明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2006年5月19日

明智光秀に翻弄される戦国史ストーリー(へうげもの編)

漫画の中の明智光秀

| コメント (14) | トラックバック (1)|

恐れ多くも(?)へうげもの official blogから、先日こちらの「明智光秀はお嫌いですか?」へトラックバックを受けたのをきっかけに、ちょこちょこチェックしていたら、やっぱり連載の宣伝が出ているわけで、そうなると、『単行本が発売されてから読むんだ!』という鉄の意志(?)がすっかり崩れ去って、モーニング25号の「へうげもの」を読んでしまった。私に鉄の意志を期待するのは無理のようだ。

直感的に「まだ光秀様存命中だ!」と喜んでしまう私。
本能寺が終わったらとっとと退場かと思ってた!
『三日天下』を深く掘り下げて描いてくださるなんて嬉しすぎる!
孤立無援状態に追い詰められていく光秀様(T_T)誰か助けてくれ〜!

と、ここまでは明智光秀ファンとしての理論。

ここからは「へうげもの」ファンとしての理論。せっかくの『へうげもの』なので、左介がもっとへうげて欲しい!


「へうげる」→「ひょうげる」→「おどける」という意味
 

織田軍団のストーリーではちょっとしょうがないのですが、どうしても「本能寺」に翻弄されてしまう。
この辺の『政変』を表現するのに、どうしても『信長』→『光秀』VS『秀吉』→『秀吉』をドラマチックに表現するがために、本来の主人公がおざなりになってしまったりする。
NHK大河ドラマの『功名が辻』なんてその顕著な例だと思います。明智光秀ファンとしては出番が多いのはとっても嬉しいいのですが、千代と一豊の物語に深みがでないのは悲しい。
「利家とまつ」の時はこれほど振り回されている感じしないんだけどな〜。
信長軍団(含む徳川・豊臣)以外であれば本能寺があっても「何?!あの明智殿が?!」の一言で片付けられるし(笑)、これが、大名主役の物語であれば、「光秀」側につくか「秀吉」側につくかの葛藤物語が描けるからいいのでしょうが、織田軍団の一配下武将ではいかんともしがたい。

左介(へうげものの主人公)ももっとへうげて欲しい!
なんかしでかして欲しいよ!
安土城での徳川接待でへうげてくれたときは

「さすがじゃ!左介!!でかした!」と叫んだものだ。

絡ませ方が上手かった!

頼む、左介!もっとくれ!


『センゴク』も今のところ、それほど上役連中に振り回されずに個性発揮しているみたいなので、今後に期待している。
 

コメントする(14)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

このエントリーのトラックバックURL:
http://startrun.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/374

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 明智光秀に翻弄される戦国史ストーリー(へうげもの編):

» モーニング25号は大好評発売中です。 from へうげもの official blog
   1582年6月7日。  「真の正義を行なう者以外には味方せぬ」 家康  「ただただ世を良くせんと欲するのみ」 光秀  「人間... [詳しくはこちら]


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

はじめましてm(__)m
歴史好き入ってる通りすがりのオタクですが…「へうげもの」は大変面白く読んでおります。
あの本能寺は斬新でしかも「ひょっとしたら本当にこうだったかも…」と思わせる名シーンでした。

「へうげ」では、ごひいきの光秀は誠実すぎて秀吉にダマされてしまう損な役回りですが、これまでさまざまな小説・マンガなどに登場した光秀の中でもかなり上位にランクするキャラではないでしょうか。このマンガはほんとうに各キャラクターの魅力が光っていると思います。

連載ではもうじき山崎の合戦、はたして光秀は史実通り討ち死にするのか、それとも天海になって徳川とともに復讐に燃えるのか、それとも…目が離せないマンガです。

とつぜんお目汚しで恐縮です。
ではでは、これにて失礼いたします〜^^

はじめまして!てらぽん様。
へうげもの、本当に興味深いですよね!あの信長様好きだったんだけどなぁ…。個人的には本能寺までもう少し引き伸ばしてもらいたかったです。信長も相当へうげていたじゃないですか!左介とのやりとりがとってもたのしかったです!
光秀様はいい描かれ方してますよね、本当。光秀って描かれ方でいろいろ解釈が変わるので、本当に興味深いです。
光秀様がいい感じで描かれている分、秀吉が…怖すぎます(>_はじめまして!てらぽん様。
へうげもの、本当に興味深いですよね!あの信長様好きだったんだけどなぁ…。個人的には本能寺までもう少し引き伸ばしてもらいたかったです。信長も相当へうげていたじゃないですか!左介とのやりとりがとってもたのしかったです!
光秀様はいい描かれ方してますよね、本当。光秀って描かれ方でいろいろ解釈が変わるので、本当に興味深いです。
光秀様がいい感じで描かれている分、秀吉が…怖すぎます(>_はじめまして!てらぽん様。
へうげもの、本当に興味深いですよね!あの信長様好きだったんだけどなぁ…。個人的には本能寺までもう少し引き伸ばしてもらいたかったです。信長も相当へうげていたじゃないですか!左介とのやりとりがとってもたのしかったです!
光秀様はいい描かれ方してますよね、本当。光秀って描かれ方でいろいろ解釈が変わるので、本当に興味深いです。
光秀様がいい感じで描かれている分、秀吉が…怖すぎます(>_はじめまして!てらぽん様。
へうげもの、本当に興味深いですよね!あの信長様好きだったんだけどなぁ…。個人的には本能寺までもう少し引き伸ばしてもらいたかったです。信長も相当へうげていたじゃないですか!左介とのやりとりがとってもたのしかったです!
光秀様はいい描かれ方してますよね、本当。光秀って描かれ方でいろいろ解釈が変わるので、本当に興味深いです。
光秀様がいい感じで描かれている分、秀吉が…怖すぎます(>_ きっとこの後、利休とかともいろいろあるんでしょうけど…どうなるんでしょうかね?

いやぁ、本当、天海になってくれないかと密かに期待してるんですが!あの、光秀と家康との関係がなんかいい感じじゃないですか。その流れのまま天海僧正出てこないかな、なんて。ちょっと期待…。夢は持ち続けるぞ!(笑)

どうぞまたコメントしてくださいませ!(^o^)丿

レスいただき感謝です^^

「へうげ」の主人公・古田左介(のちの織部)は大変ユニークですが(いくらなんでも本当にあんな人だったとは思いにくい^^;)、「物欲」で戦国時代を切り取ろうとする面白い作品だと思ってます。
戦が強いわけでも、知略があるわけでも、人格が優れているわけでもない、ただの茶器オタクがどうやって後世に残る人物になるのか?がとても興味深いです。(彼が唯一凡人と違うのは、あまり金銭欲がないことですね。権力欲もほとんどないみたい。欲のほとんどは「名物」に向いてる。そのへんがオタク的だと思います)

光秀、実年齢(55歳)通りに描かれてあれだけ魅力的というのは他にないのではないでしょうか。山崎で死ぬのはもったいないですが、どうも性格的に他人に変身して生き延びるタイプとも思えないし…(家臣も家族も捨てた荒木村重がそういう形で再登場したからよけいに)
家康が光秀の遺志を継ぐという形になるかもしれませんね。(あのぶっとい眉毛はなかなかですw)

本能寺で最期に「愛」を語って死んでいく信長も、他にはない魅力だったと思います。あの上様はほんとうに惜しかった…(秀吉も野心の塊でほとんど鬼みたいになってますが、信長の心はわかったわけで、今後が非常に楽しみです)
「へうげ」では、利休は本能寺の真の黒幕になってますし、今後もかなり怖いことが期待できそうです。
天下をとった秀吉vs利休という図式で、それを傍らで見ながら左介が成長していくという感じになるのでしょうか?(現在の姿を見ると成長しそうにないけどw)最後はたぶん史実通りになるとは思いますが…

ところで、左介が「ゲヒヒヒ」と笑いながらすり替え、光秀に贈られた茶杓。秀吉に知れたらえらいことになると思うのですが、山崎の合戦後にバレるのかバレないのかが個人的に気になっていますw

私のお気に入りは、キリシタン大名の高山右近です^^経歴は知っていたのでちょっと興味はあったのですが、実際に絵にされると大変イメージしやすくて嬉しいですね。

長々と失礼しました^^;それでは〜

てらぽん様、こんばんは。

“へうげ”の秀吉vs利休、どうなるのか興味深いです。どっちが先に『裏切る』形になるのか…。どんな風に仲たがいするのか、そして、それに左介がどんな風にへうげて割ってはいるのか(^_^;)楽しみです!
古田織部って名前だけは知ってましたが、へうげものを読むまで興味を持ったことがなかったので(織田家の家臣だったことすら知らなかったわけで…(^_^;))この漫画はすごく好きです。
利休がもう少し光秀様と仲が良かったら…ってムリか(笑)でもあの利休と気が合う(?)人というか、対峙して負けない人なんて左介ぐらいかと。(笑)
そして今後のあのぶっとい眉毛の人(笑)の動向も気になります。
光秀でないにしても、天海和尚には出演していただきたいなぁ、と密かに思ってますが…。

茶杓のシーン、私も笑いました!光秀様のところに行くとわかってたら左介もさすがに躊躇したでしょうに(笑)

高山右近はなんともカワユイ見た目で描かれていて、ほほえましい!確かに、絵になってるとイメージしやすいっすね!左介なんかもあの顔でへうげられると、楽しくなっちゃう!

ではまた!

Re
[url=][/url]

Hi Folks!
[url=][/url]

Good day
[url=][/url]

Good day
[url=][/url]

Hi people!
[url=][/url]

HI
[url=][/url]

Hi Folks!
[url=][/url]

RE
[url=][/url]

{smack! ?30 - - - dreamgirls! http://www.geocities.com/leonardobrazzia/fist.html >fist in ass } {smack.

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun