明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年4月29日

激闘「戦国武将」大人買い

明智光秀グッズ?!

| コメント (3)

以前の投稿で刀剣フィギア武(もののふ)シリーズ外伝「激闘戦国武将」で、明智光秀様バージョンが当たらなくて嘆いておりましたが、今、まさにリベンジの時!「時は今!敵(?)はヨドバ●カメラにあり!」ということで行って参りましたよ!
売り場で立ち尽くしながら、16個入りのボックスを買うべきか、真剣に思考をめぐらせて考えていたわけですが、私は『賭け』に出ることにしました。
いくら16個のボックスを買ったとしても「明智光秀」がない可能性だってあるわけだし、私の光秀様に対する思いが通じれば、16個も買わずに手に入るに決まっているさ。きっと神はいる!(なんの神様なんだか…笑)




神はいた!

やはり神はいた!(笑)
明智光秀バージョン引き当てましたよ!



きゃー。水色桔梗の旗印♪これがほしかったのだよ、私は!
美しい水色桔梗うれしいです、やりました。私の明智光秀に対する思いは通じたよ!

ところで、5個買ってきて、
『豊臣秀吉』
 ↓
『柴田勝家(おぉ、織田家臣団そろった!と喜ぶ)』
 ↓
『上杉謙信(Gacktだ!と喜ぶ(笑)※来年の大河)』
 ↓
『明智光秀(ここで狂喜乱舞した)』
 ↓
『豊臣秀吉(ここでなんともいえない気分になった(笑))』


「神様!光秀様をプリーズ!」という気持ちが強すぎて『上様(織田信長)』をお願いするの忘れてましたよ…。心残り。太閤殿下が2個になってしまったので、記念に飾っておきます。
派手好き、太閤殿下
うわっ!派手だ。さすが太閤殿下。

 
 

コメントする(3)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

こんばんは。
大人買い♪(・∀・)
どんどんはまっていらっしゃいますね。
賛成です。^^

はじめまして黒犬と申します。
らいとさんにお勧めのページとして紹介していただき拝見させて頂きました。
明智好きがいたとはうれしい限りです。これからも拝見させていただきます。よろしくお願いいたします。

こんばんわ!らいと様
そうなんです。買っちゃいました♪
水色の軍旗が出たときは本当に嬉しかったです。
この刀は『明智近景』って言うんですって。(入っていたカードに書いてありました)
嬉しいです。

はじめまして黒犬様(^o^)丿
私も明智好きさんが思っていたよりたくさんいてくれてすごく嬉しいです♪先日のNHKの『本能寺』で明智ファンが増えてくれることを祈っています♪以前の私がそうでしたが、信長ファンってどうしても光秀様を恨んでしまっているので、あれを見て光秀様を見直してくれるといいなぁ、と思いました!
コメントありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月27日

みなさま!NHKBSで新橋演舞場『信長』やりますわよ!

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (2)

家の母が、NHKのテレビ情報雑誌「ステラ」愛読者です。
で、リビングにあった「ステラ」を何気なくペラペラめくっていたら、この前(正月)に新橋演舞場まで観にいった“信長”の舞台をNHK-BSで放送するって書いてあるじゃあーりませんか!
やったーーーーーーーーー












・・・・我が家は、
BS受信できるようになっておりませんよ?(>_<)
せっかくDVDレコーダーがあるのに!
BS放送なんて酷すぎるよ!地上波でやってくれよ!うわぁぁぁぁぁん(T_T)


BS放送ご覧になれる方、楽しんでくださいませ。


****************************************************************
土曜シアター 山川静夫の新・華麗なる招待席 信長 (2006年1月26日 新橋演舞場)
4月29日(土) 後1:30〜4:25
BS2
****************************************************************



田辺誠一さんの光秀はちょっとくどい気もしたけど、個人的にすごく好きでした。
でも光秀より何より、秀吉役の甲本雅裕さんがはまり役で素敵♪

あぁ、ビデオに撮りたかった・・・(T_T)

 
 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

つみれ様
私のような、新参者にも、暖かなお声を掛けてくださり、恐悦至極でございました。
また、HN読みを(これとうちく、まえがみ)との新解釈をされ、やはり強烈な光秀ファンは目の付け所が違うなぁ・・・と感心したしだいです。HNの由来としては、一応、筑前の国に居を構えていることと、髪は長い友達(金柑頭??)を実感する年頃(笑)なので付けさせていただいたものです。
で、「新橋演舞場『信長』、見ましたぁ〜ところどころ、寝こいていたので、気づいたら、本能寺が燃えていました・・・(笑)流石、劇場、演じ方が濃い濃いい・・・でも、楽しく見させていただきました。
つみれ様、次は地デジ付きの大画面テレビですねぇ〜

惟任筑前髪様、こんにちは!

新橋演舞場『信長』ご覧になったのですね〜。
舞台演劇って私もあまり見たこと無かったんですが、面白いですね〜。みんなが濃い演技(笑)をする中、市川海老蔵さんが一番抑えた演技をしているように感じました。
地デジ付きの大画面テレビ欲しいです〜。でも部屋が狭いので、あんまり大画面だと大変かも(笑)この日ほど『BS受信環境を整えておくべきだった』と後悔したことはありませんでしたよ…。

P.S
やはり光秀ファンは(?)髪には敏感です(!?)(*^_^*)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月27日

光秀の矛盾“その時歴史は動いた「本能寺の変」”考察

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (6)

一個前の投稿で“速報”をお伝えしましたが、その時歴史は動いた『本能寺の変 織田信長 VS 明智光秀』なかなか面白かったです。

制作サイドの誘導(?)が見事だったかな〜、とやや“デキレース”っぽさも否めませんが(笑)


これで光秀様ファンがまた増えたに違いない!


冒頭、上田アナウンサーが新入社員の時期にあわせて「上司だったらどちらがいいか、想像しながら〜云々」とおっしゃっておりましたが、私は正直、『上司なら信長さまの方がイイ!』
多分きっと面白い。
この人ならなんかすごいことをしてくれそうな気がする!
ただ、自分が上司の立場だったらどんな上司でありたいか、と問われたら光秀さまみたいになりたい。部下は大事にしてあげたいし、恨まれたくないし(^_^;)、とりあえず何事も穏便にすむならそれの方がいいに決まっている。だから、私は光秀ファンだ!
ただ、信長にも憧れる。多分明智光秀もそんな気分だったんじゃないのかなぁ、と自分に都合のいいように考えてみたり。



そして、光秀様の魅力のひとつに“矛盾”というものがあると思う。

とにかく、この明智光秀という人は矛盾が多いと思う。
 叡山焼き討ち反対!と叫んで見たものの、
  ↓
 率先して武功を上げたり。
今回の番組中にも中盤で『光秀の家族主義』vs『信長の実力主義』の話があった。
光秀の守ろうとしたものが“家族主義”であったなら、信長討伐(=主殺し)をした後の信長家臣団から受けるであろう怨嗟が想像できなかったわけがない。それでもあえて謀反しなければならなかったのはなぜなのか?

この辺の矛盾した謎が光秀様の魅力だろうな〜♪

 
 

コメントする(6)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

光秀にはどうしても譲れないものがあったのだと思います。
例え自らを犠牲にしようと時代の流れ、元凶を取り去りたかったのではないでしょうか。
善政を施し今も慕われる明智光秀。
徳川家康が光秀を見習えというくだりには少し驚きました。

大河ドラマも楽しみにしています。

「どうしても譲れないもの」
信念を貫いたんですね〜…。カッコいいです〜♪


徳川家康のエピソードは、何かの小説で読みました(すみません、なにぶんミーハーなもので書籍名とかわからないです(T_T))
確か、徳川家で「日向守」を拝命した人(水野勝成?だったかと)に「日向守つながり」ということで、家康が光秀が使っていた朱槍を下賜したとかなんとかいうエピソードがあったようです。
だから私は戦国無双で明智光秀がゲームのキャラクターになったとき本当は“朱槍使い”にして欲しかったと密かに願っていた経験があります(^_^;)
大河ドラマ、『本能寺』楽しみです!
でも・・・・・光秀様の出番終わってしまう(T_T)

武田騎馬隊を応援し、明智光秀が好きで、次は石田光成と大谷吉継です。
史実で負けた方の武将の生き方が好きなんです。
変人かもしれない。(>_武田騎馬隊を応援し、明智光秀が好きで、次は石田光成と大谷吉継です。
史実で負けた方の武将の生き方が好きなんです。
変人かもしれない。(>_武田騎馬隊を応援し、明智光秀が好きで、次は石田光成と大谷吉継です。
史実で負けた方の武将の生き方が好きなんです。
変人かもしれない。(>_武田騎馬隊を応援し、明智光秀が好きで、次は石田光成と大谷吉継です。
史実で負けた方の武将の生き方が好きなんです。
変人かもしれない。(>_

石田三成です。m(__)m

らいと様は石田三成&大谷吉継コンビ(コンビ?)がお好きなんですね!
私は実は“明智光秀”しか目に入っていなかったので(その前は織田信長しか目に入っていなかった)信長の死後の歴史って全然「興味なーい!」っていうのが今までの正直なところだったのですが(^_^;)このところ、テレビで『戦国自衛隊』を見たり、ゲームの『戦国無双2』をやったりして、石田三成もなんだか好きになりました!(やっぱり興味を持つ動機がミーハーなんですが…すみません(>_らいと様は石田三成&大谷吉継コンビ(コンビ?)がお好きなんですね!
私は実は“明智光秀”しか目に入っていなかったので(その前は織田信長しか目に入っていなかった)信長の死後の歴史って全然「興味なーい!」っていうのが今までの正直なところだったのですが(^_^;)このところ、テレビで『戦国自衛隊』を見たり、ゲームの『戦国無双2』をやったりして、石田三成もなんだか好きになりました!(やっぱり興味を持つ動機がミーハーなんですが…すみません(>_らいと様は石田三成&大谷吉継コンビ(コンビ?)がお好きなんですね!
私は実は“明智光秀”しか目に入っていなかったので(その前は織田信長しか目に入っていなかった)信長の死後の歴史って全然「興味なーい!」っていうのが今までの正直なところだったのですが(^_^;)このところ、テレビで『戦国自衛隊』を見たり、ゲームの『戦国無双2』をやったりして、石田三成もなんだか好きになりました!(やっぱり興味を持つ動機がミーハーなんですが…すみません(>_らいと様は石田三成&大谷吉継コンビ(コンビ?)がお好きなんですね!
私は実は“明智光秀”しか目に入っていなかったので(その前は織田信長しか目に入っていなかった)信長の死後の歴史って全然「興味なーい!」っていうのが今までの正直なところだったのですが(^_^;)このところ、テレビで『戦国自衛隊』を見たり、ゲームの『戦国無双2』をやったりして、石田三成もなんだか好きになりました!(やっぱり興味を持つ動機がミーハーなんですが…すみません(>_ それまでは石田三成って切腹の時の“柿”のエピソードしか知らなかったし、大谷吉継にいたっては名前しか知らなかったので、これから勉強します。(笑)
とりあえず司馬遼太郎の「関が原」読んだほうがいいんでしょうか?
おすすめ書があったら教えてください。

只今、NHK『その時歴史が動いた 双方向企画 歴史の選択 本能寺の変 織田信長VS明智光秀 〜激突!改革か安定か〜』を再放送で鑑ました。
 僕自身の考える明智光秀像とは違いましたが、視聴者の投票で最終的に光秀が勝ったのは感極まりました。
 戦後以降、急速に戦国武将の中で圧倒的に信長人気が高まって、今もなお揺るがないものとなっています。
 番組のスタートは、圧倒的に光秀に不利な状況。しかし、まるで野球の逆転サヨナラ・ゲームのような・・・。
 ただ、光秀に関する史料の選択は適切なものであったと思いますが、 その足跡に関するVTRは完全に小和田哲男静岡大学教授の説に拠りどころになっていましたネ。
 『秀吉』、『巧妙が辻』等の時代考証されていたからでしょうかしらん?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月26日

速報!その時歴史は動いた“本能寺の変”

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (9)

その時歴史は動いた『本能寺の変 織田信長 VS 明智光秀』


電話・地デジ投票で信長に共感するか、光秀に共感するか、の投票があったわけですが、

光秀様、最終結果で勝っちゃったよ!(^o^)丿

【第1回投票】信長;12,824 vs 光秀;7,387
【第2回投票】信長;10,582 vs 光秀;7,559
【第3回投票】信長;12,327 vs 光秀;22,288
【合計】信長;35,733 vs 光秀;37,234
(いそいでメモったので間違えてたらすみません(^_^;))



上田アナウンサーの力説が素晴らしかった♪
でも、第三回投票光秀増えすぎじゃない?
制作サイドの思惑通りだと思われる展開がほほえましかったです!

 
 

コメントする(9)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

テレビなのにはらはらむかむかしながら見ておりました。
領地没収、切り取りせよとの言葉なし。
でも、明智光秀ファンが少なからずいることがわかって嬉しかったです。

嬉しいですねぇ〜〜
世の中、潮目が織田信長から明智光秀に替わりつつありますねぇ〜
現代の政治にも相通じるところが、あるのでしょうか・・・
光秀ファン暦30年の私としては、3回目の集計結果で逆転したときは、
WBCで3回目で韓国を破ったとき以来の感激でしたよ・・・
これで、光秀ファンも増えてくれるといいどなぁ〜
でも、NHKて結構、光秀びいきと思いませんかぁ?

いや〜♪本当に嬉しいですね!

>らいと 様
ホントに緊迫感のある番組でした!アナウンサーお二人の熱弁ぶりがなかなか良かったです。
明智光秀ファンってホントに意外と多いのですね。もっと信長ファンに恨まれたりしてるのかと思ってました。(^_^;)

>惟任筑前髪 様
こんにちわ!
いやー、昨日の放送で光秀ファン倍増ですよ!(大げさ(笑))
3回目で大逆転、総合でも僅差ながら逆転というハラハラドキドキの展開!確かにWBCさながらです!感動しました!
NHKは光秀びいき、ってそうかも知れないですね。なんとなくそんな気がします。嬉しいです!
余談ですが惟任筑前髪を「これとうちく“まえがみ”」って読んでしまいまして、「ちがうやろ」と一人突っ込みをしてしまいました(笑)

お二人ともコメントありがとうございました!

 只今、NHK『その時歴史が動いた 双方向企画 歴史の選択 本能寺の変 織田信長VS明智光秀 〜激突!改革か安定か〜』を再放送で鑑ました。
 僕自身の考える明智光秀像とは違いましたが、視聴者の投票で最終的に光秀が勝ったのは感極まりました。
 戦後以降、急速に戦国武将の中で圧倒的に信長人気が高まって、今もなお揺るがないものとなっています。
 番組のスタートは、圧倒的に光秀に不利な状況。しかし、まるで野球の逆転サヨナラ・ゲームのような・・・。
 ただ、光秀に関する史料の選択は適切なものであったと思いますが、 その足跡に関するVTRは完全に小和田哲男静岡大学教授の説に拠りどころになっていましたネ。
 『秀吉』、『巧妙が辻』等の時代考証されていたからでしょうかしらん?

 つみれさん、嬉しさの余り書き込む場所を間違えていました。ご迷惑をおかけしました。

まったけ 様、こんにちは!

『歴史の選択・本能寺の変』再放送ご覧になったのですね!
私はリアルタイムに電話を片手に拝見しました(笑)
第一回目の投票では思わず昔の信長ファン時代を思い出し、うっかり信長様に投票するところでしたが、一応光秀様番号にTEL。第二回投票以降は心から光秀様に投票しましたよ!
(第三回投票のタイミングがよくわからず、二回投票してしまった気がすることは内緒です(^_^;))
『巧妙が辻』の光秀様のクライマックス(注意;あくまで明智光秀ファンとしてのクライマックスであって、本来の『巧妙が辻』のクライマックスではない)本能寺も近くなってきましたからね!きっと本能寺盛り上げ企画だったんだと思います。
あ、ぜんぜん迷惑とかでないですよ!
どんどん書き込んでくださいませ(^o^)丿

なぜ光秀は信長を殺したの教えてください

健志郎様こんにちわ。

>なぜ光秀は信長を殺したの教えてください

わたしもそれを知りたいです。
私の希望というか、想像では『天下への野望説』で、「今信長を殺せば晴れて天下人になれるんだ」とか思っちゃったんじゃないか、と思うのです。その割には事後対応が悪かったりして手際の悪さが目立つので、衝動的な『怨恨説』や他に黒幕がいる『朝廷犯人説』とか『秀吉犯人説』とかあったりするのですが、どんな理由があったにしても「織田信長」を裏切ったことには変わりないわけで、(主犯が他にいたとしても、信長の後に天下人を名乗ったことは裏切りといっても過言ではないかな?とか思うので)正義の味方ではなかったり、本能寺の理由が不明だったりする謎めいたところが明智光秀の魅力だと思います。
将来信頼できる歴史資料とかが出てきて謎が解明されるといいですね!

初めまして。今日再放送で見ました。
野心が例え無くても、自分の出身地も戦乱に巻き込まれていたら、光秀のように能力や教養がある人間は、
世を平定する行動に出るのはむしろ義務だと思います。ただその方向が信長とずれていて、むしろ自分の望む世の中と違う世を信長が作ろうとしてると判断した場合、例え自分が冷遇されたとかであろうと、いずれ自分の最も倒さなければ行けない敵になりますよね。故に本能寺で殺害したのは必然だと思います。

ちなみに僕は今の世で生きる社会人として光秀派です。特に上京してからはその気持ちは確固たる物になりました。

大和様はじめまして!

再放送やっていたんですね。知らなかったです。
これはなんか、アナウンサーの微妙な駆け引きとか結構好きでした。

急ぎすぎている信長をとめる役目として光秀はやっぱり必要だったんだと私も思います。
本能寺の事後処理がグダグダだったのが本当に惜しまれますね〜…。“大役”を果たして気が抜けちゃったんでしょうか?とか思うと、そんな人間くさいところも光秀様の魅力かな〜って感じたりして。
よく信長は戦国時代としては革新的すぎたとか言われることがありますが、光秀様のタイプはどの時代でも通用しそうな気がします。もちろん現代でも!
やっぱり上司だったら信長様より光秀様の方が働きやすいですよね!(笑)

コメントありがとうございました!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月25日

日本の100人“明智光秀”本日発売

明智光秀関連「書籍」

| コメント (4)

日本の100人No.14『明智光秀』買ってきました!

裏表紙に『青銅経筒と供養米寄進状』の写真がのってました。供養米寄進状は見たことありましたが、青銅経筒は初めて見た。ウム、すごいな。こうゆうの明智光秀関連のものって現存しているのすくないから、感動ですね!
供養米寄進状については、光秀様の花押を練習しようとして(笑)穴が開くほど見つめた経験がありますから、よく分かってますよ♪
ちなみに、花押は結構上手いよ!
すっごい練習したし(笑)
写真の載ってた本からコピーして、一生懸命なぞったもん(←バカ)

ちなみに、同時に『徳川家康』と『織田信長』も買ったんですが、お気づきでしょうか?『秀吉』がいません。
別に、『アンチ秀吉』だから買わねーぜ!とか思ってるわけでなくて、たまたま近所の本屋で売り切れていただけです。(T_T)
光秀ファン=アンチ秀吉と思われるときがあるんですが、私は秀吉も好き♪
もちろん信長も好き♪家康も好き♪
あえて、戦国武将で嫌いなのを上げるとすれば、筒井順慶か?(笑)あと細川幽斉?(笑)「お前らが帰順してくれりゃー三日天下が一週間天下(※)ぐらいになったかも知れないのにー!!(笑)」


※くどいよいですが、“三日”はたとえであって、決してほんとに三日だったわけじゃないんですよ!


そして明日はNHKですよ!皆さん!!

 
 

コメントする(4)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

ブログランキングより訪れました。
明智光秀大好きです。^^
今夜のTVが楽しみですよ。
また訪れますね。m(__)m

らいと様

コメントありがとうございます!つみれです。
過疎っております当ブログ、コメントいただけるとすごく嬉しいです!
ブログをやり始めて、最近『明智光秀ファン』が意外と多いってことがわかってすごく嬉しいです。
らいと様も光秀ファン仲間と呼ばせていただきます♪
私も今夜のNHK、すごく楽しみです!

ぜひまたご訪問くださいませ!
ありがとうございました♪

 いや〜、大変でした。『日本の100人14号 明智光秀』・・・。やはり、地元だからか亀岡の書店では全て売り切れでした。よって、職場の近くの京都駅ビルの書店で購入しました。
 例年ですと、5月3日の『亀岡光秀まつり』が近づくと亀岡駅のホームに、騎乗の明智光秀公の人形が飾ってあるのですが、今年は駅を改装しているのでどこにあるやら・・・。時間がとれれば、亀岡駅まで出向きつみれさんに写真を送ります。

まったけ様!こんにちは!!
やはり、“お膝元”の皆様の明智光秀公人気はすごいのですね!売り切れとは!なんだか嬉しいです。

>騎乗の明智光秀公の人形?!
そ、それは、ぜひ見たいです!やはり地元の方はいいなぁ(*^_^*)うらやましい限りです。
ゴールデンウィークが近くなると毎年『今年こそ亀山に行くべきか?』の検討が行われるんですが、いまだ実現できず。観光行事だから仕方ないとはいえ、ゴールデンウィーク中に催されると、電車や宿代も割引が適用されなかったりと、光秀様との距離的な隔たりを痛感しています(>_の検討が行われるんですが、いまだ実現できず。観光行事だから仕方ないとはいえ、ゴールデンウィーク中に催されると、電車や宿代も割引が適用されなかったりと、光秀様との距離的な隔たりを痛感しています(>_の検討が行われるんですが、いまだ実現できず。観光行事だから仕方ないとはいえ、ゴールデンウィーク中に催されると、電車や宿代も割引が適用されなかったりと、光秀様との距離的な隔たりを痛感しています(>_の検討が行われるんですが、いまだ実現できず。観光行事だから仕方ないとはいえ、ゴールデンウィーク中に催されると、電車や宿代も割引が適用されなかったりと、光秀様との距離的な隔たりを痛感しています(>_ いつか絶対に『亀岡光秀まつり』に行かねば!
もしもお時間があったら、ぜひ写真を…!お願いいたしますm(__)m

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月21日

「へうげもの」の明智光秀は寡黙なおっさん。

漫画の中の明智光秀

| コメント (0) | トラックバック (1)|


本屋さんをのぞいたら、『へうげもの』の2巻が発売されていた!

「へうげもの」は何が面白いのか説明しがたい漫画ですが、なんとなく面白いです(笑)

うん、一番面白いのは、やっぱりあれかな、あの驚いたときの顔(とくに目)かな?

(↓つみれ画へうげもの風驚く顔)
コレを描いている間中、私の顔はコレとおんなじ表情になっていたと思われる(笑)

「へうげもの」は織田家の使い番、茶器オタクの数寄者“古田左介”のお話です。
2巻は誰も彼もが“本能寺”に向かって動き出します。大変なことになってます。
秀吉が暗躍しすぎです。

光秀のキャラクターは“寡黙なおっさん”です。寡黙で、耐え忍んでいるおっさんです。
よく“家康”がこのタイプで描かれてる感じの人物といえばわかりやすいかもしれない。

さぁ、本能寺後どうなるのか。3巻まで期待してます。
(光秀様の出番はさらっと終了しそうだな(^_^;))

「へうげもの」の「うひゃひゃひゃひゃっ」って笑う信長様が好きだ♪

ところで、へうげもの1巻の巻末にキャラクター紹介が載っていて、それぞれのキャラクターの“好きな色”が書いてあるんですが、その光秀様の好きな色が“パープル”になってます。私も確かに「紫」って光秀様のイメージなんですが、何で?!何かの文献であったかしら???

“水色”っていうならわかるんですが、なんで“紫”でしっくりくるんだろう?
“紫”って確か聖徳太子の冠位十二階で一番偉い色じゃなかったでしたっけ?
まぁ、なんでもいいんですが、なんか、“紫”って光秀様って色ですよね?(そう?)

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「へうげもの」の明智光秀は寡黙なおっさん。:

» 古田左介 was born in 岐阜県本巣市。 from へうげもの official blog
 去年の3月、岐阜県本巣市山口を訪ねました。  その時の写真をご紹介します。  海抜2百数十メートルの山頂にある山口城址が、  ... [詳しくはこちら]


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月10日

武外伝「激闘戦国武将」

明智光秀グッズ?!

| コメント (0) | トラックバック (1)|

DVD&HDDレコーダーを本気で購入に行ったのです。
仕事のついでに行ったとある場所のヨドバシカメラ。
で、無事DVDレコーダー購入!明日家に届くのです。
これでいつ“明智光秀特番”が組まれてもOK!ドンと来い!
(そんな日がくるのを待ってるよ。世界ふしぎ発見でまたやってくれないかな〜。ヒトシ君人形欲しい(笑))

ついでにおもちゃコーナーに立ち寄りました。私、ゲームは好きなのにアニメは好きじゃないので、フィギアなんぞに興味はないのですが、食玩コーナーには必ず立ち寄ります。なぜって、「武シリーズ」があるじゃないですか!そして時には横山三国志フィギアとか。人形劇三国志フィギアとか(←フィギアに興味ないとか言っておいて時代劇&三国志は別だったりするのです)

「武シリーズ」も3を越えたあたりからもうどうでも良くなってきて購入は控えていたのです。とりあえず見るだけサー。だってさー、明智光秀ないんだもん〜。以前「戦国大名」ってのあったけど、「大名」じゃ明智光秀出てこないですから〜(T_T)

「ん?戦国武将?!」
戦国武将?!戦国武将!


「ん?!何?!」

そこには「明智光秀」という文字が!

「うわーい!明智光秀の名前があるー!」

光秀様だよ〜!!
しかもDVDレコーダー買った分のポイントで買えちゃうよ〜!
どうか、どうか明智光秀を引き当てますように…どきどき。
大人買いするのはちょっと恥ずかしかったので、とりあえず3個購入。(充分大人だよ)ドキドキしながら開封。

前田利家
 ↓
毛利元就
 ↓
加藤清正

えぇぇぇっ外れた〜(私的に。)でもかっちょいいから許す〜。
とりあえず、犬千代様(前田利家)バージョンの様子です。↓
光秀様じゃなくて残念無念

うぇぇぇんカッコいいよ!水色桔梗の軍旗欲しいよ!
おいそれと買いに行ける町ではなかっただけに、どうして恥ずかしがらずに大人買いしてこなかったのか、と大後悔。残念無念。

そうだよ、今更恥ずかしがってどうするんだ!
私はこんなもの↓を買う程の明智バカだったじゃないか!
コレを買ってしまうとはまさに「明智バカ」
↑まぁ、これについては後日語りますよ。
だって、箱から出して写真撮るの面倒だったんですもの。


武外伝「激闘戦国武将」。ちょっと今、真剣に通販で買うかどうか考えてます。
あ…隣町のフィギアショップにもしかして売ってないかな…休みの日に観にいってくるか。

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング

◆◇◆◇◆ トラックバック ◆◇◆◇◆

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 武外伝「激闘戦国武将」:

» blog TRACKBACK! Vol.1 〜歴史ブログは王道なり〜 from The History Entertainment & blog Network
THEbN-ITV、こちらはThe History Entertainment & blog Networkです。 TH... [詳しくはこちら]


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月 3日

ついに!日本の100人に明智光秀がエントリー♪

明智光秀関連「書籍」

| コメント (0)

ディアゴスティーニの日本の100人に明智光秀様登場ですよ!



ありがとう!ディアゴスティーニ!
大好きだ!
以前から「明智光秀」で検索するとオーバーチェア広告をだしていたので、いずれくるんだろうと思ってましたが!
思ったより早かった!



第14号 【2006年4月25日】ですよ!
ウキウキ♪



こうなると、第一号織田信長も第五号豊臣秀吉も第三号徳川家康も買わなきゃいけないじゃないか…。(いや別に買わなくてもいいんだけど(笑))



楽しみがふえました♪
最近光秀様話題が多い気がするのは…気のせいですね、はい、すみません。

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年4月 3日

八切止夫ワールドにはまってしまいました。

明智光秀関連「書籍」

| コメント (0)


読了!

これは、まぁ、春日局をうたってますので、厳密には、光秀本ではないです。
読んだ感じ春日局本でもないな…。一応徳川家光のお話です。
前作信長殺し、光秀ではないよりはちゃんと小説らしい小説です。でも前半やっぱり『シェークスピア』だの『ハムレット』だのほざいてますが(笑)

で、要するに、家光のお母さんは「春日局」なんじゃない?って本です。
どうしてそうなるに至ったかについては、徳川家康の秘密が明かされていくところで説明があります。この人の八切意外史に徳川家康は二人だったってのがあって、これ、影武者の話かと思ったらもしかして違うのね?
八切ワールドでは家康は、「もともと」入れ替わっていたんだ、という設定(?!)らしいです。あの、桶狭間の混乱の合間に入れ替わっていたらしいっす。

で、まぁその後、本能寺とかで、いろいろあって、徳川家康は春日局の父“斉藤利三”に恩義があるので、春日局に頭が上がらないって事らしい。

まぁ、三代将軍“家光”のお母さんが春日局って説はいくつか聞いたことがあるけど、じゃぁ父親は?ってのが問題。私が今まで知ってたのは【母;春日局、父;徳川家康】って説なんだけど、コレじゃなかった。

・・・ってか、最後まで引っ張るのよ、誰かって事を…。

で、まぁ、定石どおり(?)天海僧正が出てくるんですがね。これがまた、最後まで引っ張るのよ、天海僧正の正体は誰かって事を…。
この辺のひっぱり方が実に巧みだった〜!!


で、結局わからずじまいなの。(T_T)えぇぇぇぇぇぇぇぇっ?!

読み手に判断任せちゃって終わりなんですよ〜!
まぁ、言ってるも同然なんですが、「そんなこと一言も書いてないよ」って言われたら反論できない書きかたしてるんですよ。

要するに…

家光の父親=天海僧正=明智光秀
かもしれないし、
家光の父親=天海僧正=斉藤利三
かもしれない


って書きかたをしてるんですが、後者じゃ春日局と利三は親子だよ?!
えぇ!?
って事は、前者じゃないの?

それってあり?

この辺は“家光の思考”で描かれているので、家光が「かも知れないし、違うかもしれないな」と考えをめぐらせている感じで書いてあって結論を出してないのですよ。
うぅ。


結局どっちなのよ?!



それにしてもこの八切止夫氏の説を読んでると、私たちが『歴史』を知るために大きな障害となる【江戸時代フィルター】【戦中フィルター】がえらい邪魔くさいなぁ、としみじみ感じます。
情報操作で話を作られちゃってる分部が本当に多い。(たぶん。私は研究者じゃないので本当の所はわからないですが。特に戦中フィルターはどうにかしてほしい。)
本当に、女性の扱い(名前が全然残っていないところとか)は酷いんじゃないですかね?

だからといって、むやみやたらにジェンダーフリーもどうかと思うんですがね>現代教育

八切説丸鵜呑みするほど素直でもない私ですが、これはこれで非常に面白い。八切ワールドにすっかりハマってしまったので、ついこれも↓注文してしまいました。





・・・ってか、本当に上杉謙信って女だったのかな?



来年のNHK大河ドラマの上杉謙信…Gackt…だし。

なんか、ちょっと、期待♪

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun