明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
光秀くんブログ
本能寺の変へ続く光秀くんの回想録です(笑)
 

2006年3月25日

明智光秀は無実だ!という熱い思い(笑)

明智光秀関連「書籍」

| コメント (6)


八切止夫氏の「信長殺し、光秀ではない」読了!
感想;熱すぎる!(笑)

いや、私は好きだよ!光秀様に寄せる私の“想い”のレベルと八切氏の“光秀は冤罪だ”という思い込み(?)の深さのレベルが程よくマッチしてて、なんか好きだった。
冒頭に『「信長殺しは光秀ではないという想念に憑かれてしまって、世俗的には一生を台無しにしてしまった愚直な男の物語」』とありますが、本当にそのとおりです(笑)

ただ、普通に考えたらちょっと読みにくいかな、この本。
一昔前の文体。語り手の体験の織り交ぜ方。いきなりマカオに飛んじゃうし!(笑)なんだか煙に巻かれたようなこの感覚ははじめて京極夏彦氏の「京極堂シリーズ」を読んだ時の違和感に似ている。

通説としてあげられる『明智光秀犯人説』の矛盾点を解き、次から次へと否定し、論破していきます。熱いです(笑)
でも、氏のおっしゃるとおりなら、当日の『本能寺の変』という“戦”として伝えられる情景の違和感がとても納得できます。
どうして信長の首級が上げられなかったのか、とか。なんでかただか『寺』を襲撃するのに何時間もかかったのか、とか。
だけど、それら「光秀を犯人と裏付ける証拠エピソード」を全部否定されたら、光秀様の出番なくなっちゃうよ?!ファンとして、それは悲しすぎる。そんなのイヤだ(笑)光秀様の出番を!もっと!!

あと、すごく納得いったのは、明智光秀が織田信長に仕えるより前からかなりの身分と金を所有していた、という認識。
要は光秀様を“悪い奴”に仕立て上げるために『低い身分から取り立ててもらったのに、裏切った』を印象つけるための情報操作裏工作であって、もともと家臣をそれなりに抱えるそれなりの身分と金と屋敷を持っていた人であった、ということ。
それってすごく納得いった!
それなら将軍義昭ちゃん(好きなので、ちゃん呼ばわりw)との関係とか、細川家との関係とか、すんなり行くだろうな、と思った。

それから面白かったのは『斉藤利三おじさま』(なぜか私の中では「斉藤利三は“おじさま”」という認識が成り立っている)の取り扱い。
ただ、この『斉藤利三』の取り扱いにも関係するんですが、“徳川家康”については氏の主張を聞いてもなんとなく違和感を感じます。(このアタリはもしや続編で何か解決策が出ているのかも)

私は別に「光秀が冤罪だ」とはこれっぽっちも思ってなかったのですが、この本を読んで「それもありかもしれない」と思ってしまった。

そして、この八切止夫氏、何者だろう?と思ったら『上杉謙信が女だった』って本を書いた人か!この人、面白すぎだ!
続けて「続・信長殺し〜」を読みます!


この感想文はなるべくネタばれしないように書きました。
これらの内容を合わせてそのうち自説の「本能寺の変」を書き上げたいと思います!

 
 

コメントする(6)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

はじめまして。ほどほどに楽しく拝見してます。こんなの見つけたので報告致します。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se198118.html

はじめまして、ponさま。
コメントありがとうございます〜。過疎っているので(笑)コメントいただけるとすごく嬉しいです〜。

ponさまのコメント内のリンク先にあった『信長の怒号』〜のぶのぶはご機嫌ななめ〜(笑)さっそくダウンロードして遊んで見ました。
こんなことになりました(笑)↓
http://ten.matrix.jp/nobu.gif
他にやったとき『近頃、光秀の様子がおかしいのじゃ』とも言われました。

結構楽しいです(笑)

コメントありがとうございました。また何ぞ見つけたらぜひ教えてください!

質問面白すぎます!

こんにちは、ponさま!
面白いものを教えてくれてありがとうございました!
私はまだ信長様とあんまりうまくコミュニケーションがとれていないようです(笑)
これから徐々に親密になっていこうと思います(笑)

これを知って何が一番嬉しいって、私以外にも織田信長を「のぶのぶ」と呼んでいる人が結構いるんだなぁ、とわかったこと(笑)
やっぱり信長様は「のぶのぶ」だよね〜(!?)

 はじめまして。
 私も、八切氏のこの本は好きです。
 事実の経過を追いながら、疑問点を拾っていくという方法も共感できます(濃姫犯人説等、かなりの飛躍もありますが・・・)。
 もっとも、私は、光秀が朝廷を守るために謀反したと思っています。
 なお、信長爆殺関係では、津本陽氏の「本能寺」が、本能寺火薬庫説で書かれています。

S/S様!はじめまして。

この本、ホントに面白かったです!
最後の最後に“濃姫”が出てきたときは私もびっくりしました(笑)
そう来たか!と。
私は“野心説”であって欲しいと願っていますが(その方がなんとなくカッコいいから!(笑))、やぱっり単独ではなく“後ろ盾”ぐらいあって、ある程度の勝算があっての行動じゃないかと思うので、そうなると朝廷かなぁ、って思います。
本能寺で信長の首級があげられなかったのはやはり爆殺のせいなんですかね。“本能寺火薬庫説”ってすごいですよね。でもやっぱりただの寺だったとは思えませんですからね。
S/S様、コメントありがとうございました!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun