明智光秀ファンが今まさに三日天下を狙わんとするブログ

まずは明智光秀ファンからひとつだけ主張させてくれ!

「三日天下は正確には11日天下ですよ!」(だからなんだといわれても困るけど)

イラスト

あなたは三日天下を本気で三日間だったと思っていたりしませんか?
ちなみに、私は思ってました!(恥っ
その程度の明智光秀ファンが運営しております。いや、本当に申し訳ないm(__)m

サイトマップ
サイトマップと管理人の光秀ファン歴紹介
明智光秀な旅
【NEW!】ついに行きました、明智光秀な旅
光秀様研究中
明智光秀公についてそれなりに研究中
日々のたわごと
このブログで日々光秀様への愛を叫びますw
書籍紹介
読んだ関連書籍について
ゲーム紹介
これであなたも明智光秀気分!レッツ謀叛!
戦国ファン連鎖
戦国ファンのツナガリ。リンク集です
 

2006年1月 1日

要注意!八切止夫ワールドに惑わされてはいけません!(笑)

【書籍】

| コメント (4)

感想;熱すぎる!(笑)

一昔前の文体。語り手の体験の織り交ぜ方、「読みずらい」といっても過言ではない本ですが、なんだか読むのをやめられない本。小説というには、ちょっと…な感じ。

とにかくもう『明智光秀は信長を殺してない!』と謳いたいために、『光秀の犯行』の証拠となる文献に記された内容を次から次へと否定し、論破していきます。熱いです!
もし本当に、八切止夫氏の言うとおりなら…。

光秀様、かわいそう過ぎる(^_^;)

 
 

コメントする(4)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

Me!--call your delightful society anything but favourable to the bottom.

明智ファンなら「戦国BASARA」というゲームをやってみては?
ちなみに私はかなりハマリましたぁ///

光秀様大っっっ好きです!!
私も、いろんな文献とかあさるの好きですョ☆

つみれのファン歴10年って長っっ!
俺なんてまだ3ヶ月やのに、この差はなんやー!!
でも、それだけハマっとるってすごいやん、驚いたわ〜。
っつーか、俺、男やのにな・・・(汗

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

光秀ドリーム全開!"天海僧正説"の名作

【書籍】

| コメント (0)

三日天下後の明智光秀が実は生き残っている。という『光秀ドリーム』の代表格“天海僧正説”をもとにした早乙女貢氏の名作究極のIF小説(?)です。

美濃のマムシ斉藤道三に仕える若き日の明智光秀がどのように美濃を出て、将軍足利義昭に会って、さらに織田家に仕えて出世していったか。また、山崎の合戦後、どのように再び天下に関わっていくのかがとってもかっこよく描かれています。

前半の本能寺の変あたりの、盛り上がりシーンにある『戦国の将たるもの主あるを知って主に主あるを知らず』ってフレーズは大好きです。

光秀ドリームも全開ですが、私としては『弥平次秀満ドリーム』も全開です。

 

「明智光秀」成美文庫―物語と史蹟をたずねて 早乙女貢(著)
半分は上記の小説の前半部(若き日の明智光秀から本能寺の変まで)と、その時々の史跡や場所を取材内容から紹介している本です。
小説の後半“いよいよ盛り上がってまいりましたよ〜”ってところから読めなくなってしまうのが寂しすぎです。
だって、小栗栖で終わっちゃうんだもん!
天海は〜?!

 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

私の思う『本能寺』の原因・光秀謀反の理由にぴったりくる感じ。

【書籍】

| コメント (0)

本当は、こう、ファンとしては、もっと、カッコいい理由がほしいわけですが…。
でもきっと、これが真相だろうと思う。

信長の独白と光秀の独白が交互に繰り返されていて二人がすれ違っていく様子はまるで倦怠期の恋人同士
多くを語らぬ男(信長)に翻弄されて静かに逆ギレする女(光秀)みたいな(^_^;)

「鬼と人と」というよりは、「天才と凡人」とかいうイメージ。
タイトルのかもし出す雰囲気のように信長をただの暴虐武人な鬼に描いていたらきっと、「美しくまとまっている」感50%ダウンしてただろうと思われます。
個人的には、「きっと、たぶん、実際こんな信長と光秀だったんだろうなぁ」と、そこはかとなく納得。理想の光秀像とはちょっとずれてますが、たぶん事実はこれだ、という妙な「安定感」「安心感」を持って読める一冊。

信長と光秀がもう少しきちんと腹を割って話し合う機会があったなら、こんなことにはならなかっただろうに…。そんなことを考えさせられたっす。
光秀も、信長も、互いに相手に期待しすぎていたんだな、たぶん。

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

“秀吉中国大返し失敗!”明智光秀公の天下取り

【書籍】

| コメント (0)

歴史IF小説の題材としては『本能寺の変失敗』や『信長天下取り』的内容が好まれます。もちろん、私も好きです。でも基本的に、光秀は本能寺後衰退するのが宿命…。(いや、史実そうなんだからしかたあるまい)そんな中にあって、『光秀が天下を取る』IFストーリーを作ってくれたのがこの方、桐野作人氏。

この方の書くIF小説、とっても素晴らしいのです。三国志のIF小説(破・三国志)も読んだことがあるのですが、どちらも素晴らしい。何が素晴らしいって、つじつまがキッチリあっていることと、『数値』が細かいこと。例えば明智遊軍6000、秀満につける副将が誰と誰とか、とにかくことこまかく設定してあるのです。合戦のシーンなんか本当にこうゆう合戦があっても不思議じゃないな、とか思います。

ストーリーは本能寺の変から始まって、基本は秀吉の中国大返しが失敗するところが歴史のIF分岐点。あとは全国の諸将を巻き込んで天下統一までの合戦を繰り返していくのみ!
明智光秀のみならず、さまざまな武将たちが『光秀の天下』でどのように振舞うかかなり興味深く、また魅力的です。

学研M文庫の方が安い!(笑)
でも私は『歴史群像新書』版のイラストが好きだった。学研版のイラストレーターさんも同じ人かしら?
挿絵(イラスト)のためにもう一回買えと?(←誰もそんなこと言ってない!)

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

正しいと"思われる"明智光秀像はこの本で知ってください。

【書籍】

| コメント (0)

この本を読めば、明智光秀の出自について、いかによく分かっていないのかが、よく分かります。
憶測や通説をあまり使わずに現存する史書・歴史書の類から明智光秀がどんな人物で、どんな人生を歩んだかとても詳しいです。

この本では『明智軍記』を“誤謬(ごびゅう)充満の悪書である”と、称しております。確かにね、『明智軍記』は歴史の時間軸が思い切り合わなかったりしておりますので、後世(江戸時代)の私のようにミーハーな明智光秀ファンが書いた夢物語かもしれません。でもまぁ、ファンとしては少しくらいの誇大広告や夢があってもいいんじゃないか、とも思うのです。

ちなみに、本能寺の変の『理由』に関しては“天下取りへの野望説”寄りの解釈のご様子です。

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

明智光秀 ザ・コンプリート?

【書籍】

| コメント (0)

歴史モノのファンは、正しいものを見極める力を持っていなければいけません。
ただ、「事実として正しい」だけが大事とは限らない、とわたしは思います。
よーするに、自分好みの解釈をしてOK!かといって、それ以外を全否定するのだけはやめましょう、程度でしょうか?

お勧めの一冊!
人物叢書「明智光秀」高柳 光寿
吉川弘文館
1986-01Amazonで詳しく見る
by G-Tools
■お勧め度;5(5段階) ■光秀ミーハー度;3(5段階)
難しい本ではありますが、とりあえず、全網羅できます。
できれば、あまり先入観を持つ前に読んでいただけると、そうなのか?そうなのかも。と納得していただけるかと。
でも結局は、明智光秀の半生のうちの大半が「よく分かっていない(文献が残っていない)」ということがよく理解できる、というだけの本です。
個人的に気になるのは、明智光秀に関する文献が残っていない理由について。歴史上の敗者(裏切り者)であるゆえに痕跡を残さないような力が働いたせいなのか、単に若いときの光秀様はまったく使えない奴で、活躍してなかったからなのか。とりあえず、ファンとしては前者であることを望みますが、それはそれ、大器晩成な大人物っていうのもありかなぁ、とも思うわけですよ。
 

あんまりひとつの本の内容で凝り固まってしまうのはちょっと危険なのですが、一応、わたしの光秀論はこの本を基準としています。
光秀の出自がよくわからないんだよ、ということがよくわかるように書いてあります。
この本を読む直前に「明智軍記」という明智光秀唯一の軍記ものを読もうと思っていたのですが、この本に「明智軍記は史書としてかなりあやしい」(年代が微妙にずれていたりするので)とい風に書いてあったので、そのまま読み控えています。
とにかく、光秀について「今のところ、多少なりとも根拠・証拠が残っている事実のみ」を知りたいなら、この本を読むべし!

 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

光秀コンテンツのあるページ・ファンサイト

【光秀リンク】

| コメント (0)


光秀と信長 管理人;ももまる様
とってもためになる光秀様関連の歴史について詳しく書かれたブログです。すばらしい!
管理人;まったけ様
このサイトの管理人様は、『明智光秀公武者行列』に参加した経歴の持ち主…うらやましすぎます。
 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

サイトマップ

【サイトマップ】

| コメント (0)

作成中!

 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

歴史ゲームもの公式サイトリンク

【光秀リンク】

| コメント (0)

なぜに、ゲームにデザインされる光秀様は『ロンゲ』が主流なのか、ひじょうに気になる。
司馬遼太郎のおかげで“ハゲ”が定番化されたイメージを逆転の発想で覆そうとするあまり極端にロンゲになってしまうのだろうか…。ま、美形ならとりあえずファンとして喜んでおきますが…。


コーエー『GAMECITY』

ご存知コーエー

戦国無双2

戦国無双猛将伝

戦国無双

決戦3

信長の野望とか、太閤立志伝とかはシリーズ種類が多すぎで…(^_^;)
ただ、太閤立志伝2(古っ!)だけはおすすめしたい!


カプコン

戦国BASARA2

戦国BASARA

鬼武者3

一瞬光秀様が出るよ冒頭の「敵は本能寺にアリ!」だけ(笑)主人公は明智左馬之助光春(金城武)です。


SEGA

天下人


Genki

戦神
エネミー(敵)が虫なので気持ち悪そうで手を出していないです。でも漫画家の高橋ツトムさん(スカイハイの作者)デザインの光秀様が見たいので、そのうち買ってしまうかも知れません。画集が出たら絶対買います(笑)この光秀様もロンゲ系なんですよね…。


 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

戦国ファンアートサイト

【戦国リンク】

| コメント (0)

★長髪美男のお部屋★管理人;michan 様
戦国無双や戦国BASRAのキュートなファンアートがチョーステキです!
光秀様をプッシュしてくださいっ!!(笑)

戦国時代関連のファンアート(ゲーム・漫画他)サイト様、リンクさせてください。
 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

光秀様についてのいろいろリンク

【光秀リンク】

| コメント (0)


明智光秀 - Wikipedia ウィキペディアの明智光秀解説ページ
亀岡市観光協会 「明智光秀公武者行列」が行われる亀岡市の観光協会のページ
 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

変り種リンク

【光秀リンク】

| コメント (7)

光秀様の末裔であらせられる明智ハナエリカさんのCDです。2004年にアイフルのくぅちゃんがスノボーをやっているCMのバックグラウンドミュージックでした。
『明智光秀の末裔』だ、という理由だけでCDを購入しましたが、結構いい曲でした♪好きなタイプの音楽です。カップリング曲の方が好きだったかも。…でも、今何なさってるんでしょうね、ハナエリカさん。もう歌手活動しないんでしょうか?
さすが、光秀様の末裔、オリエンタルな美人さんですが、美人さんなのはハーフなせいかもしれない。(というかそもそも血を引いている直系なのかどうかを私は知りませんが)

ハナエリカ(ユニバーサルミュージック)

 
 

コメントする(7)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


◆◇◆◇◆ コメント ◆◇◆◇◆

はじめまして。わたしも光秀の生涯に興味を持っています。出自不詳というのはふしぎですよね。無事に天下を取っていたら光秀は輝かしい名門の出身、ということになっていたのでしょうけど。

安部様

はじめまして、つみれです。
「出自不詳」は本当に不思議です。
憶測を話すしかないのですが、出自を明らかにしない意図的な感じがしてなりません。

>無事に天下を取っていたら光秀は輝かしい名門の出身、ということになっていたのでしょうけど。

私もそう思います!!
きっとめちゃくちゃ高貴な出だった事になっていたりして(笑)

コメントありがとうございました。
レス遅れてすみませんでした。

お返事ありがとう。なるほど、意図的に出自を隠した可能性もありますよね。隠さなければならない事情があったのでしょうか。

東郷隆の「弥助」という短編にも光秀さんが出演していましたよ。情け深い名君として好意的に描かれていました。

「無双オロチ」買いました?
はっきりいっておもしろくないけど、光秀はやっぱカッコいいです。

どーも、鳴海で〜す。
と、ここからはマジメモード。
光秀の出生についてなんですが、おもしろいことが書いてある本を読んだことがあります。
歴史書なんですけど、名前は忘れちゃいました。
その本には、光秀は実は下級武士の子で、戦で父が死に、面倒を見ていた母も病で亡くなり、その後養子として引き取られたって書いてありました。
みなさんはどう思われますか〜。

どーも、鳴海で〜す。
と、ここからはマジメモード。
光秀の出生についてなんですが、おもしろいことが書いてある本を読んだことがあります。
歴史書なんですけど、名前は忘れちゃいました。
その本には、光秀は実は下級武士の子で、戦で父が死に、面倒を見ていた母も病で亡くなり、その後養子として引き取られたって書いてありました。
みなさんはどう思われますか〜。

ゴメンナサイ。
間違えて2回も送っちゃいました。
気にせず投稿してください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

ロングヘアーの明智光秀

【ゲーム】

| コメント (0)

2006年02月24日発売

光栄の無双シリーズ『戦国無双』の第二弾ですね。

光秀様がやたら美形(というよりは耽美(^_^;))過ぎるというなんとも素晴らしいキャラクターデザインです。人物像的にはまぁ、悪くないんじゃないかと思いましたけど。(顔の美形っぷりにあわせて優しい性格過ぎた感はありますが)まぁ、無双シリーズですから、しょうがないっす(笑)

第二弾が発売決定となって、プレイヤーキャラとして少しずつキャラクターが紹介されていくなか、最後まで(隠しキャラ以外で)なかなか発表されなくて、もしかして出ないんじゃないかってすごい不安だったわけですが、いざテレビCMが始まれば、思いっきり出演してました!
関が原が舞台とか聞いていたのに、本能寺の変とかイベントがたくさんあって嬉しかったです。
何しろテレビCMが光秀様の「敵は本能寺にあり!」のセリフから始まりますからね。

 

戦国無双2(コーエー)公式サイト
戦国無双(コーエー)公式サイト

 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

セガの歴史シュミレーション『天下人』

【ゲーム】

| コメント (0)

2006年03月02日発売

セガがPS2で出す歴史シュミレーションゲーム。シリーズモノとかではなく新しいゲームなので、どんな感じなのかCMやWEBサイトの情報から想像するしかないのですが、コーエーの決戦3みたいな感じのゲームだと予測されます。

キャラクターデザインを担当なさっている獅子猿さんのイラストがすごくすきなので、とっても期待!画集でないんでしょうか?画集だけ買いそうです。
でも、光秀様の甲冑のデザインはあんまり好きじゃないです。あんな重厚な甲冑じゃなくてもいい気がします…。

光秀様はプレイヤーキャラじゃないようです。織田信長のキャラクターが『いい人っぽい顔つき』しているので、どんな光秀様で、どんな風な確執が生まれるのか、とっても気になります。
ひ…秀吉のキャラが…秀逸かも(笑)

 


セガ『天下人』公式ホームページ
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

コーエーの傑作(?!)結構好きな決戦シリーズその3

【ゲーム】

| コメント (0)

2004年12月22日発売

コーエーの傑作っていうか、冒険作っていうか、ストーリーがぶっ飛びすぎていて逆に好きだったかもしれない三国志のゲーム『決戦2』の次がなんと織田信長さまメインのストーリによる戦国もの!

これは、なかかな良かったですよ!
強いて難点をあげれば、全キャラ『いい人』だったのが気になっちゃったかな。

本能寺の変のシーンのムービーは迫力ありましたが、実際の本能寺はあんな『お城』では無かったろうと思うとどうも違和感が。あれが安土城だ、といわれたら結構納得ものかもしれない。

一度信長でクリアすると、光秀様プレイモードが出来るようになります。帰蝶さんとの切ないラブストーリー(?!←誤解があるかも)がステキです。

 

舞台は三国志、ぶっ飛びすぎの『決戦2』
空飛ぶ妖術使い孔明がステキ。(孔明パンチ(操作できるのです)が好き)
舞台は三国志ですが、三国志とは別世界です(笑)
どちらかといえば水滸伝のような…。

 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


2006年1月 1日

関連リンク

【その他】

| コメント (0)


Upside Down
スタートランスタッフブログ



WEBデザイナーってこんなお仕事
大学の友達のブログです



癒し癒される幸せな日々
まぁきぃとしほの癒し系(?)ブログ


本日のシュレーディンガーの猫
日々のいろいろを携帯写真で紹介


SEO対策フリー風景壁紙「景色屋」


税務調査みさわクリニック


ゲルマニウムローラー 性病検査 腰痛コルセット SEO対策を自分でやってみよう 夢日記頭をよくするブログ 映画が見たい ビジネス図書館

大学生になってみる?


増えすぎたブログ SEO対策プラン 三郷は結構頑張っている 歯の健康問題 プロポリス配合歯磨き ホームページ作ってます! プロ家庭教師ノア 高校受験対策| 中古DVD販売の 最近気になるキーワード 無料占いサイト 無料検索順位チェック ホームページ運用のヒント 通販ドロップ PANTONE テンガエッグ ピンクゴールド時計 ベビードール HIV検査 マッサージチェア 着物買取 ルイヴィトン買取 チャネル買取 ほぐし職人学院 千葉県整体ほぐし職人 中学受験ノア ホームページ制作 恋するドロップシッピング|


 
 

コメントする(0)

にほんブログ村 歴史ブログへ 人気blogランキング


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




明智光秀はお嫌いですか?(ニヤリ)
戦国のダークヒーロー明智光秀、いざ本能寺へ!

本ブログの管理人のプロフィール
【H.N】つみれ
【根城】埼玉県
【趣味】イラストとか,ゲームとか,読書
【マイブーム】三国志/戦国時代/もこみちw
【役職】野武士(WEBデザイナー)
【ファン歴】10年くらい


 
 

StartRun