明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年3月31日

ついでに秀吉と家康もイラスト化

ネットで明智光秀

| コメント (2)

日向守(明智光秀〔享禄元年(1528年)? - 天正10年6月13日(1582年7月2日)〕)
右府様(織田信長〔天文3年5月12日(1534年6月23日) - 天正10年6月2日(1582年6月21日)〕)
に引き続きまして、
太閤殿下(豊臣秀吉[天文5年1月1日(1536年2月2日) - 慶長3年8月18日(1598年9月18日)])
東照大権現(徳川家康[天文11年12月26日(1543年1月31日) - 元和2年4月17日(1616年6月1日)])
もイラスト化
豊臣秀吉 徳川家康
えぇぇぇ?!(笑)慣れてきてキャラつけすぎたか。

一応ね、見て書いたんですよ↓



私の画力っていったい…。

 
 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

I have heard that this website is wonderful, but after visiting it I窶冤l disagree with most of the people, who think so. Yes, there is some fresh and interesting information but most of it looks unprsentable. There are so many ways to check information, haven窶冲 you heard of it? After trying it several times I realized, that it窶冱 not unique.

I窶冦 glad that most of the people here are really clever, and are fun to talk, because we have a lot in common. Here I can express myself, share different information, have gun, enjoy communication. Some people here are angry, but why, guys? Make friends, be nice, share what you think, and you won窶冲 feel lonely anymore!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年3月29日

明智光秀&織田信長イラストにしてみた。

ネットで明智光秀

| コメント (0)

実は今、「明智光秀はお嫌いですか?」モバイル版(笑)を作成中です。
別にケータイサイトでやるようなコンテンツは何にももってないんですが、そろそろ私もケータイサイトくらい持っていないと、時代に乗り遅れちゃうぞ♪(?)とか思ってみたりする今日この頃。

特にコンテンツも思いつかないので、イラストでも書いてみた。


明智光秀イラスト  織田信長イラスト

とりあえず、明智光秀と織田信長。

うひゃーなんかすげーびみょー(^_^;)ですぅ。


「明智光秀はお嫌いですか?」モバイル版そのうち完成すると思うので、乞う後期待?!

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年3月29日

光秀様のためにHDDレコーダー買ってくる!(^o^)丿

光秀様「劇・映画・テレビ」

| コメント (0)

人様から見たら、

「はぁ?何言ってんの?!」

…って感じでしょうが、

我が家は去年ビデオデッキが壊れてそのまんまです。
悲しい限りです。
買わなきゃ買わなきゃと常々思っていたのですが、きっかけが無くて。
ここで、きっかけが出来たぞ!

http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_yotei.html

歴史の選択
本能寺の変
〜織田信長VS明智光秀〜
平成18年4月26日(水)22:00〜22:43 総合

きゃぁぁぁぁ!やった!
楽しみ〜!!!
これはぜひ、録画しなくちゃ!


ずいぶん前の『天下分け目の天王山』とか見るの忘れて悔しい思いをした記憶が。
『敵は本能寺にあり』と、あと確か他にも『本能寺』をやったような気が。なんか何度か見てるなぁ。
やはり本能寺は永遠の謎ですな。


そういえば、もっと昔、堂々日本史の『シリーズ本能寺の変』はすごく面白かった。そのときのゲストは鬼と人と―信長と光秀巻の堺屋太一さんだったんですよね。すごい面白かったのを覚えていますよ。特にシリーズ第二回のなぜ三日天下で終わったのかが面白かった。
コレをみて、初めて三日天下(実際には12日間(数え方によって11日とも13日とも言うが)の間に明智光秀がいったい何をしていたのか良く理解できたんですよね。それまで『小説』の中でしか知らなかったので(^_^;)
→これこれ堂々日本史第19巻


このときは、「明智光秀・朝廷共謀説」をメインにした話で、勧修寺晴豊(かじゅうじはれとよ)というお公家さまの書いた『天正十年夏記』を元に話を進めています。

今度はどんな内容なんでしょうか。今から期待しちゃいますよ。

HDDレコーダーだかDVDレコーダーだかよくわかりませんが、買いに行きますよ!光秀様のためなら金銭的負担もなんのその、です。

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年3月25日

明智光秀は無実だ!という熱い思い(笑)

明智光秀関連「書籍」

| コメント (6)


八切止夫氏の「信長殺し、光秀ではない」読了!
感想;熱すぎる!(笑)

いや、私は好きだよ!光秀様に寄せる私の“想い”のレベルと八切氏の“光秀は冤罪だ”という思い込み(?)の深さのレベルが程よくマッチしてて、なんか好きだった。
冒頭に『「信長殺しは光秀ではないという想念に憑かれてしまって、世俗的には一生を台無しにしてしまった愚直な男の物語」』とありますが、本当にそのとおりです(笑)

ただ、普通に考えたらちょっと読みにくいかな、この本。
一昔前の文体。語り手の体験の織り交ぜ方。いきなりマカオに飛んじゃうし!(笑)なんだか煙に巻かれたようなこの感覚ははじめて京極夏彦氏の「京極堂シリーズ」を読んだ時の違和感に似ている。

通説としてあげられる『明智光秀犯人説』の矛盾点を解き、次から次へと否定し、論破していきます。熱いです(笑)
でも、氏のおっしゃるとおりなら、当日の『本能寺の変』という“戦”として伝えられる情景の違和感がとても納得できます。
どうして信長の首級が上げられなかったのか、とか。なんでかただか『寺』を襲撃するのに何時間もかかったのか、とか。
だけど、それら「光秀を犯人と裏付ける証拠エピソード」を全部否定されたら、光秀様の出番なくなっちゃうよ?!ファンとして、それは悲しすぎる。そんなのイヤだ(笑)光秀様の出番を!もっと!!

あと、すごく納得いったのは、明智光秀が織田信長に仕えるより前からかなりの身分と金を所有していた、という認識。
要は光秀様を“悪い奴”に仕立て上げるために『低い身分から取り立ててもらったのに、裏切った』を印象つけるための情報操作裏工作であって、もともと家臣をそれなりに抱えるそれなりの身分と金と屋敷を持っていた人であった、ということ。
それってすごく納得いった!
それなら将軍義昭ちゃん(好きなので、ちゃん呼ばわりw)との関係とか、細川家との関係とか、すんなり行くだろうな、と思った。

それから面白かったのは『斉藤利三おじさま』(なぜか私の中では「斉藤利三は“おじさま”」という認識が成り立っている)の取り扱い。
ただ、この『斉藤利三』の取り扱いにも関係するんですが、“徳川家康”については氏の主張を聞いてもなんとなく違和感を感じます。(このアタリはもしや続編で何か解決策が出ているのかも)

私は別に「光秀が冤罪だ」とはこれっぽっちも思ってなかったのですが、この本を読んで「それもありかもしれない」と思ってしまった。

そして、この八切止夫氏、何者だろう?と思ったら『上杉謙信が女だった』って本を書いた人か!この人、面白すぎだ!
続けて「続・信長殺し〜」を読みます!


この感想文はなるべくネタばれしないように書きました。
これらの内容を合わせてそのうち自説の「本能寺の変」を書き上げたいと思います!

 
 

コメントする(6)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

はじめまして。ほどほどに楽しく拝見してます。こんなの見つけたので報告致します。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se198118.html

はじめまして、ponさま。
コメントありがとうございます〜。過疎っているので(笑)コメントいただけるとすごく嬉しいです〜。

ponさまのコメント内のリンク先にあった『信長の怒号』〜のぶのぶはご機嫌ななめ〜(笑)さっそくダウンロードして遊んで見ました。
こんなことになりました(笑)↓
http://ten.matrix.jp/nobu.gif
他にやったとき『近頃、光秀の様子がおかしいのじゃ』とも言われました。

結構楽しいです(笑)

コメントありがとうございました。また何ぞ見つけたらぜひ教えてください!

質問面白すぎます!

こんにちは、ponさま!
面白いものを教えてくれてありがとうございました!
私はまだ信長様とあんまりうまくコミュニケーションがとれていないようです(笑)
これから徐々に親密になっていこうと思います(笑)

これを知って何が一番嬉しいって、私以外にも織田信長を「のぶのぶ」と呼んでいる人が結構いるんだなぁ、とわかったこと(笑)
やっぱり信長様は「のぶのぶ」だよね〜(!?)

 はじめまして。
 私も、八切氏のこの本は好きです。
 事実の経過を追いながら、疑問点を拾っていくという方法も共感できます(濃姫犯人説等、かなりの飛躍もありますが・・・)。
 もっとも、私は、光秀が朝廷を守るために謀反したと思っています。
 なお、信長爆殺関係では、津本陽氏の「本能寺」が、本能寺火薬庫説で書かれています。

S/S様!はじめまして。

この本、ホントに面白かったです!
最後の最後に“濃姫”が出てきたときは私もびっくりしました(笑)
そう来たか!と。
私は“野心説”であって欲しいと願っていますが(その方がなんとなくカッコいいから!(笑))、やぱっり単独ではなく“後ろ盾”ぐらいあって、ある程度の勝算があっての行動じゃないかと思うので、そうなると朝廷かなぁ、って思います。
本能寺で信長の首級があげられなかったのはやはり爆殺のせいなんですかね。“本能寺火薬庫説”ってすごいですよね。でもやっぱりただの寺だったとは思えませんですからね。
S/S様、コメントありがとうございました!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年3月 9日

善人明智光秀に飽きてきたら

明智光秀関連「書籍」

| コメント (4)

明智光秀が善人すぎて飽きてきたりしませんか?(笑)
あるいは、
明智光秀が小悪人すぎて飽きてきたりしませんか?(笑)

「明智光秀」の小説を読むと、いわゆる『半官贔屓』的な光秀善人説の小説ばかりになって飽きてきたりしません?いや、実際、善人で教養人だった証拠が数多く残されているんで、それで正しいのだとは思うのですが、実はそれって、「織田信長」に比べれば…ってことじゃないのかな?と勘ぐってみたりする今日この頃。戦国の武将ですから、そうそう善人でいられるわけがないと思うのですが。
それよりなにより、主人公はやっぱり善人に描かれちゃいますからね、必然的に。


そして、信長本や秀吉本や家康本を読むと、あまりに「小悪人」すぎたり「小心者」だったりして飽きてきたりしませんか?
「本能寺の変」怨恨説にしても信長様に「ちょっと怒られた」ぐらい(?)で逆ギレするのはいかにも小心者のやること。影の主犯が家康だの秀吉だの朝廷だのって話もあるけど、結局実行犯として処断されちゃうんじゃ所詮「小物」。野心説にしたって結果として机上の空論で空回りした無鉄砲振りがどうにも「小悪人」。


そんな『飽きてきちゃった』あなたに贈る(?!)最高の光秀像(笑)




センゴク 第8巻宮下 英樹 (著)ヤングマガジンコミックス


好き好き。チョー悪人面の光秀様。このくらい悪人面しててくれるとこれはこれで好き♪
アマゾンのレビューにもかいてありますが、8巻はちょうど叡山焼き討ちのシーン。光秀様の悪人っぷりを堪能できます。こういう流れだと、信長様の裁可(その後坂本を光秀様にまかせてくれるあたりの)が納得できる。


注)別にこの漫画光秀様が主人公ではありませんので、あしからず。
『センゴク』は三国志でいうところの『蒼天候路』のような本。歴史の新解釈とか面白い!



そして、ゲームだったら、これ!

 


戦国BASARAカプコン

わはははははここまでくるとイロモノ過ぎて笑います。
このゲーム自体が相当イロモノなんですが、中でも明智光秀のキャラクターがイロモノでステキです。
殺戮大好きな光秀様を操作できます。ゲーム中に味方キャラから声をかけられるのですが、それが「光秀様〜斬るのは敵だけにしてくだされ〜」とか「光秀様に殺されるくらいならここで死んだ方がマシだ〜」とか。(笑)面白すぎます。
このゲームもシリーズ化されて続編が出るらしいです。より一層殺戮大好きな光秀様になってたら…(笑)

 

コメントする(4)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

>教養人だった証拠が数多く残されて
>いるんで、それで正しいのだとは
>思うのですが、実はそれって

 御意にございまする。残されている歌等は勇ましいものが多いようです。

拙サイト『亀岡国際秘宝館』のコンテンツ「明智光秀公の館」都隣問答で、無茶苦茶、悪人の明智光秀公を書いてしまいました。

>拙サイト『亀岡国際秘宝館』のコンテンツ「明智光秀公の館」都隣問答で、無茶苦茶、悪人の明智光秀公を書いてしまいました。

見ました!
悪人の明智光秀もいい!!
実は光秀様って情報イメージ戦略の上手い芸能プロモーターみたいに情報操作していたのか?!(笑)
それもいい!!

Your blog is very informative, I have learned so much from it. It is like daily newspaper :). Added to fav窶冱.

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年3月 9日

読み始めました!明智光秀本

明智光秀関連「書籍」

| コメント (2)

明智光秀―本能寺の変講談社 火の鳥伝記文庫 読了!

やっぱり面白かった!

ストーリー展開としてはよくある美濃の明智城落城して浪人するあたりから小栗栖まで。エピソード的にも押さえるべきところはだいたい押さえていた感じがします。

でも「山中鹿之介」をいれるくらいなら「斉藤利三」の取り合いエピソードを入れて欲しいと思うのは光秀信者過ぎるかしら…。利三さんの出番を…もっと下さい。


私が明智光秀本でチェックする項目のひとつに『秀満』の取り扱いがあります。
まず、名前が『弥平次秀満』か、『左馬之助光春』か、はたまた『左馬之助秀満』か。
この本では『弥平次秀満』でした。

『秀満』については私の読んだ本の中ではどうやら『左馬之助光春』改め『秀満』が多いように感じるんですが、どうでしょう?(明智光秀本では『弥平次秀満』が多いですが、信長本とか秀吉本だと『左馬之助光春』が多いように感じます。)
個人的には『光春』と『秀満』って別人じゃないかと思ってたりしますが。

かのカプコンの名作(?!)アクションゲーム鬼武者及び鬼武者3では『左馬之助秀満』になっててちょっと悲しかった。発売当時「弥平次なのに!左馬之助なら光春なのに!」と叫んで友達を困らせていました。

 
 

コメントする(2)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

 またまたお邪魔します。小説では、書かれた時代が古い程、『左馬之助(介)光春』が多いですね。研究が進んで、良質の史料では『弥平次秀満』と学説が定着して、今では『秀満』が優勢ですね。途中で『光春』から『秀満』に変更すると言う小説もあります。

 参考までに亀岡明智光秀公武者行列では、『明智光秀』、『明智光春』、『明智次右衛門(光忠)』、『斎藤利三』・・・。の名称だったと思います。
 それと、正室は『煕子』ではなく『照子』でした。

こんにちわ、まったけさん。
レス遅れてすみません。
秀満って良い名前ですよね。
一説では「みつ←→ひで」と下らしいですけど。光秀さまの信頼の度合いってものがひしひし伝わってきます。
ちなみに、後述する「センゴク」の漫画では「左馬之助光春」でした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年3月 4日

Amazonに「明智光秀」注文しまくり

明智光秀関連「書籍」

| コメント (3)

実は、1年ほど前に引越しをいたしまして、その時段ボールに詰めたままの状態だった明智光秀関連本の蔵書をやっと引っ張り出してきて整理しました。
主に好きな本とかは元から出してあったのですが、「本能寺の変仮説本」あたりは一度読むとあんまり読み返したりしないのでそのままになっていたり。虫食っちゃったりしてないか心配でしたが、なんとか大丈夫だった様子。
コレを期にまた「明智光秀コレクション」を増やそうと思いまして、Amazonに大量注文入れました(^o^)丿


真説 本能寺学研M文庫桐野 作人 (著)

私の好きなIF小説「反・太閤記<光秀覇王伝>」の作者『桐野作人』さんの本能寺本。どんな解釈しているのか楽しみです。


明智光秀―本能寺の変講談社 火の鳥伝記文庫

児童向け伝記本。本能寺メインに描かれて絵いる様子。


明智光秀 なぜ「本能寺」に向かったかPHP文庫 嶋津 義忠 (著)

本能寺仮説本は少々過食症気味ではありますが、久しぶりに読んでみようかと…。


信長殺し、光秀ではない八切意外史

上記にも記しましたが本能寺仮説本は少々過食症気味。ただ「アリバイがある」という切り口興味を引きます。


謀殺―続・信長殺し、光秀ではない八切意外史

上記「信長殺し、光秀ではない」の続編。明智光秀家臣の斉藤利三の娘である、春日局関連(らしい←読んでないからわからない)。天海ドリーム信者(?)にとって春日局は切り札ですよ!(笑)


この中で、一番楽しみにしているのは、実は講談社の児童向け『明智光秀―本能寺の変』だったりします。
子供向けようにどんな「明智光秀像」が描かれているのか興味深々です。しかも、児童向け書籍のやさしい文体が結構好きだったりするんですよね。
以前ポプラポケット文庫の児童向け『三国志』を読んで爆笑しました。優しい文体であの長い三国志物語を重要エピソードを極力外さず、なかなか深いところまで描いてあるいい本ですが、曹操のセリフでこらえきれずに爆笑しましたよ。『やあ、あなたが徐庶のお母さんですか?』って…曹丞相、キャラ変わってしまってますが…(笑)
…というような展開を期待していたりします。

感想は、読後後日!

そしてもともとの蔵書もあわせて明智光秀本リスト作るぞー!

はっ!今更だがデアゴスティーニ社の日本の100人「信長」を注文するべきだったのか?!しまった…。

 
 

コメントする(3)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

 講談社・火の鳥伝記文庫の『明智光秀』は、意外にもお薦めの書籍です。

 「天海ドリーム」の学術書ならば、埼玉大学教授・岩辺晃三『天海・光秀の謎ー会計と文化』税務経理研究会という奇書があります。実は、光秀サイトの大御所「明智家記」の丹波惟任さんも評価に困っていらっしゃいます。

>講談社・火の鳥伝記文庫の『明智光秀』

すごいおもしろかったです!
かなりの読み応えですね。子供むけにしては難しいんじゃないかと思ったりもします〜。子供でも歴史大好きな子なら大丈夫だと思いますけど…。いきなり「茶せん髷」とか言われてわかるのか、とか(笑)

>「天海ドリーム」の学術書

まったけさん情報ありがとうございます。それ今回の一連の本読み終わったら読んでみようと思います!

many things to discuss窶ヲ But anyway I窶冦 not going to discuss such a personal topic. Reading it is ok, but discussing it makes you look like a chatter 窶澱ox and a rumor-spreader.

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun