明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年6月15日

“八切止夫”的「明智光秀」像の実態(若干誤解釈あり)

新説?明智光秀の実態

| コメント (0) | トラックバック (0)|

八切止夫氏の“明智光秀”書籍を読み漁った結果、わかったことがある。
それは、明智光秀書籍を読むだけでは駄目だ、ということだ(^_^;)
関係者全員の分の書物読まないと八切止夫の真意は読み取れないっす。

というわけで、関係者の書籍に手を出すことにしました。

真説・信長十二人衆信長殺しは、秀吉か徳川家康は二人だった



あれ?重要参考人斎藤利三の話はどれを読むとわかるんだろう…春日の局系の本だろうか…。まぁ、それはまた今度にしましょう。

それはいいとして、今までのところで、私が読み取った“八切止夫”的「明智光秀」像の実態をここにまとめようと思います。
(かなり私の誤解釈がありそうなので、“八切止夫”的「明智光秀」像つみれ風味と言った方がよさそう。


●マザコン/小見の方大好き♪

●シスコン/濃姫(なんと、異父妹という設定!)大好き♪

●濃姫と破局して失意のうちに結婚した嫁の名は「しら」

●マザコンぶりが行き過ぎ、小見の方が亡くなったときに「ママがいない国にいてもしょうがないモン!」と嫁と一緒に美濃を出奔!(天文20年4月)追い出されたわけでも城が落ちたわけでもなく自らニートの道を選択

●何とか朝倉家に仕官、職を見つけるもののうだつのあがらない毎日

●将軍足利義昭への会見料を嫁のへそくりと髪の毛でまかなう

●将軍義昭と細川藤考の策のせいで朝倉家にいづらくなる(この二人が「光秀が織田信長(の嫁濃姫)の血縁者だから織田家との仲を取り持ってくれるかもしれない!」と朝倉家から追い出そうとたくらんだ)

●四面楚歌になったところで嫁が機転を利かせて織田家の濃姫のところへ相談に行く

●嫁によばれて美濃に行ってみたら濃姫のはからいで突然お金持ちになっていた!(出資者は濃姫)

●斎藤利三は家来じゃない(与力。立場的に細川藤孝と同じような感じの信長直参)

●本能寺の変の犯人は明智光秀じゃない。信長に対して殺意を抱いたことも無い

●本能寺の“犯人(?)”は複数。(この辺がちょっと私の解釈も怪しい)

●光秀自身は本能寺後オロオロしていただけ


すごすぎるぜ、八切止夫…。
ステキすぎるぜ、この明智光秀…。

なんというか、典型的巻き込まれ型人生。

自ら選択したのは「ママ」がいなくなって出奔したところだけかい?!

そんな光秀様もス・テ・キ♪(ぉぃぉぃ…)

八切止夫の文章が読みにくい原因がわかりました。
途中まで「あくまで小説」として物語を脚色して書いているのに、途中で熱くなりすぎてレポート調になり、事実(と八切止夫が認識している)内容を書き出しちゃったりするので、前半分部と矛盾したことを後半で言っていたりするんですよね…。
面白いから良いけど!(笑)

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/387


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年6月15日

天王山の戦いについて

光秀様関係で気になること

| コメント (2) | トラックバック (0)|

◇インターネット辞書より◇
てんのうざん てんわう― 【天王山】
(1)京都府南部、乙訓(おとくに)郡大山崎町にある山。海抜270メートル。淀川に臨み、対岸の男山とともに京都に通ずる道の狭隘(きようあい)部をなす。
(2)〔1582年の山崎の戦いで、(1)を先に占領した豊臣秀吉軍が明智光秀軍を撃破したことから〕勝負を決する大事な場面や時。勝負の分岐点。

子供の頃、信長ファンだった私は信長後(本能寺後)の歴史にちっとも興味を持たない子供でした(^_^;)

で、野球のシーズン終了間際によく言われる「天下分け目の天王山」という言葉が明智光秀関連であることも知らなければ、戦国時代の話から来ていることも知らなかったんですね、実は。本当に『信長』しか知らない子だったのよ〜(T_T)

だから、実は、光秀ファンになって山崎の合戦で「天王山」ってフレーズが出たときに、それが場所を示す言葉だと思わずに、単純に”重要な局面である”という単なる比喩表現かと思ってしまったという恥ずかしい事態を招いたわけです。
無知って、怖いですね!

しかし、今でも「壇ノ浦」でも「関が原」でもなく、重要局面の比喩表現として「天王山」が使われるほど、天下分け目の重要な戦で負けるなんて、光秀様…(T_T)。
もう、事実上天下人だったのに、寸前まで勝利をつかんでいたのに負けるなんて、それはあれですか、その時の心境といったらもう、

想像するに…

ワールドカップのオーストラリア戦で残り6分守りきれば勝利ってときに3点も入れられて逆転負けした日本イレブンの気持ちと同じ…かもしれない(?!)

(T_T)

 

でも日本イレブンにはまだ次の試合がある!頑張ってくれ!!!!!

 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/386


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

ようやく大河も見ました。
玉偉い!よくぞ言ってくれた。
来週はとうとう来てしまいますね。
光秀、秀満桔梗の志はこのHPに受け継がれていますぞ!
さて乱波を農民に化けさせてこっそり助け出しますか・・・
今度は歴史の黒幕として活躍してもらいましょう。
長髪の僧正!?

大河見ましたか!ついに!
ちょっと、本能寺のシーンが“軽い”というか、“あっさり”している感じがしたんですが、どうでしょう?
玉ちゃんは、本当、感動だ!この後玉ちゃんに頑張ってもらわないといけないですからね!

さて、なんか、秀吉くんがみつひで君の首が見つからないってイライラしてるみたいよ?だって見つかるわけないもんねぇ、だってさっき農民に化けた乱波がみつひで君を助け…っ。えぇっと、あ!大変だ!早く坂本城篭城中の秀満くんのところに行って落ち延びるように伝えないと!
(あれ、秀満の命日は今日?昨日?)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun