でない順位があったはずだよな?と思い、アサヒビールのホームページを検索。あった!男性回答の順位と女性回答の順位が…

男性の回答の7位に明智光秀の文字が!
去年この話題が出たときも総合順位しか見なかったから、光秀様がランクインしているなんて知らなかったよ!
やっぱりみんな、本能寺の変の謎には興味がおありなんですね!?

でも、光秀様、酒飲めないよ?(八切止夫は著書内で“飲める”と断言していたが)


まぁ、とりあえず、光秀様と語れるのなら、酒じゃなくて茶会でいいや。
(なんと!つみれは中学時代茶道部じゃ!学校でお菓子が食べれるところに魅力を感じた★)
連歌の会はやめてね。歌読めないから。

 
 

コメントする(6)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/393


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

お酒飲めない戦国武将っているんですね。
毛利元就はなるべく飲まないようにしてたのは知ってますが飲めないわけじゃないし。
明智光秀は下戸だったんですか。初めて知りました。
私も下戸なので酒の一つも飲めんとは・・・
と嘆いていましたが、光秀も飲めなかったとはうれしいです。
別に無理すれば飲めるんですけどね。どうしても苦い飲み物にしか感じないのでまったく飲む気しません。
信長その件でいじめたんじゃなかろうか・・・

謀叛の怨恨説のひとつで、浅井討伐後の酒宴で飲めない光秀を叱責した、というエピソードの講談があるらしいのです。でも最近だと同じシーンで行なわれる織田信長の暴挙“黄金のしゃれこうべ”のほうが派手で取り上げられやすいせいか、そっちのネタを取るほうが多いようですね。
エピソードとしては『大盆に注いだお酒を光秀に飲ませようとして飲めないからと断ったら「わしの酒がのめんのか!」と怒り出した』って感じですね。
黒犬様は飲めないのですね。
私は…飲めます。でも宴会の時だけなので、毛利元就派かも(笑)。
とりあえず妻夫木聡の部屋のタンスから明智光秀が出てきたら、茶会を開こう!(笑)。
あのCMで織田信長が出てきたとき、なぜ利久を呼ぶ?!そこは光秀だろう!!と横暴なことを叫んだものです(*^_^*)。

 ご無沙汰しています。このアンケートが行われていたのは知っていましたが詳細な結果は知りませんでした。
 これは、意外でしたね。明智光秀は「下戸」というイメージが浸透していると思っていましたから。
 でも、明智光秀は戦国武将の中では、石田三成と並んで
女性に人気があるという評判も聞いていましたが…。
 ちなみに、小和田哲男先生の『戦国武将』中公新書でも好きな武将アンケートで明智光秀が7位でした。

僕は島左近、滝川一益と飲んでみたいなぁ・・・
特に一益。カブキ者であり、甲賀衆の一益の話、楽しそう。
でも、人気の信長は酒が飲めなかったんですよね。残念至極にござる、ってところでしょうか(^^;;

>まったけ様!ご無沙汰してます!

こんばんわ!最近ちょっとバタバタしてまして、レス遅れてすみません!
光秀様ってどうも年配の方に人気があるような気がするのは気のせいでしょうか・・・。このサイトを始める以前にエキサイトブログで明智光秀ネタをしていたときも、ずいぶん年配の方からコメントを頂いていました。
最近はロンゲ若造のゲームイメージから女性ファンも増えているみたいですね!


>ユウ様!ご無沙汰でございます!\

じゃぁ、私は“前田利家”で!(笑)。
なんか、信長、秀吉、家康…と全部裏事情を知ってそうな感じがして、ぜひともいろいろ聞いてみたい!
やっぱり信長って謎多き人ですよね〜。
酔っ払わせたらとんでもないこと口走りそうで怖いかも。
っていうか、戦国時代のお酒って、美味しいんですかね?どぶろくみたいなやつなんでしょうか…どぶろくって飲んだことないですが・・・。泡盛なら飲んだ!で、すごく酔っ払った記憶が…(^_^;)。

えと、僕も興味があって以前調べたのを記事にしてたりします(^^;;
http://pub.ne.jp/lost_arrow/?entry_id=237524#more

ここにお酒の歴史の記事が・・・

お暇なときにでも(^^

僕は・・・もし信長がお酒飲めても、怖そう・・・
何かへたなこと言ったら、即座に斬られそうだし(笑)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年7月14日

明智光秀ファンのツボを抑えた今週のへうげもの

漫画の中の明智光秀

| コメント (4) | トラックバック (0)|

今週のモーニングのへうげものは、もう明智光秀ファンは感涙モノです。

敗戦濃厚の状態の光秀様がとっても渋い。

っていうか、明智ファンのツボを押さえすぎ!

もともと「へうげもの」は明智光秀&徳川家康との関係がとってもいい!

そして、細かい演出が、ツボを押さえております!

桔梗添えの味噌汁とか、秀満の甲冑とか!

コレ↓ 「うさぎさんの兜」

鉄錆地仏胴二枚胴具足(伝明智光春所有)東京国立博物館所有のうさぎさんの兜です!


あ、忘れてた!主人公の左介!

左介のニューヘアー(?)スタイルもステキよ!!!

 
 

コメントする(4)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/392


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

「へうげ」でまたお邪魔いたします。

比叡山からも人が来てるし、これは本当に光秀=天海の流れですね〜
しかし、小来栖って勝龍寺と比叡山の間にありますので、次回そこをどう通過するかが焦点かも。居眠りしていた秀吉が、光秀を確実に消そうとしているかいないかが不明なのも気になります。(あと弥助w)

武具なども出来る限り本物や本物らしいものを描いているところ、しかもアサガオ兜とか今週のウサミミとか、一見「それは創作だろ」と思ってしまうものを選んでいるのが良いですね。
しかし秀満ってどんなシュミだったんでしょうか^^;

わーい、てらぽん様こんばんは!

そうなんですよ〜へうげものはもうどう見ても「天海」な流ですよね!徳川家康なんて助けに行こうとしちゃってるし!!半蔵に止められてたけど(*^_^*)。

秀満の趣味は気になるところです(笑)。
一応、甲冑の本には「月光信仰」(うろ覚え)ってのがあって、それから来てるウサギさんじゃないか、とか書いてあったように記憶していますが、普通戦場で相手を威嚇したりするための飾りじゃないんでしょうか?!可愛いウサミミで和ませてどうするよ、秀満?

弥助〜、確かに気になる〜。
私が今「へうげもの」で一番気になることは…
例の茶杓が坂本城にあったりしたらどうする?左介?!ってことです!! (笑)。
次回が密かに楽しみです。

レスありがとうございます^^

なるほど、ウサミミは信仰関係でしたか。直江兼継の「愛」の兜も信仰関係のはずですしね…
でも、威嚇にならないという意見はごもっともですw

弥助はへうげワールドの石川五右衛門になるという憶測もありますけど、かなりいいキャラなんで長く活躍してほしいです。まさか「黒人召使い」をああいう風に描くとは…

左介がすり替えた茶杓、なんだか坂本にありそうですよね。私の予想は
1)本物の茶杓にすり替え直しておく(証拠隠滅)
2)他の名物も盛大にすり替える
のどっちかなのですが、1の現場を誰かに押さえられて「こ、これは元に戻しているだけでござる!」という展開を希望しています^^

直江兼続の愛ってステキすぎですよね。愛染明王でしたっけ?戦国時代って本当に信仰の対象がたくさんあったんですね!神様にすがりたい気持ち、わかるけど。
光秀様もなんか分かりやすいモチーフの兜とかかぶっててくれればよかったのに!!http://www.aduchimomoyama.com/s_16kabuto.htm
こうゆうのあったら、絶対買っちゃいますよ!私!!!


>「こ、これは元に戻しているだけでござる!」

すごい形相で焦るつるっぱげの左介が目に浮かぶようです!!(笑)。

弥助もあのまま埋もれさすには惜しいキャラですからね!今後もいろいろありそう。

へうげは今後も楽しみですね!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年7月 1日

『信長のクーデター』阻止のための本能寺。

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (8) | トラックバック (0)|

昨夜の「超歴史ミステリーロマン2戦国」はなかなかどうして面白かったです。

パートごとにそれぞれメイン話題が取り上げられていて、

1.関が原の合戦…関が原はおね様VS淀君
2.徳川幕府の設立…徳川幕府は天海と春日局が作った
3.大奥での春日の局…春日局VSお江の方
4.本能寺…本能寺の真相
5.その他もろもろ

…みたいな感じ。

関が原のおね様のパートも結構面白かった。前田玄以との関係とか。

天海=光秀の検証はまた筆跡鑑定ネタ日光東照宮慈眼寺願主光秀の灯篭でした。
でもそれらって“ふしぎ発見”で『別人』証明されたじゃん。でもロマン追求としては良しとする。

さて本能寺。
和泉元彌の信長様、結構はまっててかっこよかった!でも時期が悪かったですねぇ。脱税摘発された直後だよ…(^_^;)字幕で「5月20日に収録されたものです」みたいなテロップが。(^_^;)信長様…。
意外だったのが本能寺の理由。
てっきり「光秀クーデター説」でくるのかと思ったら「信長(の朝廷にたいする)クーデター阻止説」でございました。
信長がのんきに本能寺にいたのは光秀を本能寺に呼んだのがほかならぬ信長本人だったから…ということで、たとえば本能寺に光秀が急襲したとしたら、兵たちの騒音2Km先から大騒ぎになるから気がつくだろう、という仮説。
当世具足を実際に着て騒音を立ててみて、1万3千の兵がどれほどうるさいか検証していました。
話の途中であやうく八切止夫説に行くんじゃないかとドキドキしてましたが、そこまでぶっ飛んではいなかったようです、テレビ東京…(笑)


その他、コネタ(戦国時代の女性(武士の妻)が生首に死に化粧するエピソードとか)も充実していましたが、一つだけどうしても納得いかないことが。
春日局と天海が会ったときに、初対面にも関わらず天海の顔を見たとたん春日局が「お久しゅうございます」と言ったという仮説は余計だったんじゃないでしょうか…。
だって、本能寺当時ってお福ちゃんはまだ4つか5つぐらいじゃなかったっけ?父親の主君の顔ってそんなに記憶に残ってるかな?そんな設定いらないのでは?むしろ、天海とお福が徳川家に関わるところから共謀してたというほうがしっくりくる気がする…。 

 
 

コメントする(8)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/391


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

 はじめまして、戦国武将日記の橘と申します。

 私も、テレ東見ましたよ。
 結構ぶっ飛んでましたね。
 光秀=天海説は私も採用しているので良しとしても、明智一族の野望って言うのは…
 これまでもいくらでも出てるマイナーな説をあそこまで堂々と「新事実」といってしまう姿にはある意味感動もしました。

 私のブログでは明智光秀を最初に取り上げています。
 よろしければ、一度御覧になってください。
 ちょっとスタートの記事に戻るのがめんどくさいかもしれませんが、月別アーカイブを2005年10月まで戻して読んでいただくのがいいかもしれません。

 それでは、また来させて頂きます。

はじめまして、橘様!

はじめまして…というか、実はこっそり戦国武将日記を愛読している私としては、ぜんぜん初めてな気分ではないわけで…(*^_^*)てへっ。
そんな橘様からコメントをいただけて嬉しいです。

テレ東は本当にやってくれましたね!楽しかったです。結構大掛かりにやっていたのでびっくりしましたよ。しかもなぜこのタイミングだったのかが謎。やっぱり戦国自衛隊対策でしょうか(笑)

光秀=天海説はロマンですよね〜。本当にそうならカッコいいけど、やっぱりせいぜい秀満か息子かってところでしょうか…。
春日局の存在がやっぱり怪しいのです。絶対なにかあるに違いない!と思ってしまう。やっぱりロマンですネェ〜。

ぜひまたコメントくださいませ。
私も戦国武将日記に遊びに参ります!

 あら、つみれ様も御愛読いただいていたのですね。
 ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。

そうなのですよ。こっそーり愛読しているのですよ。
次の武将は誰かなぁといつも楽しみにしておりますです(*^_^*)。

光秀は奥が深いですよね〜
家康本人が、信長を本能寺に攻めたのは光秀ではないと言ってますし、逆に自分の部下に光秀を見習えというようなことを言ってますし。
しかしその後に作られた歴史では、信長殺しは光秀の所業とされて行ってもいますから、押し付けられたのかもしれないですね。家康の信長嫌悪は相当だったようで、江戸時代を通じて信長に関する書物・講談などはご法度でしたから、もしかしたら・・・もっと探れば面白い事実が・・・なんてこともありそうですし
また、遊びにまいります(^^ /

ユウ様!

明智光秀に関する決定的な歴史資料とかどこかに眠ってないですかね?たかだか400年〜500年前のことがどうしてこんなに分からないのか、本当に歴史が作られちゃっていて、悲しい限りです。(光秀擁護説で話をすすめていますが…)
もし天海が光秀もしくは光秀関係者なら日光東照宮を文字通り“掘り返したら”きっと何か出てくるに違いないと思っているのですが…。まぁ、掘り返すわけにはいかないと思いますけど(*^_^*)。

八切止夫のブログ方にもコメントありがとうございました!

実は僕も気になって、ずーっと探しているんです。出版社の方ともよく打ち合わせするので、毎回そんな話で盛り上がるんですが、やはり資料はないらしいです。
天海はもともと赤城の月舟和尚の門下に連なるような、地元の古い資料を入手はしましたが、天海の方面から追っていってもいいかな、とも。
その過程で、歴史には出ていない意外で面白い事実も手に入れました。まあ、おまけ程度にブログで書こうとは思っていますが・・・光秀ネタではないので(^^;;
また、おじゃまします!

おぉ!すごい!!ユウ様はなかなか興味深い内容を知ることの出来る立場のお仕事をなさっているのですね!
尊敬!!
天海を叩けば絶対何か出てくるに違いない!!(笑)きっと、徳川埋蔵金と一緒に(*^_^*)。なんでしたっけ?『かごめかごめ』の唄になにか秘密があるんでしたっけ?いつかその秘密を暴いてやる!!とか思ったりして。
とりあえず、今年はヒマを見つけて日光東照宮に行きたいと思っているのですが…。

ユウ様!ぜひぜひまたきて、そして新しい情報があったら教えてください!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun